« 多摩サイ桜めぐり | トップページ | 桜舞う深大寺 »

2007/04/08

ないないづくし

Jリーグ第5節 東京VS新潟は1-3で新潟の勝利。
東京はホームいまだ未勝利の、泥沼の4連敗。

Rimg0013_4
↑サクラチル味スタ


いつものようにキックオフ1時間ほど前にスタジアム内に入ったのだが、コンコースがなんとなくガラ~ンとしている。一瞬、今日はナビスコだったっけ?と思ってしまったくらい。客の出足が鈍いのは、連敗続きだからだろう。

いろいろな営業努力をやっているのはわかるが、これだけ勝てなければ客は来ないよ。雰囲気も悪いし、わざわざ行ってイヤな気分になるのなら行かないほうがマシ。こんな状況になってもスタジアムに来るのは、本当のサポーターか、自虐的なファンか、間違って来てしまった人のどれかだろう(たぶん私は2番目)。

大分戦で勝利することができたので「結果が出たときはいじらないの法則」で、栗澤→福西以外の変更はなし。ただし、中2日というコンディションを考えた場合に、それが良かったのか悪かったのか。疲労のせいか、あまり走れていなかったのは事実(以下、試合経過を途中まで書いたけれど、空しくなったので削除)。

審判にもミスは多かったけれど、東京の出来はあまりにも悪すぎた。梶山は明らかに良くなくて、福西も精彩を欠いていた。良かったのは塩田だけ。3失点だけれど、うち2点は味方のミスだろうし、PKもほとんど止めそうだったし。ワンチョペも良かった。彼が入ってからは、チーム全体に動きが出たから。でもそれだけ。


「また負けた~!もうダメだ~!」と騒いでいたら、サッカーにはあまり興味のない人に「ハルウララのファンのことを思えばどうってことない」と慰められた……。でも、ハルウララの場合、負け続けても一所懸命走り続けるからこそ愛されたと思うんだよね。でも、今の東京の試合からは「頑張る」というものがほとんど見えてこない。それが大きな違い。あと、ハルウララは「負けてあたりまえ」の馬だったけど、今季の東京には「強くなったはず」という先入観があったというところも違う。もっとも、東京は順調に「常敗チーム」になりつつありますけどね(自虐がきわまってますな)。

ともかく「走らない」「気持ちがない」に加えて、選手間の「信頼感がない」(後半の、ワンチョペ&ルーカスを無視した石川のひとりよがりのシュートを見て痛感してしまったよ)。これじゃ勝利どころか、ゴールだって決まるわけがない。東京の1得点だって、新潟のオウンゴールだしね。チームとして機能していないのだから、今の状態では、他のチームにとってカモになるだけだ。年代別代表や元代表がこれだけいながら、どうしてこんなチームにしかならないのか、まったくわからない。

ただ、代表クラスの選手が多いだけ、東京というチームに愛着のある選手も減っているのかな、とは思ってしまう。彼らにとっては、もし東京が降格したとしても、他のJ1の有力クラブや海外への移籍を考えればいいだけの話。東京がJ1でなくなったら、J2以下に行くしかないと腹をくくる選手たちとは、モチベーションが違うだろう。

そういう選手たちをどうコントロールしていくかは、監督の手腕。別のチーム(代表)ではそれなりに活躍できているのに、東京ではまったくダメだとしたら、普通は監督の能力を疑うんじゃないだろうか。少なくとも、今の私には「攻撃、攻撃、ハラトーキョー」とは歌えないな(特に昨年、どんな状況で「ガーロやめろ」コールが起こったかを覚えているとね。今のほうがよほど悪いのに)。ヒロミがいたからこそ、東京を応援するようになった自分がこんなことを言うようになってしまうのは、我ながら悲しいけれど。決断は、早いほうがいいかもね。


見ているのがツラくなったので、後半の「入場者数発表」があったところで席を立ってしまった(新潟サポのおかげでかろうじて2万は越えたけど、観客数も順調に(笑)減ってますね)。撤収して向かった先は、神代植物公園。桜が美しかったですよ。6時近くになってからの帰途では、東京ユニを着た子供たちが道端で遊んでいる姿を何回も見た。彼らをこれ以上失望させてはイカンでしょう。このままいけば、チーム状態も観客数もジリ貧になってしまうと思うよ……。


おことわり:試合当日に書いたため、ものすごくネガティブになっています。もしかしたら書き換えるかもしれません。

|

« 多摩サイ桜めぐり | トップページ | 桜舞う深大寺 »

コメント

どうもお初です。

私もママチャリで味スタに通うチャリンコサポでございます。

まぁすぐにチーム状態が上向くとは思えないのですが、それでも何かのキッカケでうまくいくようにも思えるのです。

ナビスコはどちらかといえば相手がコケてくれて勝っているのかもしれない。
どこもリーグ戦のようにメンバーが組めないわけだから(過密日程のおかげね)
FC東京のように行き当たりばったりで戦うチームは「ひょうたんから駒」でいい状態になる場合もある。

これが長続きしないのは困り者なんだが、それでもまだ試行錯誤が続いているというのはここを乗り越えれば希望がでてくるように思えるんだなぁ・・・。


そうはいっても、またすぐに試合がある。
果たして次の国立はどうするんだろう・・・。

原監督も後がないような状況をわかっているのかもしれない
なんとなく新聞のコメントを読むと原監督責任うんぬんの話をしている
いろいろ迷っているような気がするなぁ・・・・


アントラーズの不甲斐ない戦いぶりでサポーターがバスを止めて怒りを表明した
まぁ他チームのことなのでなんともいえないが、何だかなぁ・・・という気がする

もしね、人生うまくいかないときに温かい言葉をもらったらどうなんだろう
何をやっても空回りしてしまうときに、それでもがんばれよーと声をかけつづけられたらどうなんだろう

投げ出したくなったり逃げ出したくなったりした時に、それでも信じて声をかけてくれる人がいたらどうなんだろう

負けた後の自転車のペダルは重いが、それでもまた次に希望をもってペダルを漕げるのはとても幸せなことだと思うなぁ・・・・

だって応援するのはとてもステキなことでね、それが楽しみでスタジアムにいくんだからね・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/04/08 13:11

東京坊主さん、熱いコメントをありがとうございます。

ここまでの情けない結果に、失望し落ち込み、ちょっと怒っていたりもしますが、たぶん水曜は懲りずに国立競技場へ行くことになるでしょう。まだそういう感情があるだけ、自分もファンの一角ではあるんだなあ、と思ったりします。水曜日は何かしらきっかけがつかめるといいですね。

投稿: つぴぃ | 2007/04/08 18:32

だいじょうぶ・・・・・だいじょうぶ・・・・

どんなに苦しくともね、熱いサポーターがついているかぎりチームは必ずや浮上してくると思うんだなぁ・・・・

つぴぃさんもね、なんのかんのといいながら
「あ・い・し・て・る・・・とぉうきょう・ららーらららららーーーあ・い・し・て・る・・とぉうきょう・・・ららららららーーー」
と元気に歌って応援するのが素晴らしいじゃない。

聖地国立で何かが起こる事を期待しようーーーー

投稿: 東京坊主 | 2007/04/08 19:48

はじめまして。
楽しみに拝見しております。

さて、新潟戦、東京サポーターとしては、くやしい内容でした。失点を恐れて、トライしないプレーが多く、その結果新潟に攻め込まれ、ミスをして失点と、自滅した形でした。

10人になってから、あれだけ出来るのに、ホームゲームなのに試合の頭からなぜやんないのか、不思議です。慎重な立ち上がりが、チームの勢いを消している面もあるのかな、と感じています。

次節ナビスコの磐田戦は、小細工せず、立ち上がりから90分間思いきり行ってもらいたいものです。


ところで、新潟戦後半19分の石川のドリブル独走からのシュートは、シュートが打てるならクロスよりシュート優先なので石川の選択は悪くないと思います。(枠には飛ばして欲しかったが…。)

それより、ボールを持ちすぎてシュート機会を逃す梶山の方が、問題かと…。

投稿: コタツねこ | 2007/04/08 23:36

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

うーむ、確かにネガティブな気持ちで見に行ってしまうファンが、よけいにプレッシャーをかけてしまっているのかもしれませんね。だったら見に行かないほうがいいのか!?などと、思考はループするわけですが……。今までのことをすべて忘れて、国立へ行くのがいいかもしれませんね。

投稿: つぴぃ | 2007/04/08 23:52

コタツねこさん、はじめまして&コメントありがとうございます。

ビハインドな状況にならないと一所懸命やらないというのも、ある意味東京らしいのですが、10人+3失点という状況では、なかなか取り返せないですよね~。

石川のシュート、確かにふだんは「シュート打て!」と言いたくなる場面が多いので、シュートという選択でもいいのでしょうが……。枠にいかないとねえ。……あー、もう全部忘れて、国立へ行こう。それがいちばんいいような気がします。

投稿: つぴぃ | 2007/04/08 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14593254

この記事へのトラックバック一覧です: ないないづくし:

« 多摩サイ桜めぐり | トップページ | 桜舞う深大寺 »