« 穴埋め | トップページ | 関戸橋フリマ'07春 »

2007/04/22

ホーム初勝利

Jリーグ第7節 東京VS横浜FCは1-0で東京の勝利。
ようやく、ホーム味の素スタジアムで今季初勝利をあげることができた。

Rimg0094_1
↑久々に見る「WINNER」の文字


終了後のインタビューでルーカスが言っていたように、決していい内容ではなかったと思う(インタビューは冗長だったし、ファンの神経を逆なでするようなインタビュアーだった。時間が長けりゃいいってもんじゃないのね)。それでも、ホームで1勝をあげたことは、本当に喜ばしい。

ロスタイム終了まぎわに聞こえてきた「眠らない街」を聞いて、不覚にも泣きそうになった。長らく忘れていたこの感覚。味スタでの「勝利」は、昨年11月の天皇杯・対バンディオンセ神戸戦以来とのこと。約半年ぢゃんかよっ! 「そんなに待たせやがって、コンチクショー! ま、今回は勝ったから許してやらぁ」という気分である。

試合は「崖っぷち最下位争奪戦」にふさわしい、ちょっと低調なものだった。正直、横浜FCが相手でなかったら、勝てたかどうかも疑わしいくらい。相変わらず出たとこ勝負で連携(形)がつくれていないし、ディフェンスは危なっかしいし。強風というコンディションを利用して、ミドルシュートも積極的に打ってほしかった。それでも勝ったし、無失点だ。とにかく、よかったよ。

攻撃陣は、ワンチョペ&ルーカスの2トップという感じ。ヒロミはサイドに2人置いた3トップが好きだけど、ワンチョペや平山って2トップのほうが活躍できるんじゃないかなと思ったりもした。この日のワンチョペは、自らシュートを打ちに行くというよりは、パスの供給源としての役割を積極的にこなしていた。彼の意図に周囲も次第に慣れてきているようすで、決定機はハズしまくっていたけれども、惜しい場面も何度かあった。

と、このように楽しいワンチョペが後半途中で下げられてしまったのは残念。本人も不本意らしく、あっという間にピッチを去って、終了後の挨拶にも来なかった。うーん、もっと見たかったなあ。後半は動きが鈍るから、彼を下げて中盤を厚くしようという意図はわからないではないが、馬場が入った上でのワンチョペというのは見てみたかった。

一方の横浜FCのほうは、試合開始直後は積極的でハラハラする場面もあったけれど、その後はたいして脅威は感じなかった。GKは頑張っていたけどね。それにしても、味スタの芝は本当によくすべるらしい。さすがに東京の選手はあまりすべらなくなってきたけれど、横浜FCの選手はコケまくっていた。この「すべる芝」というのは、今季の味スタの仕様なんだろうね。これはこれでホームチームにとっては利点にならないこともない。

そういえば、主審が穴沢氏だったのに、今回は普通だった! やればできるじゃん……。

Rimg0088
↑青赤スタジアム


現実的に考えると、この後尻上がりに良くなるぞ!と能天気に考えることはできない。五輪組が加わってからが本当の勝負だ。開幕から2か月にもなるのだし、そろそろチームとして機能してもらいたいところ。平山なのかワンチョペなのかも気になるし(スタメンで2人同時起用という選択肢は、ヒロミの場合はないだろう)。それでも、ここは希望をもって次節に臨むしかない。GWは連戦になるので、今週1週間でしっかり調整してもらいたい。次週の神戸戦では、祐介の恩返しは阻止したいね。

忘れないうちに「多摩川クラシコ(言うのが恥ずかしくなるような命名だな~)」のチケットを買っておかなくちゃ~。

|

« 穴埋め | トップページ | 関戸橋フリマ'07春 »

コメント

薄氷の上を歩くような勝利だったなぁ。

それにしても何とも「眠らない街」を歌っているときのみなさんの顔が嬉しそうで素晴らしかった。

待ちに待ったホーム味スタでの勝利だ。

実はね、僕もちょっと目頭が熱くなった・・・・。
何だかお恥ずかしいもんだねぇ・・・・。

まぁ最後のヒーローインタビューはご愛嬌だったが、ルーカスが風邪をひかないか心配していた人が大勢いたのは微笑ましい限りです。

確かにまだまだ課題も多いような気もする。
チグハグな采配もどうなんだろうという気もする。

でも山あり谷ありがリーグ戦だからね、チームを信じていくことが大切なことのように思うんだなぁ・・・。

ちょべゴールはこの次の楽しみにとっておくことにしよう。

今野がゴール前に上がってきたのは、もしかしたらオシムジャパンの練習の成果なのかもしれない。

中々反町ジャパンの三銃士はいいところがまだないのかもしれないが、代表にいくことでチームに還元できるものがあるとするなら僕は歓迎できるなぁ。

そうはいっても呼ばれるかどうかが問題なんだが。

はぁぁぁ・・・・水野や本田はそれにしても凄いねぇぇぇぇ。

これはFC東京全般なのかもしれないが、どうしてもメンタルが弱いような気がしてしまう。

何故なんだろうね?

先取点が入るまではむしろ押されていた。
失礼ながら格別凄いチームでもなかったのに恐れていたような守備でもあった。

たまたま決定力がない相手であったから助かったもののレッズやフロンターレ相手では厳しいだろうなぁ。

それでもね、僕は原監督が好きなんだね。

優秀な指導者ではないのかもしれないが、夢を与えてくれるものを目指そうとしているような気がする。

今は我慢の時なんだろうと思っている。
原さんの戦い方もまずは守備からという姿勢に変わっている。

むろん当然のことでね、まずは失点しないところからスタートするのは間違いではない。

今までの高い位置でのプレスを下げてスピードより起点を作ることで勝負しようとしている。

連動性はないが安全策でそれで攻めようと模索している。

コンビネーションがすぐによくなることはないが、まずは個々のコンディションを上げていけばきっと良くなるだろうと思うなぁ。

「おぉうぉぉう~はらとうきょうぉ~こうげきぃ~こぉうげきぃ~はらとぉうきょうぅ~~」


この歌がスタジアムに響くことを願うよねぇ。

それにしても帰りのママチャリのペダルはなんとも軽やかだったなぁ・・・・。

投稿: 東京坊主 | 2007/04/22 19:08

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

「眠らない街」、歌の存在も忘れかけていましたよ! また歌えてよかったです。

ところで、お住まいは味スタよりも北側ですか? 昨日は南風がすごく強かったので、北へ向かって帰る場合は、さぞかしペダルが軽くて速度も上がったことでございましょう。ワタクシの自転車も、ラクラクと時速30キロをオーバーいたしました。もっとも、勝利したおかげでペダルが軽かったというのも、確かにありますけどね~。

投稿: つぴぃ | 2007/04/22 19:27

つぴぃさん、フロンターレ戦のチケット急いだほうが良いですよ。残席少みたい。

投稿: U席おやじ | 2007/04/22 21:52

U席おやじさん、コメントありがとうございます!

わー、そうなんですか。Lコードを調べるのを忘れていて、今日は買いに行かれませんでした。明日はちゃんと買ってきます。Sあたりでまったり見ようかなあ。

投稿: つぴぃ | 2007/04/22 22:29

それにしてもつぴぃさん、いい写真だねぇ・・・。
とてもきれいに写っている。

ちなみに僕はゴール裏の真中うしろの方で赤紙を広げていた。
これは「モシモシホットライン」の時だけなんだろうが、毎回やればいいのにね。
裏に選手の写真があるから毎回違う写真があると嬉しいような気がするなぁ。

僕は小平なんだが帰り道は風が気持ちよかった。
人間ゲンキンなもので勝利すれば疲れも吹っ飛ぶもんだねぇ。
それでも僕はママチャリだから時速30キロなんて無理な話なんだが・・・。

結局のところチームが勝てばどんなときでもペダルが軽いもんだよね。


次はヴィッセル戦、連勝目指して応援しよう。

投稿: 東京坊主 | 2007/04/23 11:51

東京坊主さん、誉めてくださってありがとうございます。

実際、U席から見るとあんなふうだったんですよ~。あの紙の費用は「もしもし」さんが出してくださったんでしょうか。だとしたらありがたいことでございます。代表戦でもああいうのを配っていることがありますが、東京でも「今日は決戦!」みたいな日にはいいかもしれませんね。

小平とは、お仲間ですね。平日はママチャリで味スタ付近へ出かけたりしています。買い物するには、前カゴのあるママチャリのほうが使い勝手がいいもので……。

投稿: つぴぃ | 2007/04/23 13:13

不覚にも、涙がほろりと・・この日を待ちわびていました。
でも、今野ゴールの瞬間見逃しました。
ゲーム展開が、まったりとしてきてしまって・・
余裕で、横浜のメンバーなどチェックし始めたその瞬間でした^^;
貴重な得点シーン、今度何時見られることか・・

ホント、穴沢さん、普通にもジャッジできるんですね、笑。
(つぴぃさんは小平在住でしょうか、昨日、何とか寺隣にある、
フットサル施設('05のとうきょう選手サインびっちりの旗がロビーにありました。)で、
これまた、生まれて初めてボールに触れて、パスやトラップ、シュートまでも、
経験する事が出来ました♪)

投稿: una | 2007/04/23 15:01

unaさん、コメントありがとうございます!

えー、「マーフィーの法則」というのがございまして、わたくしの場合は「私が席をはずしているとゴールする」というものなのですよ。これは、スタジアムでもTV観戦でも適用されます。

そんなわけで、わたくしも今ちゃんゴールをしっかり見ておりません。のんびりトイレに行って「どーせ点なんて入らねーよ」とのんびりコンコースを歩いておりました。不覚。ダンナからは「あと10回くらいトイレに行けば、東京は10得点だ! また行ってこい」とか言われるし、もうガッカリですよ(笑)。ま、いつものことなのでめげませんけど。

小平のフットサル場、検索してわかりました。いい経験をされましたねー。私はサッカー経験は皆無です。近所の公園でボールを蹴ったことはありますけど。シュート、入りました?
きっと楽しいでしょうね~。

投稿: つぴぃ | 2007/04/23 19:42

勝てて、本当に良かったですね!
我々も貴重な週末の時間を割いて観戦しているわけですから、たとえ勝てなくても、プロらしいプレーを、それができないなら、せめてやる気を見せて欲しかったのですが、そのいずれもを欠いている試合が続いていましたからね。

さて、穴沢主審は、ちゃんとハンドを取ってくれたので、ストレスを感じずに済みました。
「アナザーワールド」という呼び名のインパクトが強いですが、一昨年あたりから安定しているようです。
某最大手掲示板の審判スレッドでも、高い評価を得ています。恐縮ですが、リンクを貼らせていただきます。↓
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1176039797/3

投稿: fct-fan | 2007/04/23 23:31

fct-fanさん、コメントありがとうございます!

審判スレ、ブックマークしておきました。これからチェックするようにします。ありがとうございます。一時期、本当に「別世界」なジャッジが多くて、その印象ばかりが残っていたのですが、最近はそうでもなかったのですね。一度ついてしまったマイナスイメージを払拭するのは難しいものですね。もって他山の石としなければ……。

投稿: つぴぃ | 2007/04/24 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14806818

この記事へのトラックバック一覧です: ホーム初勝利:

« 穴埋め | トップページ | 関戸橋フリマ'07春 »