« 多摩湖はまだ見ごろです | トップページ | 今季最後のソメイヨシノ三昧 »

2007/04/05

気持ちがあれば

Jリーグヤマザキナビスコカップ 第3節 大分VS東京は、0-1で東京の勝利。


ナビスコの大分アウェイというドマイナーな試合を生中継してくださるMX-TV様には感謝のしようもない。おかげで、本当に久しぶりの勝利シーンを見ることができた。MXはおなじみ三田涼子アナがピッチレポーターだったり、実況アナ&解説の前田さんともども東京を心底心配して応援していたりするので、見ていてまったくストレスがたまらない。本当にありがたい限りである。

この試合、いつもと違うところといえば、福西がいなくて梶山、石川じゃなくて川口、トップはルーカス……といったところ。石川がはずされたのは、ブログで本音を書いたせいなのか!?とちょっと勘ぐってみたりする(石川ブログでの発言内容にはいちいち納得。彼がすごくマジメにチームのことを考えていることに感銘を受けたくらい)。

解説の前田さんが誉めるほど内容が良かったとは思わないけれど(アウェイの磐田戦の前半のほうがいい)、それでも味スタでの大分戦に比べると格段の出来だった。何より、選手たちのヤル気が見えたのがうれしかった。柏戦の翌日には選手間ミーティングが開かれたそうだが、その成果が出たのだろうか。

東京というチームの問題の根本は、メンタル面にあるような気がする。気力が充実していれば、本来はデキる選手ばかり。昨夜の試合では、彼らの実力がいかんなく発揮されていた。前半終了間際に、金沢の正確なクロスからルーカスのヘディングで1得点。本当に久々、約半月ぶりの得点シーンだった。

前半の運動量が多かっただけに、後半はアウェイ磐田戦のように失速してしまうのではないかと心配だったが、致命的なミスもなく、何とか1点を守り抜くことができた。運動量が少なくなってきたときに、運動量で勝負するタイプではないワンチョペを投入するのはどうかとも思ったけれど、ワンチョペらしいプレーも見られてそれなりに満足。彼がチームに溶け込みつつあることが確認できたし。でも、どうせならワンチョペはスタメンで使ってほしいな。そのほうが活躍するタイプだと思う。

今シーズン初めて「いい梶山」を見られたのも収穫。彼が調子に乗っているときは、チームもいい。連戦で疲れているはずの伊野波も長い距離を走って奮闘していた。やはり五輪代表組は今やウチの主力なんだなあ。金沢、栗澤もよかった。塩田も何度もあったピンチを防いでくれた。大分がよくなかったのもあるけれど、とにかく勝てたのはうれしい。

でも、本当に勝ってもらいたいのは土曜日。遠方への遠征の後、中2日で試合というのはキツいスケジュールだとは思うが、何せ今までホーム全敗中。リーグ戦も1勝3敗と負け先行で、試合もお世辞にも誉められたものじゃない。この際、どんな内容でもいいから、なりふり構わず勝ってほしい。まずホームでファンに今シーズン初の勝利をプレゼントすること。それができてこそ、次の段階に進めるような気がするんだよね。

昨夜見せてくれた気力をそのまま維持してくれれば、ホーム初勝利は遠くないはず。もっとも、今回が好調だったからといってそれを継続することができないのが、わが東京というチーム(悲しいことに)。土曜日も、いろいろ心配しながら味スタへ行くことになりそうだ(スタメンも気になるしね)。

|

« 多摩湖はまだ見ごろです | トップページ | 今季最後のソメイヨシノ三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14555059

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちがあれば:

« 多摩湖はまだ見ごろです | トップページ | 今季最後のソメイヨシノ三昧 »