« コウモリと衝突 | トップページ | 明日の予定 »

2007/04/19

北京五輪予選シリア戦

北京五輪二次予選 シリアVS日本は、0-2で日本の勝利。
日本はこれで、最終予選への切符を手にすることとなった。

夜中に半分居眠りしながらのビデオ視聴。もともと寝不足ではあるのだけれど、なんとも眠くなるゲームではあった……特に後半は。

2得点の無失点ということで、スコアだけ見れば快勝!と言いたいところだが、いつも煮え切らない試合をしてしまうのがこのチーム。とはいえ、その2得点はいずれもすばらしいゴールだったし、だんだんメンバーも固まってきたみたいだしで、順調にチームとして成長している……と考えてもいいのかな。今のところはポジティブにとらえておきましょう。それにしても、シリア弱すぎ。最終予選もこの調子で行けると思ったら大間違いだと思うよ。

ともかく、これで最終予選進出が決定したのはめでたい限り。後の試合は消化試合になるので、ここはひとつ、東京の選手は呼ばないでもらえませんかね。もっと試すべき若き有望株はいるでしょう? 結局のところ、東京ファンとして言いたいことはこれに尽きるのであった……。

若者代表がパッとしないので、やっぱり興味はプレミアにいってしまう……。早起きして最初に見るのは、ウェストハムVSチェルシーだ。

前日の試合でユナイテッドが勝ってしまったので、もちろんチェルシーも負けるわけにはいかない。相手は残留がかかっているウェストハムで、本来であればこんな順位ではないはずのクラブだ。前半は互角の戦いだったものの、チェルシーが先制してからは一方的な展開になってしまう。終わってみれば1-4。

しかし毎度のことながら、モウリーニョの選手起用はいちいちハマるね。まさかショーン・ライト・フィリップスが2ゴールもあげてしまうとは。さらに、後半に加速度がついて得点するのも、最近のパターン。わがFC東京監督の選手起用と交代と戦術が常にハズしているように感じてしまうので、モウリーニョ采配には毎回舌を巻くしかない。世の中には、これだけスゴい監督がいるってことだ。

快勝したからこそこうして書けるのだけれど、テベスがすばらしかったのがよかった。不本意な形で移籍してきてからはしばらく活躍もできず、ホームのサポーターにまでブーイングを浴びていたが、本日の試合では闘志あふれるプレーを連発。本来のテベスを見られたようでうれしかったよ。ゴールもすばらしかったしね(決められたとはいえ、ちゃんと触っていたツェフもスゲー!)。

もうこうなったら、とことんまで頑張るしかないぞ、チェルシー。アブラモビッチのご機嫌も直ったみたいだし、このまま突き進んでほしいね! ただ、怪我だけは気をつけて……あと、警告も。

|

« コウモリと衝突 | トップページ | 明日の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14774649

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪予選シリア戦:

« コウモリと衝突 | トップページ | 明日の予定 »