« 関戸橋フリマ'07春 | トップページ | ヤマザクラを見に行く »

2007/04/24

こんなことを考えた

本日は、つらつらと我がチームについて考えることなどを。


*「メッセージボード」その後

公式サイトに「メッセージボード」なるコーナーができて、約3か月がたとうとしている。

当初は「FC東京FAQ」みたいな内容になるのだろうかとか、「生協の白石さん」ならぬ「東京の?さん」になるのかなどと楽しみに読んできたのだが、最近は正直いって、読むのがツラい内容が続いている。

ファン側からの「メッセージ」はクレームやイチャモンが大半だし、対する回答も冗長で意図がよくわからない言い訳ばかり。一連の妙なやりとりは「対岸の火事」の読み物としては面白いのだが、これが我が愛するクラブが公の場でやっていることなのかと思うと情けない。少なくとも、公式サイトという場でやることではないだろう。

ホームゲームともなれば2万人が集まるのだから、中にはいろいろなファンがいるだろう。それぞれがクラブのためになることを考えたり、もっとこうすればいいのではないかと思ったり、あるいは運営のまずさを指摘したりするのはあたりまえのことだ。その中には、正当な意見もあれば、言いがかりみたいなものもあるだろう。人がたくさんいれば、それも当然だ。

対処すべきクレームには個々に誠実に対応すればいい。でも、その過程をわざわざウェブで公開する必要はない。さらに、イチャモンみたいな意見はなおのこと公開すべきではないし、それらに喧嘩腰で対応するなんて、あまりに大人げなく、読んでいて恥ずかしくなる。「こうして誠実にファンと向き合ってますよ」と宣伝したいのかもしれないけれど、それは子供っぽい自己顕示にすぎない。最近はやりの言葉でいえば「品格がない」というか、とても大人が経営する企業がやっていることとは思えないのだ。

これが「ファンの目線に立つ」とか「ファンサービス」だと思っていたら、大間違いだ。我がクラブの場合、フロントとファンの間の距離が近いことが美点のひとつになっているのではないかと思うが、経営者側がファンと同じところまで下りてきて言い合いをしているようでは本末転倒。ファンを大切にすることは当然として、フロントにはファンの目線よりも上のところから全体を見渡していてほしいのだ。

我がチームの選手たちはメンタルが弱い……と常日頃感じてしまうのだが、そうなってしまうのは、こういったクラブの体質もあるのかもしれない。常勝チームを目指すには、レベルの高い選手やいい監督をそろえるだけではなく、クラブ本体やサポーターも一緒に成長していかなくてはならないということなのだ。東京は、まだそこまでいっていない段階なのだろう。ま、だからこそ、見守りがいがあるってものなのだけどね。

ああ、いかんいかん。また偉そうなことを書いてしまった。ファンのレベルを下げているのは、すぐに評論家ぶってしまう私みたいな人種のせいかもしれないのにね。


*FCソウルと親善試合決定

中断期間中の親善試合なんてやらなくてもいいんじゃない?と思ってしまうのだが、日本でやるのならたぶん見に行くような気がする。逆に、ファンしか観戦に行かないような地味な対戦相手でよかったかな。当初の噂にあったように、バルサ相手になっちゃったりしたらエラい騒ぎになっただろうしね。地味にやって、地味に終わって、誰も怪我をしなかったし、意外といい内容だったし、夏の夜のビールはおいしかったね、みたいなイベントになるのを希望。


「若き青赤戦士の日記」

こちらも今年から始まった公式サイトでの企画。東京の若手選手たちがサッカーに対する思いなどをつづるというコーナーだ。もともと文章を書くのがとても苦手そうな彼らが、それぞれ四苦八苦しながら書いているのだろうな~と思うと、何とも微笑ましい。

ここでは、原稿を書いている写真も公開されているのだが、彼らがペンをもって紙に向かって書いている姿には何だか違和感を覚える。

私の場合、「最後に紙に文章をつづったのはいつだっけ?」と思ってしまうくらい、パソコンに依存している。使い始めたのはワープロ専用機の時代からだから、もう20年以上、紙に向かって文章を書いていないことになる。もし真っ白な原稿用紙を渡されて「これこれのテーマでこれだけ書け」とか言われたら、すごーく困ると思う。「下書きしたいんで、パソコン借りてもいいですか?」なんて言ってしまいそうだ。

「若き青赤戦士」たちの年代だったら、もしかしたらケータイで書かせ(打たせ)たほうが、もっとストレートでおもしろい表現が出てくるんじゃないかな?なんて思ってしまうのである。


*「多摩川クラシコ」

東京と川崎はそれなりに歴史ある戦いを繰り広げてはきたけれど、だからといって、外側から「はい、じゃ今年から「クラシコ」って呼びますからよろしくね」などと言われてしまうと、ヒネたファンとしては「そうやって決められてもな~」と抵抗したくなるものだ。

「クラシコ」にふさわしいカードになるかどうかは、チームとサポーターと、これからの年月が決めることであって、営業上そう名づけられたからといって、にわかに「クラシコ」になるわけではない。でも、我がチームの選手たちはムードに左右されやすいところがあるので、「クラシコだから恥ずかしい試合だけはするなよっ!」などと鼓舞すれば、それなりのパフォーマンスは見せてくれるかな~などと期待してみたり。

ようやくチケットも買ってきたので、後は試合当日が晴れることを望むばかり。のんびり多摩サイを走って観戦に行きたいな~。早めに着くようにして、公園で「岡本太郎チェック」をしようっと。今回はアウェイ席以外を購入したので、いつもとは違うおいしいものにめぐりあいたいものだ。

|

« 関戸橋フリマ'07春 | トップページ | ヤマザクラを見に行く »

コメント

こんにちは^^
つぴぃさんは、小平から等々力へも自転車なんですか?
すごい体力ですね~相太よりも絶対あるし、
陽平など、足元にも及びませんね^^;

メッセージボードのコトとか、クラシコ命名とか(個人的には恥ずかしい)
フロントは、それなりに頑張って盛り上げよう・としてるんだな~と、
努力は認めてあげなくては・と思いつつも、
時に、トンチンカンな方向に行ってしまうんだな・と苦笑です。

ところで、調布FMのまるごとFC東京・という番組をご存知でしょうか?
昨年のフロントインフォーメーションに出ていた、
久保田純さんは、フミタケさんと同期だそうです。
以前、スポーツカフェで(声だけでなく)
本物の久保田さんに出会ったことがありました。
柔らかな物腰の感じの良い方でした。
歳の頃40代中辺?と勝手に思っていたら・・
なんと、フミさんと同い年・・まだ30代だった・・かなりびっくり^^;
そして、男性の年齢判断は難しいと思いました。
長々と、駄文をお許し下さい。

投稿: | 2007/04/25 16:49

名無しさん、コメントありがとうございます!

過去のエントリーには書いているのですが、駒場スタジアムと西が丘と埼スタへも自転車で行きました(笑)。あと近場では、日産スタと三ツ沢くらいですかね~。自転車は意外と疲れないので、若者にはとても及びませんよ。

フロント批判をしたつもりはなく、ちょっと疑問!?と思ったことを書いただけなのですが、何だか話題にされてしまい、困惑しています……。

調布FMはサイトを見たことはありますが、聞いたことはありません。小平でも聞こえるのかな!?

投稿: つぴぃ | 2007/04/25 17:33

う~ん・・・・メッセージボードねぇ・・・・。

きっとみなさんの善意を信じてこれをすることになったんだろうねぇ・・・。
観客の目線ということであれば今までもご意見受付のメールがあったんだが、
一歩踏み込んだところにクラブなりの危機感や意気込みがあったんだろうなぁ。

非常に建設的なご意見のケースもあるが、驚くべき要求も当然ある。

ぶっちゃけ憤慨してもこりゃしょうがないだろうなぁ。

それにしても自分で座るところの椅子ぐらい拭くのは自然だと思うが、世の中にはブルジョア様が大勢いるんだろう。

そのうち靴も磨けといわれたらどうするつもりなんだろうねぇ・・・・。

若手選手の日記というのはとてもいい試みだと思うが、できればもう少し誰か(広報の方でいいと思うが)文章を見てあげたほうがいいと思う。
文章だけ読むとジュニアユースの選手かと間違ってしまう。
つぴぃさんの仰るように携帯なりパソコンであれば違うのかもしれないよねぇ。

「多摩川クラシコ」是非応援がんばってください。
僕は残念ながらその日は当直でテレビで盗み見しかできません。
隔週の土曜休日なのでホームでは観れるように調整はするのですが連続の土曜休日ができなくて哀しい限りなんですねぇ・・・。

それにしても自転車で等々力まで行くとは素晴らしい限りです。

つぴぃさん、気をつけていってくださいね・・・。

投稿: 東京坊主 | 2007/04/25 17:55

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

メッセージボードの場合、クラブ側がつくった場なのですから、どうにも困った意見が来た場合は「載せないor無視する」ことができるんですよね。書きっぱなしの掲示板ではないのですから、編集する権利はクラブにあるのです。それをわざわざ掲載した上で批判するというのがオカシイと感じるのです。

雑誌の読者ページや新聞の投書欄だったら、こんなことはありえませんし、さまざまな「公式ブログ」のBBSだって、意見を選別した上で掲載しています。どういうスタンスで「メッセージボード」という場を運営しようとしているのか、そのあたりが明確になっていない気がします。

ゴールデンウィークの日曜日なのに、お仕事とは大変ですね。代わりにしっかり見届けてきます(アウェイゴール裏ではないので「応援してくる」とは言えない立場なのです……)。

投稿: つぴぃ | 2007/04/25 18:27

こんにちは^^
つぴぃさんのような意見は、わたしの周りには少ないほうで、メッセージボードは、そりゃ完璧とはだれも思ってないにしろ、他のクラブのそっけなさにくらべて、何百倍もがんばってるように思えます。だから、このblogがサポティスタに貼られた時は、「また浦和のやつらの陰謀だ」と思いました(笑)

ともあれ、就業時間外での仕事もいっしょうけんめいこなしているフロントには、感心してます。文句いうなら、アイデアを出してあげて!って感じです。電話かけて、話し合いたいっていええば、乗って来ますよ。愛情がなきゃ出来ないだろうけど。

投稿: ぱらひろみ | 2007/04/25 21:39

ぱらひろみさん、コメントありがとうございます。

私の場合、周囲に観戦仲間は家族以外におりませんので(寂しい人生ですね~)、誰がどんなふうに考えているのかは、ネットを通じてでしか知らなかったりします。あくまで私個人の主観ですので、ご気分を害されてしまったようでしたらお詫び申し上げます。

サポティスタの件は、私もビックリしました。浦和系のところなので、誤解されたかな~と思ってしまいました。基本的には、東京以外のJチームには興味はないのですが……。

ダブりコメントは削除させていただきました。ご了承くださいませ。

投稿: つぴぃ | 2007/04/26 00:49

度々、お邪魔します^^;
コメント先頭の4・25、16:49のモノは、私のです。
慌てて(何を?笑)名前を記入してませんでした。
”名無し”さんと書かれて、見てみたら、ありませんでしたね。
時々、オッチョコチョイをするかとも思いますが、悪しからず・・
ところで、観戦仲間は”家族以外にはおりません”とありますが、
羨ましい~です。
私など、家族にも無視されて・・ま~ったくの孤独ですよ~
それでも、一人でせっせとアジスタ通いをしています^^;
(シニアデーの年齢制限が、55歳から60歳に引き上げられて、
あと数年で、当初の年齢になるので、石井アドバイザーにた~くさん、
(チームに関しての)質問できると楽しみにしていましたが、残念です。
石井さんは、アジスタゲームの時、調布FMで、サッカー解説をしています。
なので、私は、ラジオを聴きながら、観戦することが多いのです。
調布FMは、小平までは無理かもしれませんね。)

投稿: una | 2007/04/26 11:25

unaさん、コメントありがとうございます。

「名無しさん」はunaさんかな?とは思っていたのですが、間違ったら申し訳ないので黙っていました。判明してよかったです(笑)。

石井アドバイザーは、小平でもよくお見かけします。調布FMではなかなか辛口の解説だそうですね(愛あればこその苦言が多い!?)。一度、聴いてみようかな~。

投稿: つぴぃ | 2007/04/26 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14823355

この記事へのトラックバック一覧です: こんなことを考えた:

« 関戸橋フリマ'07春 | トップページ | ヤマザクラを見に行く »