« ニセアカシアを食す | トップページ | CL決勝、そして »

2007/05/24

瓢箪から首位

Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第6節 横浜FC対東京は、1-2で東京の勝利。
これにより、3年ぶりにナビスコ杯決勝トーナメントへの進出を決めた。

Rimg0002_7


第5節終了時で、グループ上位は勝ち点9で並ぶ大分と横浜FC。勝ち点7の東京は、最低でも勝利しなければならないという背水の陣。だが連戦を考慮したためか、ヒロミはリーグ戦で出番のない選手を起用、これが効を奏することになった。

前半から東京は積極的な攻撃。リチェーリ、石川からのクロスで赤嶺がゴールを狙うというパターンを繰り返す。それがようやく実ったのが、前半30分。PKで失点した直後だけに、この得点は大きかった。失点したらすぐに取り返す。これができるようになれば、敗戦する確率は低くなる。

それにしても、ほんの2週間前に実に惨めな試合を披露してしまったチームとは思えない豹変ぶり。勝利以上の特効薬はないというか、選手たちが自信をもってプレーしているように見えた(一部DFを除く(笑))。こういう現金なところは本当に東京らしい。チームの調子が良くなると、ゴール裏も盛り上がるしね(サポーターであれば「チームの調子が悪くても盛り上げる」ほうが望ましいのだけど)。

ハーフタイム、同じグループのもう1試合「大分VS磐田」は磐田がリードとの情報。勝利さえすれば、グループ勝ち抜けが見えてくる。このようなとき、ロッカールームでヒロミはどのように選手を鼓舞するのだろう。チャンピオンズリーグやW杯で何度も見てきた「グループリーグ最終試合」ならではの高揚感を、このナビスコでも体験できるとは思わなかったなあ。

後半になると、東京はさらに攻撃的になる。が、引分けでもまったく構わない横浜FCは「ひたすら守ってたまにカウンター」作戦。何せゴール前に8人くらいがゴチャ~と固まっていて東京の選手を囲んでしまうので、攻撃はしていてもなかなか得点に結びつくような気がしない。「こういうときこそ、日曜日の福西さんを思い出してくれよ~」と思うのだけど、あくまでゴール前に入っていこうとする愚直な攻撃ばかり。

それでもそんな中から得点が生まれてしまうのだから、わからない。赤嶺のゴールの瞬間は「オフサイドだったりして!?」とまず線審を確認してから喜んだ(笑)。これによって守っているわけにいかなくなった横浜FCだったが、東京はなんとかリードを守りきった。

MVPはもちろん赤嶺。東京には珍しいFWらしいFWで、ゴール前で躊躇なくシュートを打つところがすばらしい。そういう動きを何度も繰り返す中で生まれたゴールだったしね。運動量が多くて積極的な赤嶺と、とらえどころのない(笑)ワンチョペというコンビは悪くないと思うのだけど(練習試合のサブ組として何度か見たことがある)、リーグ戦でも試してもらえないかな? 

もし平山が体調不良でなかったら、たぶんベンチを暖めることになっていただろう赤嶺。与えられたわずかなチャンスを生かすことができたのも、強い精神力とたゆまぬ練習があってこそ。週末の名古屋戦でも、ぜひ活躍してほしい。

一方、惨敗した川崎戦以来の先発となった茂庭はやっぱりイマイチ。消極的なパスばかりで、自信のなさがプレーぶりにも現われていた。その分、今野がCB2人分の動きをしてカバーしていたけれど……。決定的な攻撃陣がいない横浜FCだから大事には至らなかったけど、ちゃんとしたFWがいるチーム相手ではかなり不安。バックスタンドからは「茂庭、お前初心者か!?」なんて野次まで飛んでたしなあ(笑)。今野をCBに使い続けるのはあまりにももったいないので、早いところ復活してほしいのだが(茂庭でなくても、吉本でもエバウドでも構わないので、とにかく本職のCBがほしい!)。

終わってみれば、東京が1-2での逆転勝利。まさかの(笑)首位通過となった。2週間前の国立で横浜FC戦を見たときは、グループ敗退が濃厚だと思っていたのでビックリである。東京については、何かと「運のいいチーム」だと思うことが多いのだが、今回もなんのかんのと恵まれてたということになるのだろうか。「運も実力のうち」と言い切れるようになるといいけれど、さすがにそこまで楽観的にはなれないな。

ナビスコ勝ち抜けがかかった大事な試合ということで、とりあえず三ツ沢に参戦。やっぱりいいスタジアムだね~。選手の声も聞こえるし(バックパスばかりしている徳永に対し「ユーヘイ、前見ろ、前」と指示する石川とか。しかしこの2人はとことん合わないな)、たぶん観客の声も選手たちに届くだろう(「磐田が勝ってるぞ~頑張れ~!」みたいな)。

バックスタンドで観戦したので、観客はそれほど多くなく、ビール片手に楽しい観戦となった(笑)。5千人ほどの観客が入っていたけれど、たぶん東京ファンのほうが多かったんじゃないかな。同じ横浜でも、日産スタと三ツ沢じゃ大違い。三ツ沢でやるのならムリしてでも行こうという気になる。

な~んて思ってたら、ナビスコ準々決勝ではまた日産スタですか(たぶん)。キックオフの時間はわからないけれど、次回は少なくとも自転車では行かないだろうな(笑)。試合がほとんどない7月に、見に行かれる試合が2つ加わったのはうれしい。優勝した年以来の、ナビ決勝トーナメント進出だけに、行けるところまで行っちゃってほしいものだ。

さて、中2日で次は名古屋戦。赤嶺を出してね、原さん。


*オマケ:三ツ沢のビールの売り子さんは、青いTシャツに赤いエプロン姿で好感がもてましたよ(笑)。

|

« ニセアカシアを食す | トップページ | CL決勝、そして »

コメント

モニへの野次は私も聞いて笑いました。なかなかおもしろいお方でしたね。結構近くで観戦していたようですね。
三ツ沢は初めてだったのですが、日立台っぽくて臨場感があってとてもよかったです。
あそこだったらゴール裏ではなくバックスタンドで常に前の方に座って見るだろうなあと思いました。選手がスターではなく生身の人間に感じられました。

投稿: OBAKA母 | 2007/05/24 22:40

OBAKA母さん、コメントありがとうございます。

あちこち行ってやっとわかったのですが、どこのスタジアムであろうと、私にはバックスタンドがいちばん合っているような気がします。たぶんこれからも、バックスタンド最優先で観戦しそう……。

投稿: つぴぃ | 2007/05/25 00:27

いやぁーーーつっぴぃさん、素晴らしい夜だったねぇ・・・・。

実は昨日は一日中、ボーーーとしてしまった。

ナビスコの大逆転劇とCLの決勝ボケで頭がウニさんになってしまったのねぇ。

TVでミランのインザーギをみていたら赤嶺にだぶって見えた。
これは赤嶺を誉めたわけではなくインザーギを誉めたお話。

人間、努力は大切なのねぇ・・・。


なんとも試合終了後の赤嶺の笑顔が素晴らしかった。
ピッチが近いのは素晴らしい。
よく今までで辛抱しながらがんばってきたよねぇ・・・。

なんというか結果オーライなのかもしれない。
たまたま運がいいだけなのかもしれない。
気が付いたら歯車がいいほうに回っていたという話なのかもしれない。

それでもね、このチームにはとてもとてもハラハラドキドキで応援したくなる何かがある。

決して強いとか磐石とかそういう言葉が当てはまるとは思えないが希望を抱かせるようなものがあるんだなぁ・・・・。

まぁこういうのを「惚れた弱み」とでもういのかもしれないが・・・。

それにしても横浜FCは引き分け狙いがミエミエだった。
なんともお気の毒なサッカーのような感じ。
まぁ他人事とはいえ、こりゃお客さんが入らないひとつの原因のような気がしたなぁ。

次節名古屋戦が勝負所だねぇ。

投稿: 東京坊主 | 2007/05/25 10:59

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

赤嶺とインザーギ、私もかぶって見えましたよ!(笑)

ビールがおいしい横浜の夜でしたね。

明日の試合が終わると2週間あいてしまうので、いいイメージで試合を終わらせたいですね。勢いが止まると、なしくずし的に悪くなる恐れがあるので、ここが頑張りどころです!

投稿: つぴぃ | 2007/05/25 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15184741

この記事へのトラックバック一覧です: 瓢箪から首位:

« ニセアカシアを食す | トップページ | CL決勝、そして »