« これから出発 | トップページ | 自転車用の地図 »

2007/05/07

降れば土砂降り

Jリーグ第10節 川崎VS東京は5-2で東京の惨敗。
「多摩川クラシコ」と銘打った「伝統の一戦」は、恥ずかしい結果に終わった。

Rimg0116_1
↑3失点目の直前


いや~、虐殺ショーを見てきましたよ! 
というか、「いいサッカーをする強い川崎に、弱い東京が負けた」という感じ。東京はそれほど悪くもなかったけれど、やっぱり良くなかったし(いつもと同じ)、相手は隙あらば確実なシュートを打って、それをゴールにつなげる決定力をもっているチームだったから。

キックオフ直後のわずか2分で、最初の失点。

東京のサッカーでは、「ここでシュート!」と思った場面でシュートを打ってくれることは滅多にない。たいてい、トラップしすぎるか後ろにパスしてチャンスを逃してしまう。でも、川崎は本当にシュートをちゃんと打つんだね。それがきれいに入って、最初のゴール! 敵ながらあっぱれというか「こりゃゴラッソ~だね」と、2、3回手を叩いてしまったくらい。2点目も、こりゃまたお見事なゴール。崩されたとかミスとかじゃなく、「相手のほうが強い」ということを見せつけられてしまったゴールだった。

東京は、個々の選手が時折り才能の片鱗を見せていいプレーをするが、それがチーム全体のチャンスにつながってシュートに結びつくことがほとんどない。相変わらず、個人がてんでばらばらにあたふたと動いているだけ。パスがつながるのは、後ろか横に出す時だけだもんなあ。対する川崎は、ダイナミックにピッチ全体を有効に使って、チャンスを幾度となく演出する。

結局、前半はほとんどシュートらしいシュートがないような状況で終了。終了間際にさらに2点を取られて、4-0になってしまった。川崎サポは、得点があるとマフラーを振り回すんだね。私も振り回せばよかったよ……白いハンカチをね(笑)。

後半開始直後から、東京は選手を2人交代。怪我をしたらしい馬場→ワンチョペと、浅利→梶山。これで少しは攻撃できるようになった……というか、4点も取った川崎が少し休んでいただけといったほうが正しいかもしれないけれど。東京が攻勢なれど、あまり得点の匂いはしない。後半30分にもらったPKは、明らかにPKには値しないと思うけれど、それでも何とか1点を返した(家本や岡田に助けられる日が来ようとは……しかもそれでも勝てないし!)。

後半40分で席を立ってしまったので、石川のゴールは見ていない。コンコースを歩いていたのでモニターで見たけれど、あれはいいシュートだったね。でも「焼け石に水」とはこのことさ~。


Rimg0111
↑たくさんの東京サポ


昨年優勝を争ったことから経験と自信を積み重ね、チームとしてより成長しつつある川崎。それに対しての東京は、まったく逆の「負のスパイラル」に陥っている。ひとつの敗北が自信を喪失させ、それによってますます勝てなくなり、しまいにはモチベーションまで失いかけているようにも見える。このスパイラルを断ち切ることができるのは何なのか? 自分たちでどうにかしようと思っても、ちょっともうムリかもしれない。外側から、何かしら荒療治がなければ……。

試合開始直前の「川崎ウンコターレ」に「首都東京!」コール。こういう人を小バカにしたようなところ(あえてNHKの中継が始まったころを見計らって始めてるしな)が東京のゴール裏の特徴ではあるのだけれど、今回はどうにも楽しめなかった。遊び心をもてるような状況じゃなかったし……。

そして、後半は延々と「攻撃、攻撃、ハラトーキョー」と歌いっぱなし。ここひと月ばかり、私にとってはいちばん聴きたくない曲。最近はホームよりもアウェイでのほうが声がよく聞こえてくる。人数が少ないからまとめやすいというのはあるだろうけれど、それにしてもホームでの応援のほうが元気がないというのは何だか寂しい。

今回の席は、バックスタンド2階の「Sゾーン」。初めてホーム側に座ったけれど、立ち並ぶ飲食店の数々には素直に「うらやましい!」と思ったよ。チーム状況や勝敗について相手をうらやむことはないけれど、売店については別。味スタも国立も、本当に貧弱だよなあ……。

コンコースでは応援歌の歌詞が書かれた紙片を配っていた。こういうのを配るのもいいかもしれないね。東京は本当に歌の種類が豊富なので、観戦初心者では「何て歌っているのかわからない」と思ってしまうだろうし。で、その紙片の裏には、こんなふうに印刷されていた。

Rimg0120_1

さて、次は中2日でナビスコのグループリーグだ。相手は、東京より成績の悪い数少ないチーム。このグループはどうも調子の出ないチームばかりが集まっているので、ある意味接戦になっているというのがおもしろい。まだ5月なのに、ナビスコと残留だけを目標にするしかないような状況なのがすごくむなしい。

|

« これから出発 | トップページ | 自転車用の地図 »

コメント

雨の中、お疲れさまでした。わたしは等々力しか行ったことがないのですが、味スタのほうがキレイで、売店も充実しているのかとばかり思ってました。秋には、我が家も味スタに遠征しようかと思ってます。そのときはどうかお手柔らかに(^^;)。

投稿: MIKA | 2007/05/07 09:42

MIKAさん、コメントありがとうございます。

味スタ、椅子にはドリンクホルダーもついてますし、施設はきれいですよ。でも飲食店については、正直いってまったくおススメできません。お弁当をもってくるか(&水筒)、どこか外で調達してきたほうがいいですね~。

スタ内飲食店というのはお祭りの屋台みたいなもので、充実しているほうが盛り上がりますし、なければ寂しいものです。味スタはいろいろ規制があるそうなのですが、実に残念ですね。

投稿: つぴぃ | 2007/05/07 10:43

つぴぃさん、雨の中ご苦労様です。

実は大事な仕事があったが、無理やり他人を巻き込み、なんとか等々力グランドに馳せ参じることができた。

そうはいってもまったく座る席がなく試合中は雨の中のG裏で応援していた。
まぁ立見席だから構わないが、それにしてもちょっと疑問?
どうも川崎は席の数よりチケット(アウェイの方ね)を多く売っているような気がするが、どうなんだろうねぇ。
世の中「お金は大事だよーーー」とコマーシャルしているぐらいだからいいのかもしれないが・・・・。


・・・人生には厳しい時もあるよねぇ・・・。

「本当に苦しいときにこそ真の友人がわかる」といっていた人がいたなぁ。

むろん「本当の愛には厳しさが必要」という話をした人もいたけどね。

まぁ人それぞれなんだが・・・・。


東京の選手・原監督たちがゴール裏に挨拶にきた。
なんともみんな青ざめた表情でうつむいてもいた
その中で特に塩田は放心状態のように見えた

原監督はまっすぐ前を向き選手をかばうようにしていた

雨の中一生懸命応援していたサポーターの中から大きなブーイングとヤジの嵐

太鼓を叩きながら「や・め・ち・ま・えー」コールが起こり、それに呼応する声が続く

なんとも哀しい光景だなぁ・・・・

世の中には「堪忍袋の緒が切れる」という話がある。
たぶんそういうことでご立腹している方々が大勢いらっしゃるんだろうねぇ。

まぁ内容も結果もよくないわけだからこりゃ罵倒されても仕方がないのかもしれない。


それでもね・・・・ゴール裏にきた選手や監督を鼓舞し、励ます歌を歌ってもよかったんではないかなぁ

それこそ「セクシー東京」でもいいじゃない

惨敗の中での「眠らない街」でもいいじゃない


僕はチームが崩壊しそうなときにこそ、サポーターの暖かい声援が力を発揮するような気がするんだなぁ・・・・。


つぴぃさん、前を向くことが大事だよねぇ。

次のナビスコ横浜FC戦で立て直しだね。

投稿: 東京坊主 | 2007/05/07 13:55

東京坊主さん、いつも前向きなコメントをありがとうございます。

私のシニカルな観戦態度と文章はたぶん一生直ることはないと思われますが、こうしてポジティブなコメントをいただくと少しは救われるような気がします。

投稿: つぴぃ | 2007/05/07 21:15

つぴぃさん、何だか天気も良くなってきてちょっと元気もでてきたような気がするなぁ。

まったく根拠はないんだけどね、それでも希望はあるような気がする。

下を向いていてもしょうがないしね、たとえつまずいてもころんでも立ち上がるのがステキじゃない。

僕は毎日の通勤で自転車に乗っている。
ちょっとお恥ずかしい話だがペダルを漕ぎながらよく鼻歌で「眠れない街」やいろいろなチャントや応援歌を歌っている。
別に誰にも聞かれることも無いし、何だか楽しいんだね。
スタジアムに電車で行くよりも自転車で周りの風景を眺めながら、ちょっと寄り道したりするのが心の洗濯になるような感じがする。

これで我がチームが勝利したりしたら時速100キロの気分で乗れるんだけどね。
(今年は中々時速100キロ気分にはなれないんだが・・・)

勝っても負けても引き分けても一喜一憂できる人生はとても豊かなような気がするんだなぁ・・・・。

つぴぃさん、本当に強いチームになるには苦しんだり悩んだりしないとできないと思う。
今は必要な試練の時かもしれないとも思う。
こういう時にこそサポーターの応援が実は必要な気がするんだなぁ・・・・。


僕はつぴぃさんの文章はとてもとても好きだけどね。

シニカルな観戦態度というより素直な感じが出てとてもいいと感じる。

何も文章なんか直す必要もないしね、いつもステキな話を書いていらっしゃるのでファンも多いと思うなぁ。

まぁ僕のようにとんでもなくポジティブ思考の人間は周りの人間から見れば変人に入るらしい。(特に娘からは呆れられているのねぇ)

なんとも人生はままならないものなんだねぇ・・・・。

投稿: 東京坊主 | 2007/05/08 10:40

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

あー、自転車に乗りながら東京の応援歌を歌っちゃうときってありますよ~、そういえば。最近はめったにしないのですっかり忘れていましたが(笑)。やっぱりチームの調子がよくないと、鼻歌も出てこないですね。

さて、明日は国立ですね。とりあえず気温だけは高そうなので「ビールでも飲みに行くか~」というつもりで出かけてきます。

投稿: つぴぃ | 2007/05/08 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/14979074

この記事へのトラックバック一覧です: 降れば土砂降り:

« これから出発 | トップページ | 自転車用の地図 »