« たとえ敗れようとも | トップページ | 100キロ走ってみた »

2007/05/10

烏合の衆

Jリーグヤマザキナビスコカップ グループリーグ第5節 東京VS横浜FCは、0-1で東京の敗北。

あまりの惨状に、言葉も出ない。

普通なら、試合を重ねれば重ねるほど、連携がよくなりチームとしてまとまるはずなのだが、やればやるほど悪くなる。例によって、パスは横か後ろにしか通らず、攻撃の起点は苦しまぎれのロングボールだけ。そうでなくてもシュート精度は最悪なのに(試合前の練習の場面でさえ、滅多にネットを揺らすことがない)、そんな攻撃で得点が入るわけがない。

得点力が皆無のチームと対戦するほうは実にラクだ。1点さえ取れれば、まず負けることはないのだから。その1点は、セットプレーでもPKでも何でもいい。1点先制すれば、後はのんびり守っていればいい。東京の攻撃はワンパターンだし、怖がることはない。これで勝ち点がもらえるのだから、これ以上のカモはいない。

試合は最下位付近を低迷する2チームにふさわしい低調なものだったが、それでも1本のFKを決めた横浜FCがその1点だけを守りきって勝利を収めた。東京は横浜FCと対戦しているというよりは、自らの前に立ちふさがる目に見えない壁を壊そうともがいているようで、今回もやはり自滅。味スタだけでなく、国立でもすべったりコケたりする選手たちを見て、ものすごく悲しかった。

「チームとして機能していない」と、毎回のように書いてきたが、昨夜はそれが極まった感がある。彼らは、普段から同じ場所で練習しているチームメイトなのだろうか。まるで、1時間前に初めて出会った人々がいきなり集まってサッカーを始めたみたいだったよ。まさに「烏合の衆」、11人いても11人分の働きさえもしない。開幕時にはほんのわずかのズレだったのかもしれないが、今や亀裂はあまりにも深くなってしまっている。後は崩壊を待つのみ……というより、もう崩壊しているのかもしれない。

ここまで来ると、「監督交代」という言葉にも現実味が漂ってくる。

だが、これは最後の劇薬。使うにはよくよくの覚悟が必要だ。第一、後任が決まらなければ使えないし。

使えば、一時的には勝てるかもしれない。監督交代は、一時的なカンフル剤にはなりうるからだ。だが、問題はその後。とりあえず残留できればいいのか、それともチームを根本から作り変える土台工事からやり直すのか。昨年の倉又さんは前者だった。理想をいえば、後者の仕事をしてくれる人物を新監督として迎えたいところだが、これだけ負債を抱えたチームをあえて引き受けようという豪傑はなかなかいないだろう。

私自身は「交代もやむなし、したほうがいいのでは」という気持ちだけれど、ダンナはもっと現実的で「こんな酷いチーム状態なのに1万5千人も入るのだから、営業的に見て現監督を切る理由がないんじゃないの」だってさ。彼の予測は「低迷するもシーズン終盤に何とか帳尻を合わせて残留し、みんな前半のことはサッパリ忘れて「ヒロミありがとー」と喜んで続投が決まる」というもの。なんかそれもイヤな未来だな(笑)。でも3年ばかりこんな調子できていることも事実だけど。

週末の試合では、あえてスタジアムへ行かないという選択肢もあるだろう。あるいは、ゴール裏に場所を移してとことん応援するとかね。私はただ見届けるのみ。すみません、他人ごとのようで。でも、私の寿命よりも長く続くであろうクラブの歴史の中では、この苦しみは一時的なものだと信じていますよ。だからこそ、声出し応援も飛び跳ねもしないし、拍手さえあまりできないけれど(1月下旬の落車で負傷した指がまだ治らないのさ)スタジアムには通うのだ。

さて、土曜日にはさらにどんな惨状が待っていることやら。……え、「イングランドDay」とな? うわ、恥ずかしいなあ。英国人の皆さんにあんな幼稚園サッカーみたいな試合を見せたくないよ……。それに、また惨敗したら「にわかフーリガン」が暴れるかもしれないしね(シャレにならんな)。


*一応、現地には行って写真も撮ったけど、むなしいので写真はナシ。外で飲むビールはうまいはずだったのに、何だかあまりおいしくなかったね……。

|

« たとえ敗れようとも | トップページ | 100キロ走ってみた »

コメント

まったく困ったちゃんだなぁ・・・このチームは・・・・。

なんともお恥ずかしい試合の連続でもある。

いったいぜんたい我がFC東京のスピーディーでスリルあるサッカーはどこにいってしまったんだろう。(そんなものは端から無いとうツッコミがありそうだが)

昨日は平日開催ということでお子ちゃまは少なく仕事帰りのみなさんでいっぱいだった。
ビールがことの他好調に売れていたから、きっとゴールラッシュでみなさんご満足いただける日になるんではないかと淡い期待をしていたんだが・・・。

人生はそう甘くは無いのねぇ。


僕の後ろには顔を真っ赤にしてお怒りになっているおじさんがいたんだが、怖くて目をあわせられなかった。
座った当初はとても紳士な雰囲気だったが、ビール片手に試合が進むにつれ変貌していった。
試合後のゴール裏は白けている感じと殺気立っている感じと妙に混ざり合った空間になり、国立の夜空には星が見えなかった。

きっとお星様も嘆いていたのかもしれないなぁ・・・・。


人間不思議なもので「怖いもの見たさ」という感覚がある。
いったいどこまでこの連敗地獄が続くんだろうと開き直ってしまう自分がいる。
「毒を食らわば皿まで」という心境にもなる。
何だか「あしたのジョー」を思い出すなぁ。(パンチドランカーになりそうな感じ)

きっと後ろにいたおじさんも一縷の望みが断ち切られたような感じになったんだろう。
(チームの調子が悪い場合はビール販売を控えたほうがいいとメッセージボードに投書してやろうかとも思ったがやめとこう・・・もしかしたら本当に検討しかねない気がするからなぁ)

つぴぃさん、まことにごもっとなお叱りで頭が下がります。

それでも希望を胸に応援するしかないような気がします。

お子様でも「出来の悪い子ほどかわいい」という話もあるじゃない。
このチームを見放したらこの先どうなるんだろうと、とてもとても心配になってきます。

次の土曜の味スタは気分を変えてG裏で応援してみたらどうですか?
何もピョンピョン飛び跳ねることも無いと思う。
(僕は飛び跳ねるというより身体を動かすという感じなんだけどね)


どうにも明るい兆しがないチームではあるが、それでも勝利を信じてしまう。
たとえ裏切られても夢を見るのはとてもステキなことのように感じる。

つぴぃさん、きっと土曜は「眠らない街」が味スタにこだますると思うんだなぁ。

投稿: 東京坊主 | 2007/05/10 19:19

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

東京坊主さんみたいなかたが「メッセージボード」の返答を書いていれば、あの場もあそこまで殺伐とはしないだろうにな~なんて思ってしまいました。なんか関係のない返答ですみません(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/05/10 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15018107

この記事へのトラックバック一覧です: 烏合の衆:

« たとえ敗れようとも | トップページ | 100キロ走ってみた »