« これから浦和戦 | トップページ | 動く自転車屋 »

2007/06/18

これが限界か

Jリーグ第15節 東京VS浦和は、0-2で東京の敗戦。
もう15節目なのに、ホームでまだ2試合しか勝っていない。

Rimg0040_4
↑いつもご苦労様です


敗戦の場合、いつもはグダグダと文句を書くのだけれど、なんだかあまりそういう気分にならない。ヒロミが言うように、中盤の若手が前半は寝ていたのかもしれないし(個人名を挙げて叱責するのはどうかとも思うけど)、前半はパスミスも多かったし、自分たちのリズムで攻撃しているときに得点できなければ、ゴールは決まらない。でも、総じてよく戦っていたのではないかと思う(2失点目の後は、緊張の糸が切れてしまったみたいで残念だった)。

「よく頑張った」。
でも、もうこれが限界。

川崎戦に負けたときと同じように、今回もフツーに格上のチームに負けたという印象だった。

浦和はチームとしてとにかくバランスがいい。ボールをもっただけでゴールの予感がするようなガタイのいいストライカーがいて、スピードがあってよく動くFWがいて、セットプレーにも強い背の高いCBがいる。サッカーのチームであれば当たり前のことかもしれないけど、どれも東京には欠けた要素ばかりだ。

今の東京(特に前節・今節のメンバー)には、決定的なFWもいなければCBもいない。ゴール前で泥臭く仕事をするFWもいないし(赤嶺がいれば……)、コイツに蹴らせれば安心!というフリーキッカーもいないし、セットプレーを生かすヘディングの強い選手(修行中が約1名)もいない。唯一の武器はミドルシュートだけだ。

極端にいってしまえば、フィールドプレーヤー10人が全員中盤の選手みたいなものなのだ。今野も藤山も頑張ったが、限界はある。シュートは20本以上打ったけれども、入る気配はほとんどなかった。それでもほぼ互角にやっていたのは才能豊かな選手たちがいたからだけど、やっぱりムリがある。出場機会がないとボヤく中盤の選手がいないのはよかったかもしれないけどね。

「よく頑張った」というのは、FWもCBもいないのによくやっているな~という意味。でも、このままで今シーズンを乗り切れるとはまったく思えない。特に後半は、梶山と伊野波を欠くことが多くなるだろうし。

ヒロミの頭の中では、ワンチョペもエバウドも「構想外」なのかもしれない。茂庭についても、8月から本格的に使えるのかといえば「?」マークが浮かばざるをえないような。もしそうだとするなら、7月に補強をしないと本当に大変なことになる。

ここ数年の東京の海外スカウトはまったく信用できないので(笑)、もし補強するのであればJリーグの他のチームをあたってほしいところ。監督とうまくいかずに干されている選手や、出場機会がなくてうずうずしているような選手をぜひ連れてきてもらいたい。具体的にどんな選手がいるのかについては知識がないので書けないけれど、そういう選手っていないわけではないと思うし。

とにかく、このまま続けるのはもう限界。
それだけを、改めて確認した試合となった。

Rimg0032_3
↑タコス屋は国境の向こうに


浦和戦ということで、2時間前にはスタジアムに着いたわけだけど、意外と席が埋まっていなくて拍子抜けしてしまった。試合開始直前には埋まるのかと思ったら、アウェイゴール裏の2階には空席もあったし、バックスタンド1Fアウェイ側はガラガラ。タコス屋スペースは占領されちゃったけれど、ユルネバも完全にはかき消されなかったし、浦和サポはどうしちゃったんでしょう?などと(負け惜しみではないけど)思ってしまった。

チケットは完売したらしいのに、3万8千人くらいしか入ってないし。4万人を越えない浦和戦なんて。というか、東京ファンが来なかったのかな。ホームで2勝しかできてないから、スタジアムへ行く足も鈍るだろうしね。

自転車で味スタへ来ている浦和サポもけっこう多かった。みんなどのへんから来るんだろう。意外と近場だったりして(笑)。

あと、予想に反して、スティックケーキは売切れにはなりませんでしたとさ。解凍が間に合わなくて、半分凍ったものを食べるはめになった人もいたみたいだけど。

「倉敷実況で勝てないの法則」は前節で破られたと思ったんだけど……。川勝さんも気にしてたな(笑)。

Rimg0033_2
↑ビミョーすぎる新商品。造形もよくないし

|

« これから浦和戦 | トップページ | 動く自転車屋 »

コメント

スティックケーキは1本300円だったのねぇ・・・・。

僕は2~3本くると思い込んでいたからちょっと哀しかった。
でも美味しかったねぇ。

それにしても完敗じゃなかっただけに悔しかった。
22本ものシュートが入らないというのは運がなかっただけなのかなぁ?
あんなにキーパーがスッテンコロリンしているわけだからとりあえず枠にいけば入るような気もしたんだが、不思議でしょうがない。

赤いユニフォームがゴール前に張り付いていたのは致し方ないんだが、やみくもシュートでは厳しいんだろうねぇ。

つぴぃさん、段々チームとしては良くなってきているような気がするが逆に先というか限界も見えてきたのも確かかもしれない。

なんというか最後にねじこんで引き分けるような力がないのかもしれない。
こういうのを勝者のメンタリティが足りないというのかもしれないなぁ。

何だか事情がわからないが、途中ワシントンが切れて田中達也に食って掛かっていた。
まぁそんなことはどうでもいいのかもしれないが、梶山の何度ものスルーパスに反応しない(できない)味方に梶山が激怒するようなことがないとだめではないかと感じてしまう。

そういう細かいところが最後にはゴールにつながるんではないかなぁ。

梶山「ごぉらぁーーーーノリオーーースルーパス反応しろよーーーー」
ノリオ「おーーーーーわかったよーーーもっともっとパスだせよーーーー」
梶山「がぁーーーーーリチェーリーーーーここで反応すりゃぁー1点だぞーーーー」
リチェーリ「オゥーーノーーーー(ポルトガル語ではなんというのか)梶山さぁーーーん、もっとわかりやすい優しいパス欲しいねぇーー」
梶山「ぬわぁんだとーーーそれじゃぁー相手に獲られるだろぉーーーーしっかり走れーー」

まぁ練習ではどうなのかわからないが、もっと仲間を信じて走るようになればもっともっとよくなるように思うんだなぁ。

つぴぃさん、オシムじいさんではないが「限界が見えたらまた新たなる限界がでてくる」ともいうじゃない。

僕はヴァンフォーレ戦で梶山のスルーパスにみんなが走りこめるかどうかを見てみたいなぁ。

それにしてもチケット完売でまたもや空席が目立っていた。
レッズサポのみなさんがアウェイゴール裏に無理に移動していたんだろうと思う。
まぁ気持ちはわかるんだけどねぇ・・・・。

あのラッシュアワーのような空間が実は心地よいということもあるんだよねぇ・・・・。

投稿: 東京坊主 | 2007/06/18 12:37

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

そうそう、せっかく味スタの「すべる芝」が12番目の選手として頑張っていたのにねえ(笑)。もっとチャンスを生かせればよかったのですが。

ワシントン、どうしても自分で得点を決めたかったようで、最後にはピッチを叩いて悔しがっていましたね。そういうアグレッシブさが東京の選手には欠けているような気がします。ともかく、中断期間まであと3試合、できるだけ勝ち点を稼がなくては(アウェイゲームが多いのは朗報かもしれませんね。ホームでさっぱり勝てないし)。

投稿: つぴぃ | 2007/06/18 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15469289

この記事へのトラックバック一覧です: これが限界か:

« これから浦和戦 | トップページ | 動く自転車屋 »