« スカートを穿いてみた | トップページ | 思わぬ収穫 »

2007/06/06

キリンカップ

キリンカップ 日本VSコロンビアは0-0の引分け。
とはいえ、日本代表はキリンカップというタイトルを獲得した。


ボーっと見ていた一東京ファンの感想はこんな感じ。

モンテネグロ戦:「いいなー、東京もこんな試合ができないかなー。
何ヶ月も同じメンバーでやってるのに、どーして東京はいつまでたってもチームとして機能できないんだろうか」

コロンビア戦前半:「なんだ、代表も東京みたいな試合をすることもあるのね」
コロンビア戦後半:「ちゃんと走ってない選手が多いから東京はダメなのかなー」


何を見ても「東京、東京」なわけですな(笑)。

オシムのスゴさは、代表監督という立場にあってこそ発揮されるような気がする。

いったん「このような試合をしよう」と決めたら、そのプラン通りの試合を演出できるのが、オシムという監督。でもそれができるのも、プランを実現してくれる選手がいればこそだ。選手層に限りがあり、レベルも一定とはいえないクラブチームではなかなか難しいが、代表であれば目的にかなった選手を自由に配置できる。

うまく機能していたとは言いがたいコロンビア戦の前半も、こうなるとわかっていてあえてそのような試合をわれわれに見せたのだろう。キリンカップというそれほど重要ではない、それでも立派な「国際Aマッチ」を教材にして、選手を教育するだけでなく、彼は観客に「サッカーの見方」を教えていたのだ。

「A代表の試合を見るのがおもしろい」。そう思える日が戻ってきて、何だかうれしい。

しかしその一方で、東京の試合を見ていると「ジーコ時代の代表を見ていたときみたい」という気分になることがある。基本的に戦術とかそういったことはわからないので、あくまで「気分」の問題なのだけど。

いきあたりばったりな選手起用とか、選手たちがそれぞれバラバラにプレーしているように見えることとか、「このまま続けても、これ以上向上できないような気がする」と思わせてしまう閉塞感とか。でも、代表戦の場合は「見に行かない」という選択肢があったけれど、東京はそうはいかないからな~。

さて、日曜日は清水戦。昨年、初めて見に行った日本平で、ステーキサンドが食べられなかった……じゃなくて、惨敗したことを苦く思い出しますよ。ここ2週間、リーグ戦も主だったニュースもなくて、ちょっと物足りない日々を過ごしていたけれど、また心配したり怒ったり情けなかったりする日々が始まるのかと思うと、はたしていいんだか悪いんだか(笑)。いや、きっとワクワクできると信じましょう。

|

« スカートを穿いてみた | トップページ | 思わぬ収穫 »

コメント

いやあ,代表では,高原がずば抜けてましたね。あの人も,もとはJの磐田の人でした・・・・そういえばJの試合がないと,さびしいですよね。東京もこれからですから,ぜひ頑張ってください。

投稿: おじちゃん | 2007/06/06 21:03

おじちゃんさん、コメントありがとうございます。

磐田の高原には痛い目にあったことが……。そのころに比べると、海外に行ってからはイマイチだったのですが、フランクフルトという居場所を見つけたようでホッとしています。彼が本領を発揮するのはこれからですよね。

投稿: つぴぃ | 2007/06/07 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15332541

この記事へのトラックバック一覧です: キリンカップ:

« スカートを穿いてみた | トップページ | 思わぬ収穫 »