« 夜は味スタへ | トップページ | ツール・ド・フランスの夜 »

2007/07/15

ナビスコ終了。

Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝2ndレグ 東京VS横浜F・マリノスは、2-4で横浜の勝利。
アグリゲイトスコアが3-4となり、東京の敗退が決定。

先週のマリノスはさっぱり良くなかったという印象だったが、昨日の試合ではそれが逆転してしまったよう。東京はどこもいいところがなく、マリノスは気力も充実して面白いようにシュートが決まっていた。なんでこんなに相手のやりたい放題にやられてしまうんだろう!?というところは、開幕戦の印象に似ていたかも。

前半に早くも失点してしまい、こりゃ振り出しに戻ったな~延長も覚悟するか~と迎えた後半であっという間にまた失点。これで延長はなくなったが、ともかく危ういシーンの連続でマリノスの追加点は時間の問題という雰囲気が続き、結果的には4失点。

東京はゴールに嫌われていた場面もあったけれど、それより何より弱かったね。交代で投入された赤嶺と石川は良かったけれど、馬場は思い切り足を引っ張っていた。唯一の得点源の規郎もさっぱり目立っていなかった。あの天候とピッチコンディションだから、もっとミドルシュートを打つべきだったのにほとんどなかったのも残念。試合直前の練習でピッチ状態を把握できなかったのだろうか。すべる味スタの芝は、両者に均等にマイナスに働いていたようだったし。

入場者数の発表があったところで、見切りをつけて退席してタクシー待ちの列に並んでしまった(笑)。だから、めったに見られない金沢浄選手のゴールは見ていない。こういう貴重なゴールは、できれば決勝点とかそういう場面で見たかった。「焼け石に水」というシチュエーションではあまりに気の毒だ。あと、4失点という結果だけれど、茂庭は悪くなかったと思う。失点の多さは、CB以前の問題だった。

今年の東京は、いい時はいいけれど酷い時はとことん酷い。頑張って善戦したけど惜しいところで負けたという試合はほとんどないような気がする。勢いがあって波に乗れた時だけいいパフォーマンスが見せられるけれど、安定した戦いができるチームにはついぞなりえなかったということなのだろう。これが今シーズンの東京の現実。ちょっとイイ気になっていたけれど、現実を突きつけられての中断帰還突入というのはよかったかもしれない。

個人的には、もっと赤嶺を見たかった。決勝トーナメントに行けたのは他ならぬ彼の活躍があったからだし、ナビスコのラッキーボーイとして常に使ってもらいたかったな。

嵐の夜にわざわざタクシーまで使って皿とグラスを買いに行ったわけで、我ながらちょっとあきれちゃうね。まぁこういう日もあるということだ。もっとも、現在のチーム力でナビスコとリーグ戦の二本立てはキツかったかもしれないから、このあたりでケジメがついてよかったかもね。リーグ戦の後半はもっと頑張りましょう。


この日の午前中に、シーズン後半の年間チケットが到着。新席割り案に加えて、ファンクラブ通信でグチっぽい「村林裕コラム」を読んでから観戦に行ったもので、さらに気分は盛り下がった(笑)。わがチームは、ホームスタジアムでの売店ひとつ自由にできず、多摩国体開催前には流浪のチームとなる可能性があるという。

実はホームとは名ばかりで、大家さんの言いなりにならざるを得ない、立場の弱い店子というのが現実の姿。私は味スタが好きだし、飛田給付近は青赤に染まりつつあるけれど、これは一方的な片思いにすぎなかったのね(笑)。そんなホームじゃそもそも勝てっこねーよな……と、味スタでの勝率の低さにも妙に納得してしまう今日このごろのだった。

私自身は、今シーズンの東京には大いに不満だけれど(監督の人選や選手補強・放出を含む)、年間チケット販売枚数は06年を上回ったらしい。つまり営業的に考えると、現在の方針が継続されるのだろうと思わざるを得ないわけで、それもまた盛り下がる要因のひとつ。

そういえば、「席割り案について、意見を聞かせろ」と書いてあるわりには、その送り先が書かれてないな。下のほうに電話&FAX番号やe-mailアドレスが書いてあるけれども、締切日だけでなくどのような方法で意見を送ればいいのかも書くべきで、不親切きわまりない。なぜ席割りを「案」のように変更したいのかがまったく不明だし、案には不満なので、意見は送るつもり。

|

« 夜は味スタへ | トップページ | ツール・ド・フランスの夜 »

コメント

明日は明日の風が吹く・・・・・(少し風邪ぎみなんだけどねぇ)

つぴぃさん、期待した分、昨日は一日沈んでしまった
ゴール裏でずぶ濡れになりながら応援していたんだが、後半一番声を出したのは「意地みせろー」コールでもあった。

なんとも一瞬でも歓喜の国立優勝シーンを思い描いていた自分がお恥ずかしい限りです
(ちなみに対戦相手はガンバでチンチンにこの間の借りを返すような展開なのねぇ)

試合前にクラブから後半戦のチケットやらファンクラブ通信やら送られてきたが「こんな大事な日に送ってくるとは何事だぁーー」とちょっと気の利かないクラブにご立腹してしまったんだが、試合後にちゃんと読んでみて「ふぁ・・・・・・・・ほえぇ・・・・・・」という気になった。

まぁ現実いろいろクラブ運営には大変なご苦労があるのはお気の毒な気もするんだが、
ここは村林さん「死ぬ気でがんばっていただきたい」と切にサポーターの一人として願います 

実は千葉ロッテマリーンズの前身「ロッテオリオンズ」時代からのファン歴35年の東京坊主からのアドバイス  

ロッテ低迷期の大きな失策はファン無視の長年のオーナーのワガママ及びフロントの怠慢が招いた結果です
(ちなみにガムが売れないからと広岡総監督を解任したのは有名な話、その他宮城県は遠いといって毎回満員になっていた宮城球場から川崎球場に移転、地域密着の精神なんてまったくないのねぇ・・・・)

いろいろなチームを参考に素晴らしいクラブ運営をしていただきたいと思うがホームスタジアムのことで行政と闘うことがもし必要なら行動していただきたいと思う。

ロッテは川崎球場の老朽化を川崎市と何年もの交渉をして千葉に移った経緯がある。

ファンはそれを支持し、またより多くのファンを勝ちとった経緯がある。 

ホームというのは多くの人の心の支えでもあるんだなぁ・・・・                               

投稿: 東京坊主 | 2007/07/16 12:09

席割り案は、その提案のやり方含めて納得行かないですよね。
代替案を言わないと相手にされそうも無いので、それも含めてちゃんと言おうと思っています。
SBにするのは構わないけど、それは中央部分だけで十分かと。そんなに埋まるわけないし(笑)。GⅡをゴールエリアの延長戦くらいまで広げてくれれば個人的には妥協しちゃうかな。
U席SOCIOは国立開催のときのエリア分しかいないので冷遇されている気がしてなりません。

投稿: U席おやじ | 2007/07/16 12:34

東京坊主さん、コメントありがとうございます。風邪は大丈夫ですか? 雨の中、お疲れさまでした。

ロッテオリオンズ時代の話はまったく知らなかったので勉強になりました。こんなしょぼいブログのコメントにおさめておくのはもったいないので、ぜひクラブにメールなりお手紙なりすることをおススメします(というか、そうしてください!)。

あー、大金持ちになってポンとスタジアムを寄付したいなあ(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/07/16 12:54

U席おやじさん、コメントありがとうございます。

なるほど、国立でのU席がU席SOCIOの数だったのですね。そういわれれば確かに数は少ないかも……。

席割り変更案、浦和戦でチケットを数千枚も売り損ねたことが原因のひとつなのでしょうね。SB席の位置までホーム側にしたかったからあんなことになったのですから、SB席をもっとホームゴール裏寄りにすればいいような!? 

投稿: つぴぃ | 2007/07/16 13:00

はじめまして


私は【おとなのコラム】というサイトの運営スタッフです。
ここで、読者の方々からお送りいただくコラムなどの書き物を毎週掲載しています。
そして、楽しい、素敵な文章を書く方、アートを描く方を日々探しています。

もし宜しかったらサイトに遊びにきていただけませんか?
お待ちしています。

簡単ですがご挨拶です。
失礼いたしました。

投稿: 【おとなのコラム】 | 2007/07/16 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15761835

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ終了。:

« 夜は味スタへ | トップページ | ツール・ド・フランスの夜 »