« さよならワンチョペ | トップページ | 立川でイタリアン »

2007/07/02

鹿島に逆転勝利!

Jリーグ第18節 鹿島VS東京は1-2で東京の逆転勝利。
東京はリーグ戦で初めて、アウェイで鹿島アントラーズに勝つことができた。

いや~、前半と後半でこれだけ印象の変わる試合も珍しいね……そういえば前節もそうだったのだけど(苦笑)、今まではどちらかというと「前半はよかったのに後半ダメダメ」というパターンのほうが多かったから。後半に見違えるように良くなって、逆転までして、鹿島で勝ち点3を獲ってしまうなんて、スゴいじゃありませんか!

それでも、最後の最後までどうなるかわからない展開で、もし現地で(あるいは生放送を)見ていたら、心臓がバクバクするというか、もだえ苦しむというか、そういう感じだったんじゃないだろうか。現地観戦された人は、一生の宝になったことだろう。うらやましい。

前半は本当によろしくなくて、大敗した前節を引きずってしまっているのだろうかとか、こりゃダメだとか、結果を知った上で見ていてもそう思ってしまうような内容だった。1失点ですんでよかった。鹿島が追加点を取れなかったのが、東京の勝利につながったのだろうけれど。

どう立て直すのだろう?という後半立ち上がりに、福西が2回も決定的なチャンスをつくる。それをきっかけにしたように、東京がよみがえったように(この段階ではメンバーも代えていないのに)元気を取り戻して猛攻開始。右サイドをやらされて大丈夫か?と思われたリチェーリもスピードを生かして走り回って、相手を翻弄。いわゆる「東京らしい」形になってくる。

ルーカス、規郎のゴールで逆転した後の選手交代は、リチェーリ→馬場、ルーカス(負傷交代)→赤嶺、そして守備固めにいったはずの福西→茂庭だったが、この最後の交代が思わぬドラマを生んでしまう。後半87分にペナルティエリア内で茂庭が相手選手を倒し、PKに。審判の判定のほうがおかしいと思えるプレーだったが、ペナルティエリア内で軽率なプレーをする茂庭のほうにも問題がある。

相手のキックは幸いにしてポストにはじかれ事なきを得たが、本当に信じられないような展開だった。しかも、TV画面に映る茂庭の表情は何ともしまらないニヤケ顔で、これが彼のキャラクターだとわかっていても、「今のチームの苦境を何と思ってるんだ!」とどやしつけたくなったりもして、ちょっと後味が悪いものであったことも確か……。キミが戻ってこないから、こんなに苦労してるんじゃないか。頼むよ、モニ!ってね。

それでも、勝ったことは本当に喜ばしい。規郎は一気に東京のゴールゲッターとして開花した印象だ。左足からあれだけ強いシュートを打てる選手はなかなかいないのではないかと思うし、彼の攻撃は迫力と爽快感があって、見る者に喜びをもたらしてくれる。しばらく忘れられていた「ノリカル」という名前が、ここへきて急にクローズアップされてきたみたいだし、彼を見たいがために東京の試合を見てみようかと思うお客さんも増えてくるんじゃないかな。

で、やはり気になるのが、試合後に号泣していたという今野のこと。失点の原因をつくってしまったことや、ふがいないチーム(自分?)への怒りなどから感極まってしまったのかと思っていたのだが、スカパー中継でのヒロミコメントを聞くと、「今ちゃんは東京から去ってしまうのか?」と勘ぐりたくなってしまう。

この発言を、ほぼ正確に文章に起こしてみると、こんな感じ。


遠藤「最後に茂庭を入れたじゃないですか。守備固めというのもありましたし、あと、早く彼をグループに戻したいというね、原さんの配慮もあったと思うんですが」

ヒロミ「戻ってこないからねえ。そしたらPK取られてるし。もうぶっ飛ばしてやろうかという感じだったよね。まぁでも、茂庭の力がやっぱり今後ね、今野もたぶんいなくなるだろうし、やっぱり今見てると、どこのチームも、藤山のところにでかい選手をつけてきて、今日の鹿島でも、つながれるよりもそこに放り込まれてなだれこまれると。それが多いんで、やっぱり茂庭には一日も早く、こういうゲームをやりながらでも戻したいと思って使ったらPKだから、あちゃーっと思ったんだけど」


いかに茂庭の復帰を心待ちにしているかという趣旨だったけれど、さらっと言った「たぶんいなくなるだろう」発言がすごく気になってしまうのだ。ヒロミの言う「今後」が「7月のナビスコ杯」のことであって、「いなくなる」が「アジアカップのため」ならいいんだけど、なんとなくそんなふうには聞こえなかったんだよね……。

アジアカップのため、これでリーグ戦は一時中断。でも、今シーズンはナビスコに勝ち上がったおかげで、来週も試合がある。アジアカップも見るだろうし、今もワールドユースやコパ・アメリカを見ているけれど、やっぱり東京の試合がないとつまらない。7月に試合がある喜びをかみしめなくては。

ワンチョペ、円満な退団のようでよかった。ゴールは少なかったし、お互いめざすサッカーが違っていたから残念な結果になってしまったけれど、少しの間だけれど楽しい思いをさせてくれたことは忘れない。次のサッカー人生に幸あれと祈りたい。

|

« さよならワンチョペ | トップページ | 立川でイタリアン »

コメント

本当に、早くモニには完全復活してほしいです。
ジャーンの抜けた穴も大きいなぁ。
今野は頑張ってるけどやっぱり本職じゃないし。
今年は攻められているときはドキドキしっぱなしです。

今野はやっぱり移籍しちゃうのかな?海外でしょうか?
うれしいような悲しいような・・・

投稿: ussy | 2007/07/03 07:20

ussyさん、お久しぶり&コメントありがとうございます。お元気になられたようで、安心しております。

本職でないポジションを黙々とこなし、チームの調子が悪いのは自分が悪いんだ!みたいに思いつめているような表情を見ると、解放してあげたいと思ってしまったりもします。他のJ1チームに行くのならブーイングのひとつもしそうですが、海外修行だったら「頑張ってこいよ」と素直に送り出す気分になりそう……。

投稿: つぴぃ | 2007/07/03 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15625240

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島に逆転勝利!:

« さよならワンチョペ | トップページ | 立川でイタリアン »