« ノリあがってまいりました | トップページ | 初夏の花 »

2007/07/10

アジアカップ開幕

アジアカップ グループリーグ初戦 日本VSカタールは、1-1のドロー。
後半終了間際に失点した日本は、土壇場で勝ち点3を失った。

基本的に、TVでサッカーを見始めるときはあまり集中していない(東京の試合は別だけど)。見ているうちにいい試合だと思えば真剣に見始めるが、ほとんどBGV状態にしたまま終わってしまう試合もある。アジアカップのこの試合は、どちらかといえば後者。総じて、あまり見どころのない試合だったと思う。もっとも、大半の日本代表の試合がこんな感じなんだけど(U-20W杯はすばらしかったのになー)。

そんなわけなので、ムリヤリ興味をつなぐといえば、我らが今ちゃんに注目するほかない。東京ではすっかりCBになってしまったけれど、今回はなんと左SB! しかも、無難にこなして何度も上がって攻撃の起点になり、唯一の得点を演出(右足アウトサイドでのキックですよ!)してしまったのだから、今野の起用に関してだけはオシム監督も「しめしめ」などと思っているかもしれない。今では昔からガンバの人だったような気がする加地選手に比べると、左サイドのほうがずっと(いい意味で)目立っていたよ。NHKの解説の山本が「今野はうしろの選手だが、ボランチなんかもできますからね」などと本末転倒な解説をしていて、苦笑してしまった。

終了間際の失点については、「サッカーにはこういう展開もありうる」という以外、何もコメントしようがない。ただ、カタール人には珍しいような名前(セバスティアン!?)のあの選手はその前にもいいボールを蹴っていたし、日本は集中が途切れていたのかなというところ。気温約35度という暑さと湿度の影響もあっただろうし、このままで終わればいいやという油断もあったのかもしれない。この引分けを薬にして、次節以降に臨めばいいということだ。

同グループ内では、ベトナムがUAEに歴史的勝利を収めたりもしてなかなか順位が読めない状況。日本とカタールが引き分けてしまったことで、ますます混沌としてきそう。開幕直後はスロースターターで、決勝戦に向けて調子をあげていくというブラジルみたいな戦い方を日本ができるとは思わないけれど、アジア王者としてそのくらいの余裕を見せてもらいたいものだ。

コパ・アメリカの「メキシコVSパラグアイ」を今ごろ視聴。試合開始1分でのパラグアイキャプテンの致命的ミスからのPK献上(&GK退場)が、試合のすべてを決めてしまった印象。試合の入り方を間違えてしまうと、堅守を誇るパラグアイでさえも惨憺たるありさまになってしまうという、サッカーの恐ろしさを見たような気がした。

試合解説の一角には、元東京の福田健二選手の姿があって、ちょっとうれしかったかな。メキシコ&パラグアイの両国リーグで選手として活躍し、かつてのチームメイトも出場しているということで、口数は少ないけれど興味深い解説をしてくれた。まだ来シーズンのチームは決まっていないみたいだけど、彼にはできればもう少し海外で活躍してほしい。日本という小さなスケールには収まりきれない選手のような気がするから。

|

« ノリあがってまいりました | トップページ | 初夏の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15712744

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ開幕:

« ノリあがってまいりました | トップページ | 初夏の花 »