« 再びツールに激震 | トップページ | 収穫も何もナシ »

2007/07/26

真剣味の違い

アジアカップ準決勝 日本VSサウジアラビアは2-3でサウジアラビアの勝利。
日本は準決勝で大会から去ることになった(3位決定戦はあるけどさ)。

帰宅したらちょうどイラクVS韓国のPK戦が始まるところだった。韓国を応援しているわけではまったくないのだが、韓国が敗退したことで、な~んかイヤ~な予感がし始めたのだった。個人的願望としては、日本VS韓国の決勝で、日本に優勝してもらいたかったから。

もうひとつの願望としては、90分で試合を終えてほしいということがあった。もちろん、決勝戦を考えて体力の消耗をおさえておきたいと思ったからだ。希望通り、90分で試合は終わったんだけど……。

2失点目までは、失点後にすぐに取り返すことができた。でも、前節のオーストラリア戦でも同じような展開だったけど、うまいことはそうは続かないものだ。

負けた理由はいろいろあるだろうけれど、全体的には「どちらのチームのほうがより真剣に勝ちたいと思っていたのか?」ということに尽きると思う。日本はボールは支配していたけれども、サッカーというゲームはポゼッションを競うゲームではない。どんな形であろうとも、ゴールを決めたほうが勝ちなのだ。

日本は相も変わらずボールをまわし、バックパスをするばかりでなかなかシュートを打たない。相手をナメているのか、最後には勝てると思っているのか、スコアで負けていてもなおボールをまわすばかりなのには失望した。もともと相手は「守ってカウンター」のチーム。日本も負けずに放り込んでもよかったのにそれもせず、ミドルシュートも打たず、ペナルティエリア付近でグルグルまわすばかり……。

ようやく真剣に放り込み攻撃をするようになったのは、後半ロスタイムも近くなってからだろうか。そこまでいかないと目が覚めないのか!?と、かなりガッカリした……というか、このときの気分は、典型的な東京の負け試合のときのそれに近い(笑)。ダメなときの代表って、東京とダブることが多いのはなぜだろう。それとも、他のJチームのファンも「なんかだめなときのウチに似てる」って思ってるのかな(だからこそ「代表」なのかも!?)。

結果としては日本にはいい薬になったのではないかと思う。が、私はオシム監督にはずっと指揮をとっていてもらいたいので、この結果いかんで彼の進退問題に発展してしまったりするのはすごく困る。なんだか今朝のスポーツ紙の見出しが見えるようだよ……叩かれるんだろうなあ。日本サッカー協会には、将来の日本のサッカーにどうなってほしいのかをしっかり見極めたうえで、軽はずみな発言を謹んでもらいたいと思う。

ま、それはそれとして、次は3位決定戦だ。相手は韓国だが、疲れているレギュラーメンバーは出場させないかもしれない。つーことは、今ちゃんとか伊野波が出るかも? 東京ファンにとっては、次の試合のほうが楽しみかもね(笑)。

で、本日はFCソウル戦。もちろん行く気満々なのだが、いろいろ忙しくてキックオフに間に合うかどうか……それどころか試合が見られるかどうか。久々の東京の試合だから、ちゃんと見たいな~。頑張るぞ!(何を?)

|

« 再びツールに激震 | トップページ | 収穫も何もナシ »

コメント

何だかなぁ・・・・ちょっと元気がでないよなぁ・・・・

お調子者の僕は日本代表の優勝を信じてTVに噛り付いて見ていた訳なんだが、普通にサウジアラビアは強かった。
その前の韓国とイラクの試合を見て、嫌な予感はしてしまったんだが、それでもロスタイムに入っても負ける気がしなかった。
選手は呆然としていたが、何かこんな筈じゃなかったというキツネにつつまれたような気がしたなぁ・・・。

まぁ采配とかそういうことは別にしてサウジアラビアの突破力は素晴らしかった。
単純にゴールに向かう姿勢とでもいうのかなぁ・・・・。
ここぞというときのカウンターの切れ味、こりゃ厳しい現実だなぁ。


高温多湿で過密スケジュールの日程、選手やスタッフのみなさんにはお気の毒なところも多々あったが、これもサッカーということなんだろう。

僕は3位決定戦での日本代表が楽しみでもある。
フレッシュなメンバーとオシム監督もいっているからFC東京メンバーだけでなく太田や川島も活躍してもらいたいなぁ・・・・。

日本サッカー協会もスケジュールを今後もっと考えてくれるキッカケにもなるかもしれないし、敗戦から学ぶことも多いような気がする。

アジアのベスト4は胸を張れる結果だと思うけどなぁ・・・・。

つぴぃさん、勝利への意欲というのかメンタリティというのはなんともいえないが、今回イラクの選手やスタッフの言動や行動を見るとちょっと次元が違うのかもしれない。

荒廃した祖国のため、国民の希望のために戦うという姿勢がすごく見て取れた。
別に日本代表チームのみなさんが無理に日本国民のためにという話をする必要もないし、普通にサッカーの試合をして構わないが、他の国で人間として生きるためにピッチにいるというチームがあることに驚いた。
これは開催国のタイやベトナムにも感じたことなんだが、このアジアカップは連覇やコンフェデやそういうことではなく何というか、ただただいろんな人への希望を叶えたいという強い願いがあるチームにサッカーの神様が微笑むところがあるんじゃないかなぁ・・・・。

僕はオシムさんのいう素晴らしいサッカーをしたのは日本代表チームだけだと今も思ってはいるんだけどね、でももうちょっと努力しなさいと神様がいってるような気がする。
それには代表チームだけじゃなくファンやサポーターにもいえるのかもしれないなぁ・・・・。

投稿: 東京坊主 | 2007/07/26 16:33

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

日本にとってはそれはサッカーの1試合でしかなくても、もっと大きな意味をもっている国もあるんですよね。イラクが決勝へ進んだことは素直に喜ばしいと思います(喜びすぎて命を落としている国民がいるのが残念ですが)。

3位決定戦は日韓戦になったし、決勝戦はイラクVSサウジというすごく興味深い対決になったしで、両方とも楽しめそうな気がします。

投稿: つぴぃ | 2007/07/27 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15902619

この記事へのトラックバック一覧です: 真剣味の違い:

« 再びツールに激震 | トップページ | 収穫も何もナシ »