« 真剣味の違い | トップページ | 蝉時雨の中を »

2007/07/27

収穫も何もナシ

プレシーズンマッチ 東京VSFCソウルは0-0のドローで終了。

公式には「プレシーズンマッチ」らしいのだが、内容は平日の小平でよく見るような「練習試合」だった。しかも、得点がまったく入らないのだから練習試合以下かも。こんな試合の会場として国立競技場を使い、実態はともかくとしてそれなりのランクのレフェリーを呼んでくるなんて、豪華ですね(笑)。

4月の日記で「地味にやって、地味に終わって、誰も怪我をしなかったし、意外といい内容だったし、夏の夜のビールはおいしかったね、みたいなイベントになるのを希望」と書いたんだけど、ひとつを除いてその通りになった。こんなゲームに「内容」を求めた私はバカだったんだなあ。

昨日の夜のイベントをひとことで表わすなら、「国立競技場ビアガーデン(ただし缶ビールのみ)」かな。その余興として、生でサッカーの試合も見ることができた(笑)。残念ながら、見どころはすごく少なかったけど。

とはいえ、今回の試合には「茂庭のリハビリショー」という側面もあって、その点ではけっこう面白かった。自作自演というか、自分で危機を作っては必死でカバーするみたいな場面が多くて、ネタかよ!?なんて思ったりね。まぁいいリハビリにはなったんじゃないでしょうか。そろそろレギュラーとして復活してほしいし。でもこの日のパフォーマンスじゃ、浦和には失点しちゃいそうだけど。

あとはあまり印象に残っていないなあ。スタメンが活躍したわけでもなく、かといって交代選手が活躍したわけでもなく、こんな試合でさえスタメンにつかってもらえない赤嶺は相変わらず不憫だった。気持ちを見せる選手というのは、このチームでは貴重だと思うのだけどね。そうそう、いろいろな意味で福西さんは目立っていたな。

そういえば、森村がスタメンだった。でもほとんど目立たず……というか、使われた場所が彼に合っていなかったのかも。2トップをおいたことは皆無ではないけど、基本はいつも1トップで両サイドに攻撃的な選手を置くというフォーメーション。そのポジションに合った選手がいようといなかろうと、いつも同じだ。選手に合わせたシステムを臨機応変に組むほうがいいような気がするけど、きっと素人考えなのだろうね。

昨日は本当に蒸し暑く、ビール飲みながらまったり見ているわれわれはお気楽だが、試合をしている選手のほうは大変だったことだろう。とはいえ、いちおう興行なんだし、失意の前半を過ごしたファンたちに向けて、もう少し希望をもたせてくれるようなゲームをしてほしかったというのが正直な気持ち。改めて「結局、今シーズンも目標は残留なのか」と思い知らされたようで、かなりガッカリ。おまけに、中断期間中の練習がまったく実になっていないこともわかっちゃったし。

応援もどちらかといえばソウル側のほうが元気だったかな。ソウルのピンチやチャンスがあると、「キャー!」と女声がまじった悲鳴が聞こえてくるのが新鮮だった。ソウルのファンって女性も多いのね。行きの千駄ヶ谷駅では、肩に赤黒マフラーを巻いたサラリーマンを数人見かけたりもして、東京にもこれだけ韓国サッカーのファンがいるのか~と感心したりもした。

そのわりには、内容はお互い低調だったけどね~(笑)。

ちなみに、観客は1万2千人台。韓国大使館がらみでタダ券を配っていたみたいだし、前座試合の早稲田関係者もかなりいたようだった。少ないと思う人もいるかもしれないけど、これでもよく入ったほうだと思うよ。

水曜から木曜夜にかけては本当に忙しく、いつものようにネットで情報も仕入れられずにいたら、いつのまにやらラスムッセンまでいなくなっていてビックリ! 昨日はツールも見られなかったので、これから少しずつでもビデオを再生していくつもりだけど……。う~む、いったい何がどうなっているんだ!?

|

« 真剣味の違い | トップページ | 蝉時雨の中を »

コメント

何だか不思議な試合ではあったねぇ・・・・

オールスターのようにスターの競演を楽しむというわけではないしなぁ・・・・
かといって公式戦のように本気で勝ちに行くモチベーションも足りない
新人の登竜門のようにハツラツとしたプレーを見せるわけでもない
なにせ新人が少ないメンバーだしなぁ
調整するだけにしては、ちょっと国立だしお金もとっているわけだし、なんともよくわからない

こりゃゴール裏での応援も中途半端な感じにもなってしまうよねぇ・・・・

昨日の一番の収穫はユルネバは、伴奏を最後まではしないほうがいいということを再認識したことと、FCソウルのサポーターソングがどこかで聞いたことがあるメロディでビックリしたこと

なんとも不思議な「真夏の夜の夢」ということなんだろうなぁ・・・・

つぴぃさん、帰りの電車で韓国からのサポーターがいたんだが、とっても楽しそうにおしゃべりしていた。
韓国語だから僕にはよくわからないが、親善試合で気持ちよくお帰りになったことだけでも国際交流ということでよかったのかもしれないねぇ・・・・。
まぁソウルで6万人で日本で1万2千人というのはちょっと申し訳ないような気がしたんだが・・・・。

投稿: 東京坊主 | 2007/07/27 19:32

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

ホント、韓国からわざわざ来てくれたソウルサポには申し訳なかったかなと思ってしまいます。もっとイキのいい東京を見せたかったですね。

投稿: つぴぃ | 2007/07/29 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15915454

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫も何もナシ:

« 真剣味の違い | トップページ | 蝉時雨の中を »