« 相変わらずの日々 | トップページ | 「多摩川すいすい自転車旅マップ」 »

2007/07/22

準決勝へ。

アジアカップ準々決勝 日本VSオーストラリアは1-1。
延長&PK戦の結果、日本が勝利し、準決勝へ進出。

できれば、90分で決めたかった。

前半も後半も、序盤は日本のペースでいい場面を何度もつくるけれども決めることができず、しだいに押し込まれていくという展開。オーストラリアはセットプレーも脅威になっていて、特にスローインで何度もチャンスをつくった。スローインがチャンスになるどころか相手ボールになってばかりいるJリーグのチームを応援しているもので(笑)、こういうところを見せられるとただただ嘆息するしかない(何に対して?)。

失点した後、すぐに取り返せたのはよかった。そのままの勢いで2点目が取れればよかったのだが、そううまくはいかないもの。オーストラリアのGK・シュウォーツァーはさすがにプレミアでもレギュラーを務めているだけあって、好セーブを連発。それでも、日本はもっと積極的にシュートを打ってもよかったような気がするけど。

退場で1人少なくなった後のオーストラリアは、延長&PK狙いへシフト。シュウォーツァーと川口だったら、フツーに考えればシュウォーツァーのほうが有利だと思ったので、絶対PK戦にはなってほしくなかったけれど、ここでもそうはうまくはいかないのだった。オーストラリア、ひとり少ないとは思えなかったよ。

ところが、PK戦が始まってみると、最初のキューウェルが失敗……じゃなくて、川口がスーパーセーブ。PK戦の場合、「キープレーヤーが失敗したチームが敗退する」という法則があるので、「こりゃイケるかも!?」と急に期待が高まる。法則通り、唯一得点を決めた高原がハズすというアクシデントはあったけれど、川口のおかげで日本が勝ち抜け。あ~よかった。

それにしても、オーストラリアがアジアに来てくれて、本当によかったと思う。今までアジア大会というと、アジアらしいサッカー(言葉でうまく表現できない……)がダラダラ展開して、あまりおもしろくなかったのだけれど、この試合はフツーに楽しめた。W杯やユーロとかで見ているような見慣れたサッカーだったし、しかも真剣勝負だった。日本がいい試合をできたのは、オーストラリアがちゃんと受けて立っていたからで、こんな試合をアジアカップで見られるようになったのは素直にうれしい。

逆にいえば、これから日本がアジアを勝ち抜いていくのがより大変になったということなのだが、アジアの良きライバルが増えたのはいいことではないだろうか。ライバルがいてこそ、自分たちも切磋琢磨して進歩していくことができるのだから。

さて、準決勝の対戦相手はどこになるのだろうか。サウジかな?と予想しているのだけど。

|

« 相変わらずの日々 | トップページ | 「多摩川すいすい自転車旅マップ」 »

コメント

ついつい観てしまいました。っていうか、ケンゴのことが気になって……(^^;)。すみません、まだまだサッカー初心者なもんで、名前と顔が一致しない選手が多くて、とりあえず知った顔から観てます(^^;)。でも、そんな初心者のわたしが観てても、面白かったです。最後、勝てて、本当に良かった。オシム監督がロッカールームに篭る気持ちもわかりました。

投稿: MIKA | 2007/07/22 22:39

MIKAさん、コメントありがとうございます。

そうそう、ごひいきチームの選手が気になるのが第一歩です! もっとも、昨日のウチの今ちゃんはイマイチでしたけどね……。ケンゴ選手は、わりと近所の高校の出身なので応援しています。いい選手ですね~!

投稿: つぴぃ | 2007/07/23 01:02

うへぇーーーーつぴぃさん、なんともオーストラリア戦はヒヤヒヤのPK戦だったねぇ。

たいてい押しているチームのほうが結果よくない場合が多いんだが、川口のビックセーブで救われた。
それにしてもなんとも守護神川口はPKの為にいるような気がしてならないなぁ。

昨日はサウジ対ウズベキスタン戦を見たが、普通にどちらも強い印象
まぁベスト8だから当然なんだろうが、浮かれてしまうと次は厳しいような気がしてしまう
どうもね、サウジのブラジル監督は侮れない親父ような気がする
最後の最後までカウンターで仕掛けていたしなぁ・・・
選手をその気にさせるのがうまいのかもしれない
虎視眈々と日本攻略を考えているんだろうなぁ
何だかね、試合中にトランシーバー使ったり、いかにも策士という雰囲気
ちょっと見た目はブラジル料理屋の親父さんみたいなのになぁ・・・・
まぁウズベキスタンにはちょっと気の毒な試合だった気がするが、これもサッカーだしこりゃしょうがない。

アジアカップはオフサイドの微妙な判定が信用ならない
どうもクサイものは全部オフサイドをとっているような印象がある
こりゃギリギリ裏を狙うよりハッキリと2列目からの飛び出しで勝負したほうが確率は高いような気がしてしまうんだなぁ・・・・

試合によっては審判団の国籍が統一されないのがその原因のような気がするがどうなんだろう
国際試合は主審と副審2名は同じ国籍にするという決まりになっていたと思っていたが、アジアカップではそうじゃないんだねぇ
いろいろ各国の事情があるんだろうが、いっそのこと決勝トーナメントはヨーロッパと南米からも呼んでもいいんじゃないかなぁ・・・・
まぁどうでもいい話かもしれないが、アジア各国の審判のレベルアップもできるのでとても貴重な経験になると思う。

つぴぃさん、僕は日本対韓国で決勝となればいいと思うねぇ・・・・。

ちなみに昨日はFC東京ユースとトップチームが練習試合したらしい
なんとユースに4失点で負けたとのこと


油断大敵雨あられ・・・というお話だねぇ・・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/07/23 13:23

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

PK戦での勝利というのは本当の勝利ではないと思っているので、勘違いせずにしっかり引き締めて、準決勝ではぜひ90分で勝ってほしいですね(PK戦での勝利以来勘違いしっぱなしで、今の低迷があるような気がするんです……東京の場合)。

でも、久々にアジアカップなのに面白いです。水曜日、真剣に見ちゃいそうだなあ。

投稿: つぴぃ | 2007/07/23 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/15841631

この記事へのトラックバック一覧です: 準決勝へ。:

« 相変わらずの日々 | トップページ | 「多摩川すいすい自転車旅マップ」 »