« 「河童のクゥと夏休み」 | トップページ | 夏といえばアイス »

2007/08/16

惨めな連敗

Jリーグ第20節 ジュビロ磐田VS東京は、5-2で磐田の勝利。

何もコメントしたくなくなるような試合だった。磐田のゴールがどれも素晴らしかったのは確かだけれど、それ以前にそもそもシュートを打たせてしまうのが問題。東京はひとつひとつの動作に移るまでが遅くて、見ていて本当にイライラした。

ゲームは最初から磐田のペース。前半を1-0で終わらせられたのは運がよかった。後半の立ち上がりは東京の時間帯になっていたときもあったけれど、2失点目以降は磐田がやりたい放題。磐田まで遠征したサポーターの皆さんには、本当にお疲れさまとしか言いようがない。

東京は相変わらず、チームになっていない。個人が勝手に動いているので、人数をかけて守っていてもあっさりシュートを打たれてしまうし、そうかと思うと誰もディフェンスにいかないで相手をフリーにしてしまう。攻撃にも連動性がなく、どんな形で点を取りたいのかがまったく見えてこない。

……でも、そんな問題はシーズン序盤からずっとあったのだ。ひと月近くの中断期間があっても修正するのは難しいだろうと思ったけれど、改善しようと努めた痕跡さえ感じられなかった。このチームは、いったい何を目指して試合をしているのかがさっぱりわからない(と、ここらへんまでは試合を見ながら後半30分ごろに書いてました。一部予定稿になっててすみませんでした(笑))。


唯一の救いは、試合の終盤の2得点。身体のデカさのわりには最近は存在感が薄かった平山が、自分でPKを取ってそれを決めたこと。それから赤嶺の技ありのゴール(アシストは平山だったね)。とはいえ、この2得点はラッキーなゴールで、相手を崩してちゃんと取ったものじゃなかったのが残念だけど。願わくば、次節のスタメンに2人の名前があることを祈りたい。

何とか2点を返して意地を見せたのはよかったけれど、TV画面からは「攻撃~攻撃~ハラトーキョー」と聞こえてくるので、猛暑とは裏腹に心は冷え冷えしてくるばかり(笑)。「最後に意地を見せて2点を獲ったからOKだよ!」とでも思っているのかなあ。何だかしらけてしまったのは私だけ?

今の東京の問題点はとても根が深いものなので、監督を交代させても根本的な解決にはならないと思っている。だから、不満はあってもヒロミの更迭は今さら望まず、何が何でも残留してくれればいいというのが正直な気持ち。でも、本気でチームを立て直して、今の「中の下」状態を抜け出したいのであれば(ちょっと前までは「中の上」だったのにね)、フロントを含めた大改革が必要なはず。今シーズンはともかくとして、今からもっと未来のことを考えていてほしいんだけど……。

TBSチャンネルの解説で金田さんが「馬場も梶山も石川も徳永もいいものをもっているはずなのに、あまり伸びていなくて残念」と言っていた。東京は若手の才能の宝庫だったはずなのに、いつのまにやら墓場になってしまっている。若手選手にとって、以前は「東京に入ればスタメンで出られるぞ」だったのに、今は「東京に入るとツブれてしまうようだ」になりかかっているんじゃないかな? チームが異なれば、彼らはもっと伸びていたのだろうか。東京に足りないものは、いったい何なんだろう?


あまりに惨めな敗戦で、何を考えても後ろ向きになってしまう。
土曜日には、何を期待して「似非ホーム」である味スタへ行けばいいのだろうか
(もちろん、花火ですね(笑))。

|

« 「河童のクゥと夏休み」 | トップページ | 夏といえばアイス »

コメント

僕は希望は捨てないぞぉぉぉおぉぉぉぉーーーーー

実は深夜1時にガックリと肩を落としてTVを消した。
仕事が終わって家に帰り結果を知らずドキドキしながら夜のBS-Iを観ていたんだが・・・・あまりにも厳しい結果に声が出ない

まったく無情な5失点、遠目からフリーで何であんなに打たれるのかまったく意味不明
確かに素晴らしいロングシュートだったが、いくらなんでも練習じゃないんだからあんなに何度もフリーになるはずがない(5点のうち3点もロングシュート)
中盤の寄せが無いのは運動量が無いだけではなく根本的に攻守の意思統一がないからなんだろうなぁ

ジュビロの選手たちのほうがとにかく走っていたというかサッカーをしていた

つぴぃさん、それでも現地組のみなさんが必死に応援していていたのはよく聞こえたよ
むしろジュビロサポよりもがんばっていた
とてもとても頭が下がる、本当に感謝の気持ちでいっぱいになる

この素晴らしい応援の後押しを聞いて発奮しない選手には怒りをおぼえる

最後の最後まで今野が攻めあがり、平山、赤嶺、結果はともあれ「焼け石に水」とはいえ、必死に1点を獲りにいっていた

少なくとも勝利を信じてヤマハスタジアムに駆けつけた東京サポーターのためにも1点でも2点でも意地を見せなければならない。
そういう2点だったように僕は感じる

人間、希望をなくしたら終わりだと思う
諦めたら前には進めない

確かに結果はでていないけど、ここはクラブだけでなくファンやサポーターも正念場なんだと神様が試練を与えているんだと思う

他力本願でお恥ずかしいんだが、それでもまだ12位
2連敗で惨敗だったとしても諦める必要は無い

原監督は「戦える選手で戦う」というコメントをいったらしいが(今ごろ何言ってんだぁとツッコミたくなるが)最後まで諦めないメンタリティが僕は大切な気がする・

僕は少なくとも惨敗の中でも、必死に応援したサポーターとその声を背にして意地を見せた2点には感動した

つぴぃさん、次節どういう結果になるかまったくわからないが、夢や希望はあると信じることが大切ではないかなぁ・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/08/16 11:16

東京坊主さん、ポジティブなコメントをありがとうございます。

いや~ワタクシも、夢も希望ももっておりますですよ。ただし、希望は残留で、夢は来シーズン以降の建て直しですが……。それを信じて、今シーズンは耐えていこうと思っています。

投稿: つぴぃ | 2007/08/16 12:31

初めまして。
さいたま市の”やっさん”と申します。
文章が素晴らしく、読み物として、堪能いたしました。(つまみぐい程度ですが(^^;))

実は、つい先日クロスバイクを購入し、「泥除け、いらないよな・・、
みんなどうしてるんだろう、泥除けつきのバイクに乗ってる人は。」
と思い悩み、
「泥除けを取って」という言葉でグーグルで検索したら、
っぴいさんの「2005/07/06 自転車(を)ダイエット」がヒットしました。
「ふむふむ、なるほど、カッコだけではなく、軽くなり実益も兼ね備え
ると。これは、外さなくちゃ!&雨の日には乗らなければ良いのか。」と決心し、
たった今、外して参りました。暑かった・・・・
ありがとうございました。大変参考になりました。
こんなに素晴らしいブログに出会えたことも偶然とは言え
ちょっとうれしいです。

さて、長くなって恐縮ですが、実はサッカー好きな点も、共通項
でありまして、サッカーに対する論評も面白く、つい読み進んで
しまいました。
私は、J発足からのレッズファンです。
レッズも波乱万丈、
ちょーチョー弱い(J2へ)→負けなくなった(オフト父さん)
→勝てるようになった(ギド兄さん)
→難しいことをしようとして気持がバラバラになりかけたがようやく形に
なってきた(オジェック爺さん)の歴史を経験して来ています。
FC東京も、今は、苦しい時期ですが、がんばって欲しいクラブです。
初めてなのにだらだら書いてすみません。
自転車って楽しいですね。
また、寄ります。

投稿: やっさん | 2007/08/16 15:54

やっさん、はじめまして&古い記事を検索して来てくださってありがとうございます!

レッズサポの方に励ましのお言葉をいただいて恐縮でございます。今は耐えるときと思っておりますので、何とか踏みとどまりたいものです……。

一昨年に泥除けをはずしたクロスバイクで、埼スタにも駒場にも行きました(大宮戦だったのですが)。ぜひそのうち味スタにも自転車でいらしてくださいまし。自転車趣味、末永く続けてくださいね~! 体調もよくなって言うことナシなのですが、物欲は限りなくてちょっと困っています(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/08/17 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16126550

この記事へのトラックバック一覧です: 惨めな連敗:

« 「河童のクゥと夏休み」 | トップページ | 夏といえばアイス »