« 2007年猛暑の夏 | トップページ | いつもの週末 »

2007/08/19

3連敗

Jリーグ第21節 東京VS柏は0-1で東京の敗戦。
東京の失点は、PKによるものだった。これで3連敗。

それまでの試合に比べれば選手はよくやっていたと思うので、スタメンについて書いておこうかと思う。

本来は、選手の頑張りが伝わった試合であっても「勝ち点0」では困るのだが、今の東京では悲しいことにあまり高望みができない状況なんだよね……。そりゃいちばんいいのは「内容も良くて勝ち点3」で、次が「内容ダメだけど勝ち点3」で、以下ちょっと中略で、下から2番目が「内容良くて勝ち点0」で、最悪なのが「内容悪くて勝ち点0」。この2試合はずっと最悪だったので、少しマシになっただけで何とか納得してしまおうとする自分がいたりするのが悲しい。

2連敗を受けて、メンバーを大幅に入れ替えて臨んだ柏戦。GKが塩田になって、藤山、浅利、リチェーリ、川口、赤嶺が入った。6人も替えたのか。

個人的には、茂庭を使い続けてほしかったと思う。先週の磐田戦の後も指揮官は茂庭に苦言を呈していたが、同時に「早く本来の彼に戻ってもらわないと」とも言っていた。本当にそう思うのであれば、ガマンしてでも使い続けなければ。もし見切りをつけるのであれば、本職の代わりの人材(今野がCBをすることで、攻撃機会がいかに奪われていることか)を補強しておくべきだった。その時間はたっぷりあったのだし。

途中交代で入った平山もよく頑張っていたと思う。だいぶ本来の彼に戻ってきたのではないだろうか。昨日は、スタメンで見たかったなあ。

再開以降のルーカスはさっぱりダメ。夏バテなのかどうなのかはわからないが、シュートが入る気配もない。彼を使い続ける理由がよくわからない。梶山も……。すばらしい才能の持ち主なのだが、パフォーマンスが安定しない。ミスパスが多すぎるし、シュートも打たない。この日の唯一の失点は、不用意な横パスを奪われてピンチを招いた梶山が、自分で挽回しようとしてPKを献上してしまった形だった。

でも、80分過ぎのアレは、間違いなくPKだと思うけどね。

観客は約2万5千人。「ファイヤーワークスナイト」としてはかなり少ないと思う(一昨年は4万超で、昨年は3万超だった)。柏サポの数を思えば、もっと多くてもよかった。逆に「それでも2万5千入るのか」と考えたほうがいいのかな。これだけひどいチーム状況なのに、律儀に通い続けるファンがそれだけいるということだ。

監督にも問題はあると思うが、東京の苦境の原因はフロントにあるのだと思う。何というか、事なかれ主義で、小役人的というか、ちんまりまとまっていて、保身に走るだけという感じ。それが、試合終了後の挨拶に如実に現われていた。

連敗に業を煮やしたサポーターが「社長出て来い!」と叫んで、社長がイヤイヤ出てきて頭を下げるという風景は、他のクラブで何度か見たことのある風景。ところが東京の場合は、誰も呼んでもいないのに社長が出てきて「ごめんね。頑張るから応援してね」と言ってしまう。この敗戦をどう受け止めたらいいのか、サポーターが必死で心の中で折り合いをつけようとしているときに、気持ちを逆なでにするような行動。

「ここで謝っておけば大ごとにならないかも」と思ったのだろうか。フロントもぬるいし、サポーターもぬるいし、だからチームも試合内容もぬるくなってしまうのだ。ナビスコ優勝の後、ずっと気持ちのいいぬるま湯に浸かってきたのだが、いつのまにか周囲は熱湯になっていたということか。

数年前までは4万5千人の観客が入った試合もあったし、味スタでは負けないような気がしていたこともあった。だが今は、事件が起こったら怖いので、満員になる数のチケットは売らない。イベントは数多く行なうけれど、返品はイヤなので飲食物やグッズは少ししか用意せず、キックオフ1時間半前にはほとんど売り切れている。観客がスタジアムへの不満を訴えると、スタジアム側の無理解のせいだと批判の矛先を変えさせようとする。観客が減るのは困るので、「お別れ会」に5千人を集めた実績をもつ集客力の高い監督を呼び戻す。母国語がスペイン語の選手を招聘しても、スペイン語専門の通訳はいない。ファンから文句を言われると怖いので、練習時間よりもファンサービスを大事にして、非公開練習はほとんど行なわない。

観客を増やすための地道な努力はやってきたけれど、いちばん重要なことはほとんどやっていない……つまり、チーム強化だ。外国人の補強はことごとく失敗しているし(「こんなプレーをしてくれる外国人がほしい」という明確な目的がなくて、いきあたりばったりに獲得しては失敗しているような気がする)、それならばリスクの少ない「Jリーグ内での外国人獲得」をすればいいのにそれもしない。かといって、監督が望む選手を補強するわけでもない。

強いチームを作ることこそが、観客を増やす最大の手段だというのに、それをやってこなかった。「強く、愛されるチーム」というのがスローガンだったと思うが、ファンたちの「ぬるい愛」にどっぷり使って、楽しくやってきたのがこの結果なのだ。これから先、いろいろなしがらみや癒着を断ち切って、新たなステップを踏み出すことができるのか。今のフロントであれば、そんな思い切ったことはできないような気がするけどね。

社長が出てくる時期としては、ちょっと早かったかな。最悪の事態も想定して、これからは見ていかなくては(でも小役人的クラブとしては、最後に何とか帳尻を合わせるのが常なんだけど、うまくいかないことだってあるからね)。

文句を垂れ流しながらもこれからもスタジアムには通うつもりだが、フロントに本当に反省させるためには「行かないこと」のほうが大事かもしれないね。たぶん、観客数の減少こそが、ヤツらにはいちばんこたえるはずだから。

そうそう「先着3万名」のウチワ、余りまくっていたのを帰りに配っていたので、5枚くらいもらってきたよ(笑)。返品恐怖症のクラブとしては、珍しく数を読み間違えたらしい。もっとも、あんなウチワ、2万5千だろうが3万だろうが、そんなに損はしないと思うけど。

マッチデープログラムには、西部謙司氏による「ヒロミ本の裏話」が載っていて興味深かった。いや~、担当編集者は、編集者としては失格だね。出版は、タイミングがすべて。予定通りに開幕時に出ていたら、倍は売れたと思うのに。

……あー、読み返してみたらすごくネガで自分でイヤになった。でもせっかく書いたのでこのままアップ。読んで気分を害された方にはごめんなさい。

|

« 2007年猛暑の夏 | トップページ | いつもの週末 »

コメント

こんにちは。
また来ました。今日は暑いですね。
ちょっと前にヒザを痛めて、ようやく治ったと
思ったら、調子に乗って自転車こぎ過ぎて
また痛めてしまいました。・・・イタタ・・・

昨日の試合はきわどい判定もありましたが
PKを除けば完封。
良い方向に向かうと良いですね。
次節は埼スタ。
私は家族旅行なので携帯で試合をチェックします。

自分では熱狂的なRファンのつもりなんですが
お小遣いの中でやりくりしなければいけないので
ホームの試合すら全部の試合を見に行けません。
いわゆる「丘サーファー」みたいな悲しい現実です(泣)

特に今年はスカパーが放映権をほとんど独占して
いるのでテレビでも見れなくて残念です。
我慢できなくてアウェーの試合を見にスポーツバーにも
行ったりしましたが、飲み食いしてたら、これまたお金が
かかり(当たり前ですが)二の足を踏んでおります。

午後からはちょっとだけサイクルショップに寄って
パーツを物色して来ます。

追伸
ホントにつぴぃさんの文章は読みでがあって面白いです。
自分もまたブログをやろうかな・・・(何回か挫折してます)

投稿: やっさん | 2007/08/19 12:31

お疲れ様でした。フロントについて私見を。

結局、経営センスがあって、サッカーが分かっていて、情熱もある人は人材難なんでしょうね。

最近、古くからのレッズサポと飲んだんですが、あそこも犬飼さんが
来るまでは酷いものだったそうです。適任の人が来るかどうかは、かなり偶然の要素もあるようです。三菱がそうなら日立、古河も同じようなものでしょう。まして、東京ガスじゃ・・・。

投稿: fct-fan | 2007/08/19 13:50

柏戦、勝てなくて悔しいけど、私は内容には納得出来ました。今年の日立台で散々振り回された柏相手にシュート6本に押さえ、走り負けなかったのはよかったと思います。後半、平山が倒されたのがPKなら勝敗は分からなかったと思いますし…。

細かく繋がず、2トップにロングボールを入れてのサッカーは、全員の運動量もあり、意外と機能してました。このサッカーが出来るなら中位以下のチームには、十分勝てると思います。(最終ラインが強固な浦和には、厳しいかも…。)


今はカウンター・サッカーだろうが、ロングボール放り込みだろうが、勝つ事が大事。まずは、残留しなければ話になりません。


東京の理想のサッカーを語るのは、その後の話です。

投稿: コタツねこ | 2007/08/19 15:12

こんにちは、興味深く拝読させていただきました。
まだまだクラブとして中途半端な時期に、ナビスコに優勝してしまって、己が姿を見間違ってしまったのかもしれません、フロントも、サポーターも。
どんなに営業が頑張って、あれこれ企画を立て、商店街にフラッグをはためかせても、来た顧客の満足度―つまりいい試合を観て勝利の喜びを感じられる―が低ければ、リピーターにはなりません。
ある方が、クラブ関係者と話したときに、「東京を愛しているなら、結果がどうであろうと気にしないで応援するはずだ」という意味合いのことを言われたそうで、愕然と致しました。(時に同じような文言を吐くサポーターもいますよね?)そんな甘い考えを持っていたら、クラブはどんどん落ちていくことでしょう。
私は10年後のクラブの在り方を憂えます。

投稿: estertokyo | 2007/08/19 16:15

やっさん、またいらしてくださってありがとうございます。

膝、長びくとやっかいですので、ちゃんと治るまでガマンしてくださいね。

私も来週は自宅観戦組です。昨年はアウェイの浦和戦をきっかけに解任なんてこともあったんですが、今年はどうなることやら。

投稿: つぴぃ | 2007/08/19 20:02

fct-fanさん、いつも拝見しています&コメントありがとうございます。

なるほど、フロントについてあまり高望みしてもダメということですね……。他サポの友人知人がいないので勉強になります(海外サッカーファンばかりで(笑))。

いろいろ不満はありますが、だからといって「落ちてしまえばいいのに」とだけは絶対に思わないので、何が何でもしがみついてでも残留してもらいたいと思っています。今シーズンで望むことはそれだけだなあ。

投稿: つぴぃ | 2007/08/19 20:06

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりですね。まずは残留しないと。

投稿: つぴぃ | 2007/08/19 20:09

estertokyoさん、はじめまして&コメントありがとうございます。

あ、いいなあ、風鈴……ぢゃなくて。

えー、そんな認識の人がいたとしたら、本当に困ったものですね。恋愛と同じで、常に愛されるように努力していかなければ、関係は長続きしません。フットボールクラブであるなら、まずは勝利していかないと。

もちろん、海外には弱小クラブでも辛抱強いサポーターに支えられているところがたくさんあります。でも、東京の目指すところはそういう地位ではなくて、「首都のクラブとして恥ずかしくない」レベルのものですよねえ?

投稿: つぴぃ | 2007/08/19 20:13

まったく花火は素晴らしく、浴衣のお嬢様お母様方は美しかった。
中には男性の粋な着物姿の方もいてちょっとお祭り気分になったんだが・・・・
なんともつぴぃさん、面目ない結果になってしまって・・・まいったなぁ

世の中には善意というか悪意はないんだが、とっても神経を逆なでする人がいる
まぁ個人的にはお付き合いしたくないんだが、そうもいかない場合はこりゃしょうがない

社長様はきっと多くのファンやサポーターの皆様に不甲斐ない成績のお詫びとともに「一生懸命がんばります」という一言をいいたかったのかもしれない。

僕は周りのゴミ回収してから帰ろうと思っていた矢先だったのでゴミ回収のアナウンスなのかと最初は思った。
そうしたらなんと社長様の急な演説が始まりビックリ

部下なり側近の方がいるのなら(普通はいると思うが、もしかして人手不足でいないのかも)とてもとてもダメダメな部下や側近ばかりなのねぇ・・・・
とっても僕は社長様がお気の毒になった。
もしかしたら元々が天然なので気が付かないのかもしれないが、あそこで出たら逆効果になってしまう
誰が考えたかわからないが、普通は「殿、お持ちくだされーーー」と周りが止めるでしょう
もしご挨拶するなら試合前に一言でいいじゃない、試合後にするなら勝った場合のみにするとかじゃないとみなさんの凹みのもってきようがないじゃない

まぁMボードなるものを読んでいると、いつかはこういうトンチンカンなことをしそうな気はしていたんだが、敗戦よりも困ったような気がしてくるよねぇ・・・・

つぴぃさん、なんとなく観客動員は減っているような気が僕もする
強く愛されるクラブというのは「強くて愛される」ということだと思うが、「愛される気持ちが強いクラブ」と勘違いしてしまいがちになるのかもしれない(きっと拡大誇大妄想解釈なのね)

僕はゴール裏で応援していたんだが、とてもとてもいつにもましてみんさん気合が入っていた。
いろいろ厳しいチーム状況とか不甲斐ないフロントとかあるかもしれないが、僕は勝利でみなさんの笑顔が明日の活力になることを信じたいなぁ・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/08/20 12:27

東京坊主さん、いつもながらにポジティブですばらしいコメントをありがとうございます。私は脊髄反射で落胆と怒りをブログにぶつけているだけですので、反省させられます。

まだ順位がひとつしか落ちていないのは奇蹟ですね。

昨年はもっと連敗が続いたり、味スタで半年くらい勝てなかったりしましたから、それよりはマシということでしょうか??? 何だか気分は夏バテでございます……。

投稿: つぴぃ | 2007/08/20 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16164732

この記事へのトラックバック一覧です: 3連敗:

« 2007年猛暑の夏 | トップページ | いつもの週末 »