« コジュケイ発見 | トップページ | 明日のことあれこれ »

2007/08/30

浮かれないよ。

Jリーグ第23節 広島VS東京は、0-5で東京が爆勝!
連敗は4でストップ、貴重な勝ち点3を得た。

スコアからは楽勝のように見えるが、最後の2得点については、広島が壊れてしまったがゆえに転がり込んできたラッキーなもの。それでも、そこできちんと決めることができて、本当によかったと思う。広島戦といえば、開幕戦で手痛い敗戦を喫して、今シーズンの不調の始まりともなった悔しいカード。アウェイで無失点&大量得点でお返しできたのはうれしい。

ルーカス出場停止、伊野波の負傷など、メンバーが大幅に欠けた上に、真夏の連戦とあって、かなりの苦戦が予想された試合。原監督はようやく今野をボランチにあげて、CBは茂庭と藤山にまかせる決断をした。赤嶺1トップというのも初めてじゃないかな。苦しい中でのやりくりをしたメンバーという感じでもある。

ウェズレイの出場停止とGKの存在は、東京にとって大いなるアドバンテージとなってくれたと思う。ウェズレイがいたら、弱気なヒロミははたして茂庭を使っただろうか? それに、広島のGKは何度も東京を手助けしてくれてたし(笑)。


試合開始直後から積極的に上がっていってシュートを放つ今野に感動する。そうだ、今夜は今ちゃんがいるんだ!(いつもいるんだけど)と、頼もしくもうれしい。前半5分ごろ(?)、広島GKのバックパスがミスになって梶山に決定的なチャンスが来るも、これは得点にはならず。なんだかちょっとイヤな予感がしてくる。それを払拭してくれたのが、あの見事なフリーキックでのゴール。前半はそのまま0-1で終わったが、前半の終盤は広島が怒涛の攻撃。ここを無失点で切り抜けられたのが、勝利につながったような気がする。

赤嶺のゴールはすばらしかった。接触をおそれず、ゴールに向かってがむしゃらに飛び込んでいくガッツにはいつも心を熱くさせられる。彼がもつ闘争心が、おとなしくてやさしい東京の選手たちを奮い立たせている面はあると思う。赤嶺のゴールを演出した金沢もすばらしかった。浦和戦の後はどうなるかと思ったけれど、元気そうでよかったよ。

何よりよかったのは、無失点で終わったこと。茂庭や塩田(すばらしかった!)にとっては大きな自信になるだろう。実力があるのに自信を喪失して、本来のパフォーマンスができない選手が多いのが、いまの東京の問題点のひとつ。茂庭や平山が「俺はできるんだ!」と思ってくれれば、多少采配がヘンでも(笑)、きっとやってくれるはずだ。


広島まで遠征したサポーターの皆さんがうらやましい。TV画面からも東京の応援はよく聞こえていた。半分忘れかけていた「眠らない街」には涙腺を刺激されてしまったよ。しかし、この歌を聴くだけで泣けてしまうという状況ということは、本当に泣けてくる順位だということでもある(笑)。せめて、月に2回は歌わせてもらわないと~。

選手たちは現状がよくわかっているだろうし、決して浮かれてはいないと思う。この調子でぜひ連勝を。次はホームだけど国立だしね(味スタだと勝てねーのかよ!?というツッコミはさておき)。

久しぶりに祝杯だ~!と喜びながらも、「そろそろ恒例の帳尻あわせが始まったかな?」と思ってしまう私はやっぱりヒネクレ者(笑)。でも、今は喜ばないとね~!


スカパーでの試合後の監督インタビュー、今回はインタビュアーは田中孝司さんだったのだが、この田中さんといい川勝さんといい、皆さん心情的にヒロミを応援している雰囲気が伝わってくるのがちょっといい感じ。先週は「原には期待してるんだから」なんていう発言もあったしね。サッカー業界で好かれている人なんだろうなあ、ヒロミって。

で、夜はそのままCL予備戦2ndレグ「シャフタールVSザルツブルグ」を見てしまった。

1stレグが1-0でザルツブルグ、2ndレグは前半終了時に1-1と、このまま守ればザルツブルグはCL出場!?という後半は、シャフタールのなりふり構わぬ攻撃とひたすら守ろうと頑張るザルツブルグで、異様な緊張感。ザルツブルグのゴール前に選手20人がゴチャ~といる感じで、文字通り手に汗握ってしまう展開だったよ。

そんな中で、宮本はザルツブルグのCBとしてフツーに出場していたのがスゴい。相変わらず冷静な顔をして、激高するチームメイトをなだめていたりするし。それほど背が高いわけでもない日本人で、CBというポジションなのにスタメンを確保しているのはスゴいね。てっきり三都主のほうがレギュラーになりやすいだろうと思っていたけど。それだけ、宮本がクレバーな選手ということなのだろう(シャフタールの3点目は宮本が競り負けていたかもしれないけど、あれはゴラッソー!と誉めるべきタイプのゴールだからなあ)。

中村と宮本がCL本戦に出られれば、日本のマスコミ的にもおいしかっただろうが、今回は(も?)残念だった。海外移籍をするなら、イタリアやスペインなどの強豪国をめざすのではなく、彼らのように「ちょっと落ちる国のリーグの強豪クラブに入ってスタメンを取り、CL出場をめざす」というほうがいいかもしれないね。

|

« コジュケイ発見 | トップページ | 明日のことあれこれ »

コメント

おほほほほほぉぉぉぉーーーーーーつぴぃさん、久々の快勝だねぇ

まことに仰るとおりこの一試合で浮かれポンチになってはいけない
原監督のインタビューもまったく笑顔がなくむしろ厳しい表情を崩していなかった
嬉しさより、むしろ悔しさが垣間見えた
そういえばゴールした後のヒロミジャンプを昨日の試合ではしたんだろうか?
久しく見ていないが、今は封印しているのかなぁ・・・・
なんともよくわいからないが、浮かれている場合ではないということは現場の選手スタッフが一番わかっているのかもしれない

それにしても一番の勝因は気迫のこもった鬼プレスができたという気がする
点差ほどいい内容の試合だったとは見えなかったし、むしろ相手のミスやゴールポストに助けられたところも多々あった
塩田の後ろからの神の声が守りの集中力を高めたのも間違いが無いと思う

このまま簡単に快進撃できるとは思えないが、気迫のある試合を続けていくことがいい結果につながるような気がする

ちなみに僕は明大前にあるスポーツバーで観戦したんだが、久々にお祭り騒ぎのステキな夜だったなぁ・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/08/30 12:41

東京坊主さん、本当に勝ててよかったですね!

私はスカパーで見ていましたが、ヒロミジャンプはなかったと思います。逆に、飛び跳ねてたら「飛んでる場合かよ!?」と思っちゃったかもしれないので……。監督に緊張感があってよかったと……。

投稿: つぴぃ | 2007/08/30 12:49

広島戦、とりあえずは結果が出てよかったです。


梶山・赤嶺・平山と点を取って欲しい選手がゲットしたのも素晴らしかったし、守備陣が完封したのも良かったです。

9月はすぐ上の神戸、下位の2チームと対戦があります。昨日の勢いで一気に底から浮上したいものです。

後は、石川にゴールが出てくれれば、勢いが本物になりそうですね。

投稿: コタツねこ | 2007/08/30 19:34

コタツねこさん、いつもコメントをありがとうございます。

やはりホームで勝ってもらいたいものです。ここ数試合の内容はいいので、期待しちゃってもいいのかなあ(と、まだまだ懐疑的(笑))。

投稿: つぴぃ | 2007/08/30 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16284901

この記事へのトラックバック一覧です: 浮かれないよ。:

« コジュケイ発見 | トップページ | 明日のことあれこれ »