« またもティールームでお茶を | トップページ | 時間が動き始めた »

2007/08/08

夏ポタ便利グッズ

真夏のポタリングでの便利グッズを紹介します。
BGM……じゃなくて、おまけの写真は1週間ほど前の昭和記念公園で。

Rimg0017
↑メタセコイアについたセミの抜け殻


便利グッズといっても、ほとんど自転車と関係ないものばかりですが(笑)。湧き水や川などの水辺、木陰のある神社仏閣ばかりに行ってしまうようなのんびりポタ派には、ちょっとだけ役立つかも!?

まずはその前に必需品! 日焼け止め! 日焼け止めは1年中使っているのですが、最近、意外な盲点に気づきました。唇です。春先から唇のただれと荒れと皮剥けと痛みに悩んでいたのですが、花粉シーズンが終わっても全然治らず。で、ふと「もしかして日焼けのせいかも!?」と思い当たったのでした。UVカット機能のあるリップクリームを使い始めてからは、少しマシになったような!? やっぱり顔と手足と首だけじゃダメなんですね~。

Rimg0009
↑カサブランカの濃厚な香りが漂っていました


続いては「セームタオル」。ダイビングをしていたころは「ウェットタオル」と呼んでいたんですが、正式には「セームタオル」だそうですね。水泳グッズ売り場で買える、吸湿性の高いタオルです。ハンカチサイズのものをもっているとちょっと便利。手足が濡れてもすぐに拭けますし、暑いときは水にぬらして首筋に当てておいてもいいし。水遊びをしなくても、水道で何度も濡らしてはしぼって使えるので、真夏には便利です。

シートタイプの虫除けをもっていくこともあります。スプレータイプはさすがにかさばりますが、シートタイプならウェットティッシュがちょっと大きくなったくらいのサイズ(使う分だけ小分けしていくこともできますし)。神社仏閣や緑地散策の前には、とりあえずこれで手足と首まわりを拭いておきます。気休めかと思っていましたが、本当に蚊が来ません! 注意点としては、これを使うと日焼け止めも拭ってしまうこと。再び自転車に乗る前には、もう一度しっかり日焼け止めを塗り直さないと。

Rimg0028
↑さすがに百日間は咲いていないようです


えー、最後は、さすがに自転車製品ということで、シマノのSPDサンダルです。これのどこがいいかといえば、履いたままジャブジャブと川に入れること(笑)。靴底もしっかりしていてすべらないし、そのまま上がって自転車を漕いでいればすぐに乾くしで、かなり便利です。ちなみにふだんは23.5~24.0センチの靴を履いている私ですが(靴によって全然違う!)、現行の最小サイズでピッタリでした。若干ゆるくても、ベルクロで調整できるので守備範囲は広いんじゃないかな。


気温35度を越えるような暑さは、正直いって苦手です。それでも、コースや目的地を選べば、いろいろ楽しいところへ行けるのが自転車のいいところ。風を感じて走っていれば、少しは涼しい気分にもなれますし。多摩サイなどの日陰のない道はできるだけ避けて、木陰の多い道を選べば、ネボスケなわが家であっても真夏のサイクリングを充分楽しめるのです。これからも、コース探求をしていかなくては……!

|

« またもティールームでお茶を | トップページ | 時間が動き始めた »

コメント

UVカットリップクリームなるものがあったのは知りませんでした。
今度探してみます...
サンダルをはくときはやはり足元にも日焼け止めをぬるのでしょうか?

投稿: しと | 2007/08/08 11:51

しとさん、コメントありがとうございます。

日焼け止めリップクリーム、ドラッグストアに各種ありますよ。表示をよく見ればわかります。私も自分に最適なものを試行錯誤で探しているところです。こればかりは、自分で試さないと合うか合わないかがわかりませんから……。

皮膚用だとSPF50以上も珍しくありませんが、唇用はそこまで強いものはないみたいですね。かえって唇をいためてしまうみたいです。

サンダルを履くときは、足の甲によく塗らないと後で大変なことに……。海へ行くときもそうなのですが、足の甲って意外と盲点なんですよね。

UVカットといえば髪用もあるみたいですが、ヘルメットをかぶってるし、そうでないときは帽子だし……と、こちらのほうが特に気にしていません。

投稿: つぴぃ | 2007/08/08 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16041205

この記事へのトラックバック一覧です: 夏ポタ便利グッズ:

« またもティールームでお茶を | トップページ | 時間が動き始めた »