« 夏ポタ便利グッズ | トップページ | 初ツクツクボウシを聞く »

2007/08/09

時間が動き始めた

今週末、ようやくJリーグが再開される。

中断期間中は、あまり東京のことを考えないようにしていた。暑すぎて練習を見に行く気になれなかったし、私がジタバタ考えたところで何かが変わるわけでもないし、そもそも試合をやってないし(ソウル戦があったけど)。何かいい知らせがあればいいな~と期待しつつ、意識的に時間を止めていたような感じだった。

ようやく今週末に再開というところまできて、時間が動き出すと……。

やっぱり「楽しみ」よりは「不安」のほうが大きいかなあ(笑)。結局、補強は何もないみたいだし、中断期間でやっていたことといえば、いつもと同じ小平での練習と練習試合だけだし。なんだか危機感が足りないような!? それで本当に大丈夫なのかな。

今週末からはここも再び「東京愚痴ブログ」になるんだろうね。……ああっ、再開前から後ろ向きの気持ちじゃいかんっ!

あ、8月11日は「深大寺そばを食べて味スタへ行こう」企画があるから、深大寺付近を散策してから味スタへ行くのもいいかもしれないね。深大寺にも湧き水はあるけれど、ちょっと水遊びができるような雰囲気ではないので、水遊びをするなら野川公園のほうがおススメかな。

そうそう、スタジアムではこんなも販売されるらしい……。「四六判のソフトカバー、112ページ」ってずいぶん薄いな。ムックかよ!? それほどかさばる本ではなさそうだし、逆に一般の書店では見つけるのが難しそうなので、スタジアムでの購入がいいかもね。しかし、今の時期に出るというのは、正直言って微妙だな~(笑)。シーズン開幕前ならともかく、今は素直に読めそうにない自分がいるから。


と、いつにもまして愚痴っぽいのも、海外サッカーリーグの放送がまだ決まらないから……。下手すると、今シーズン見られるのは、CLとスペインリーグだけになっちゃうかも!? まぁそうなったらそうなったで、1試合1試合を大事に集中して見るしかないということか(とほほほ)。もうあきらめて、Jリーグの他のチームの試合もちゃんと見るかな~(開幕前はムリでも、開幕後なら契約金が下がって見られるようになるんじゃないかと淡い期待を抱いていたりして)。

|

« 夏ポタ便利グッズ | トップページ | 初ツクツクボウシを聞く »

コメント

なんとも暑い日が続きますねぇ・・・・。

つぴぃさん、お元気のようで羨ましい限りです。
なんとも夏風邪をひいてしまい、くしゃみとセキと鼻水のハットトリックの毎日でした。
まったくこういうハットトリックはご勘弁願いたいもんだなぁ。
やっと今日ぐらいから体調も戻り、なんとか週末のリーグ戦には間に合いそうです。

それにしても下位にいるチームは選手の補強があったり、監督交代があったり、後半戦に向けて大きな動きをしているようですねぇ。
なんとジェフはサポーターミーティングというんでしょうか?
クラブとサポーターとの間で話し合いまでしたようです。

ふえぇぇぇぇーーーーなんともみなさん、お天気が暑いだけじゃなく熱いものがありますよねぇ・・・・。

まぁ振り返ればFC東京もガーロ監督の解任を昨シーズンはしたわけで、危機的状況では大きく動いた経緯がある。
今現在補強もなく、スタッフ解任、交代も無いということはクラブとしては充分後半戦に巻き返せる自信があるということなのかもしれないなぁ。

まずは大きく補強した大分との対戦で「動いて正解」なのか「動かなくて正解」なのか結果が出る。
もしここで大敗するようでは正直厳しいかもしれないなぁ・・・・。(ようは降格争いなのか優勝争いなのかの分水嶺になるような気がする)

つぴぃさん、まぁ勝負は時の運ともいうが、最初の3連戦がどうなるかだなぁ・・・・。

投稿: 東京坊主 | 2007/08/09 17:01

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

あららら、本当に風邪を引いてしまわれたのですね。お見舞い申し上げます。休みたくても室温の調整が難しそうだし、療養にはツラい季節ですね。土曜日には完全復調しますように。

チームはこの酷暑の中を、週2試合ペースでこなしていかなくてはならないのですね。開幕ダッシュ……じゃなくて、再開ダッシュしてもらわないと、また不安になってしまいそう。できることは応援だけなのが、なんとも歯がゆいところです。

投稿: つぴぃ | 2007/08/10 02:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16056795

この記事へのトラックバック一覧です: 時間が動き始めた:

« 夏ポタ便利グッズ | トップページ | 初ツクツクボウシを聞く »