« 初ツクツクボウシを聞く | トップページ | 何も変わっていなかった »

2007/08/11

「最も愛される監督・原博実 ヒロミズム」

立川のオリオン書房ノルテ店へ行ってみたら置いてあったので、さっそく買ってきて読んでしまった……「最も愛される監督・原博実 ヒロミズム」。

00107とりあえずは、中身の紹介から。まずChapter1と2では、東京の監督としてのヒロミがなぜ愛されているのかの分析、東京をどんなチームにしていきたいのかというヒロミの戦略などがつづられている。内容としては、東京のファンであればわかりきっていることが多いかもしれない。

Chapter3の「監督の色」では、三菱時代~31歳でプロになったこと~解説者への転身といった過去のエピソードが書かれていて、なかなか興味深かった。このあたりのヒロミのことはほとんど知らなかったから。解説者・原博実にはマネージャー等がいなくて、インタビュー依頼などはすべて本人と直接行なっていたとは知らなかった。解説者時代は毎月のように海外観戦をしていた人だから、本当にフットワークが軽くて、何でもひとりでできちゃう人なんだろうね。

Chapter4では、W杯ドイツ大会の日本代表や、海外のビッグクラブの監督たちについてのヒロミの意見を紹介。Chapter5は「一問一答」。ある単語について、連想したことを述べてもらうという趣向。「FC東京」や「浦和レッズ」について何と語ったか!?は、本をご覧くださいな。Chapter6は「ストライカー論」。自分の経験や、海外の選手たちをふまえつつ、日本人のストライカーはどうあるべきかをヒロミが語っている。


全100ページほどの本なので、所要時間1時間ほどで手軽に読むことのできる一冊。サッカー関連書籍は、門外漢が書いていると読んでいてフラストレーションがたまってしまうものだが、この本の著者は西部謙司というだけあって、読んでいてストレスを感じることはほとんどない。今までに何度も行なってきたインタビューをまとめて書き下ろしたという印象の本だ。

活字を読んでいると、ヒロミの口調がリアルで聞こえてくるような感じがするところがいい。TVやスタジアムでおなじみのしゃべり方が、そのまま浮かんでくる。たぶんこの本は東京ファン向けにつくられたものだと思うので、そういう点はとても重要だ。関係ないけど、首相官邸の「美しい国づくり」プロジェクトでの梶山陽平インタビューを読むと、「本当に梶山がこんなふうにしゃべったの?」と思ってしまう文体の連続。「インタビュー原稿のまとめ方の難しさ」なんてことまで考えさせられてしまったのだった。

前日も書いてしまったけれど、できれば開幕前の幸せな時期に読みたかった本。ま、内容としては今シーズンのことも網羅されているので、そうはうまくいかないのだろうけど。

しかしなんつーか、実際の成績はパッとしなくて、監督のカラーも曖昧で「昇格請負人」でも「残留請負人」でも「優勝請負人」でもないというのに、これだけ支持を集めている監督というのは、世界中を探してもヒロミくらいなんじゃないかと思う。たぶん、東京でいちばん人気のある「個人」は、もしかしたらヒロミなんじゃないかと思うこともあるる……。それがいいことなのか悪いことなのかは、今のところはわからないんだけどね。

東京ファン以外の感想も聞いてみたい気がする一冊。浦和サポはこれを読んでどう思うのかな? もっとも、あんな配色の表紙じゃ、浦和サポの人が手にとることはないような気もするけど(笑)。


↑うーむ、やっぱりAmazonでは買いにくいみたい。スタジアムで購入するのがいちばんですな。

|

« 初ツクツクボウシを聞く | トップページ | 何も変わっていなかった »

コメント

つぴぃさんこんにちは。
今日の試合は煮え切らなかったですねー。
前半はまずまずかなと思っていたら後半はちょっと・・。
ゴールキックだかコーナーキックだかわからないうちに1点決められたのはおいといても、攻撃しきれてなかったように思いました。

で、この本帰りがけに買おうと思っていたのですが、試合終わったら買う気がなくなっていました(笑)
来週は帰りに買う気になるでしょうか。

投稿: DJ AJI | 2007/08/11 22:33

DJ AJIさん、またまたコメントありがとうございます!

確かに、今日の試合の後では買う気が失せますよね。実は私はそれを予知していたので、前日に買ってしっかり読んでおいたのです(嘘です)。今からだったら、とても読む気がしないですよ~。逆に、すぐに売りに行きたくなったりして(笑)。困ったものです。

投稿: つぴぃ | 2007/08/11 23:48

買ってしまった方の本はきっと今日は家の中で放置されていることでしょう。
いっそ回し読みなんていかがでしょう。

投稿: OBAKA母 | 2007/08/12 08:55

OBAKA母さん、お久しぶりにありがとうございます。

私自身は元ヒロミスタでございますので購入いたしましたが、別に東京ファンの副読本というわけでもありませんので、精神衛生上は現時点では読まないほうがいいかと思われます(笑)……いろいろツラいですね。

投稿: つぴぃ | 2007/08/12 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16069309

この記事へのトラックバック一覧です: 「最も愛される監督・原博実 ヒロミズム」:

« 初ツクツクボウシを聞く | トップページ | 何も変わっていなかった »