« なでしこの底力 | トップページ | 多摩サイ、台風の余波 »

2007/09/16

平山劇場で帳尻あわせ

Jリーグ第25節 横浜FC VS東京は、0-2で東京の勝利。
東京は今季初の3連勝。

Rimg0036
↑アウェイゴール裏はほぼ満員


前半に先制したまではよかったけれど、その後はずっとグダグダな試合。申し訳ないけれど、あまり横浜FCからは得点の匂いが感じられず、だからこそ追加点がほしいのに、どうにも東京はピリッとしない。相手のペースに引き込まれてしまったのか、チームの心臓である今ちゃんが欧州遠征で疲れているのか、9月中旬だというのに夏のような蒸し暑さだったためか、やはり梶山不在が響いているのか、あまり走れず、何度もあった決定機を決められず、見ていて非常にストレスのたまる試合ではあった。

Rimg0041
↑ホームゴール裏はこんな感じ


そんな閉塞感を帳消しにしてくれたのが、平山のダイナミックなすばらしいゴールだった。そういえば、国見時代はあんな感じの平山ゴールを何度か見たような記憶がある。「背が高いからヘディング」というイメージをもってしまいがちだし、確かに高さはヘディングのための武器ではあるけれど、もともと平山のスゴさはそこではなかったはず。

彼が自信を取り戻すことができれば、東京のためにも、日本のためにも大きなアドバンテージとなる。投入されて5分で結果を出せる選手はそうはいない。家で録画を見直したけれど、平山は表情もとてもよかったと思う。このゴールが、浮上のきっかけになってくれればいいのだが……。

ロスタイムにゴラッソ~!でファンのストレスを発散させ、シーズン後半にきて連敗の後の連勝……と、相変わらず東京の帳尻あわせは絶好調である(笑)。ここまでくると、いまやチームカラーだね。今のところ降格は心配しなくてもよさそうなので、次は順位表の1枚目(9位以内)に入ることが目標。それほど勝ち点差はないし、充分クリアできると思う。

とはいえ、次は6連勝中の清水。もっとも、連勝はいつか止まるものだし(東京もそうか!)、味スタでの連敗もいつかは止まるもの。波に乗って、臆せずひるまず、自信をもって臨めば、きっと大丈夫なんじゃないかな。

アウェイながらも国立競技場ということで、東京ファンのほうが多かったような試合。少なくとも、ゴール裏の人数では明らかに勝っていたね。アウェイのせいかもしれないけど、応援もなかなかよかった。寒くなくて、雨の降らない国立競技場は本当にすばらしい。

Rimg0039
↑「馬場・梶山と共に」。故人を偲ぶみたいでちょっと……


ホームが使えない事情はあるのだろうが、FC東京相手にホーム試合を国立競技場で開催しなければならなかった横浜FCには同情してしまう。順位もよくないし、この状態のチームを応援するために国立まで来たファンは偉い。1万3千人ほどの客のうち、たぶん東京側の観客のほうが多かったんじゃないかなあ。カズさんを堪能できたうえに、帰りはおみやげまでもらえて、ちょっとおトクな観戦となりましたよ。

後半途中でふと横を見ると、ダンナ熟睡中! 眠い理由はいろいろわかるのだが、さすがにスタジアム観戦で寝たのは初めてなんじゃないか(笑)。でも、眠くなる理由もわからないではない……。帰宅してアーセナル戦を見ていて「こういう試合をしてくれたら寝ないんだけどなあ」って、それを言っちゃダメでしょう!(しかし今季のアーセナルは台風の目となるかも)

今回は(も)、17番金沢浄選手にシビれました。

|

« なでしこの底力 | トップページ | 多摩サイ、台風の余波 »

コメント

横浜FC戦は、相手があれだけ引いて守っていましたから、なかなか崩せなかったですね。もう少しミドルシュートを打てれば良かったのですが…。

ボランチの福西は、タメを作ったり、タイミング良くサイドチェンジしてくれますが、縦への突進は回数限定ですから、どうしても攻撃が遅くなりますね。

それより相手がパスを多用してくれたのは、幸いでした。自信喪失からのリハビリ中のCBに、どんどんロングボールで勝負されたら危なかったかも…。

清水はサイド攻撃が好調のようなので、ゴール前でのCBの踏ん張りが鍵になりそうです。

投稿: コタツねこ | 2007/09/16 12:45

まったく不思議な夜だったなぁ・・・・

国立を逆に見ることが何かアウェイ感を大きくさせたのかもなぁ・・・・
何だか違うスタジアムにきたような気がした夜だった

つぴぃさん、いつもご主人と観戦しているなんて素晴らしいご夫婦ですねぇ・・・・

ホームゲームで友人知人と出会うことはあまりないんだが、アウェイだとバッタリ会う
つまりホーム(味スタや国立)だとバックスタンドにみなさんいるものでゴール裏の僕に会うことは滅多にない
ところがアウェイだとゴール裏に観戦にくるので結構会う機会が訪れる

通路で久しぶりに会った友人と話しこめてちょっと楽しかったなぁ

人間おかしなもので自由席だというのに必ず座りたい席が決まっている
だから時間が許す限り早くスタジアムにいこうとするんだが、そう人生はうまくいくものではないので難しいものでもある

映画もそうだが、どうも他人と一緒だと気を使ってしまい楽しめない自分がいる
ソシオ招待というものをいただいたりして、友人と一緒に観たこともあるんだが、応援するより招待者への配慮でヘロヘロになったりしてしまう
まるでFC東京のスタッフのように振る舞い、最後にはお土産まで用意してしまう
その後サポーターになった人はいないんだが・・・・
こりゃしょうがないねぇ・・・

つぴぃさん、ご主人が居眠りしててもいいじゃない
隣には安心できるかわいい奥様がいて幸せな気分だから寝てしまったんだろうと思うよ

梶山選手のためにも昨日は勝ててよかった
正直内容を見るとチーム状態がそんなにいいとは見えないが、それでも自信が少しずつできているような気がする
このチームはメンタルが一番のポイントだから自信がつけば希望はあるような気がする
なんとも人が好いチームだからねぇ・・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/09/16 16:33

このところの浄って、なんだかすごい気迫を感じます。ほんとうによい選手ですね。

投稿: OBAKA母 | 2007/09/16 23:59

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

清水についてはよく知りませんが、少なくとも対東京においては、東京が苦戦を強いられることが多いチームと認識しています。苦手意識を払拭できるような試合をしてほしいものです。

投稿: つぴぃ | 2007/09/17 00:29

東京坊主さん、いつもコメントをありがとうございます。

>映画もそうだが、どうも他人と一緒だと気を使ってしまい楽しめない自分がいる
>ソシオ招待というものをいただいたりして、友人と一緒に観たこともあるんだが、
>応援するより招待者への配慮でヘロヘロになったりしてしまう

それはものすごくよくわかるような……。

私も2度ほど友人招待したことがあるのですが、確かあまり結果も内容も良くなくて、「ウチの子は本当はこんなに悪くないんだからねっ」みたいなフォローに疲れてしまい(笑)、試合後の飲み会もイマイチ楽しくなくて……という記憶があるもので、最近はなかなか誘いづらくなっております(笑)。次のSOCIO招待日はどうしようかなあ……。

投稿: つぴぃ | 2007/09/17 00:34

OBAKA母さん、コメントありがとうございます。

昨年は大変な怪我を負っていただけに、今でも見るたびに「こんなにやって大丈夫なの??」と心配してしまうのですが……。最近は本当にすばらしいですよね。ブログもおもしろいし、実に多才な人だなあと感心してしまうのです。

投稿: つぴぃ | 2007/09/17 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16463321

この記事へのトラックバック一覧です: 平山劇場で帳尻あわせ:

« なでしこの底力 | トップページ | 多摩サイ、台風の余波 »