« 明日のことあれこれ | トップページ | 獅子奮迅 »

2007/09/01

渡辺酒造が廃業

多摩湖の帰り、「吟雪」でおなじみの武蔵村山市の造り酒屋、「渡辺酒造」へ行ってきました。

Rimg0027


いつも拝見しているnuruhati1559さんのブログ、「いちゃりばちょーでー」で知ったのですが、なんと9月いっぱいで廃業してしまうとのこと。自転車生活をするようになってからは多摩地域の酒造にも興味がわくようになり、石川酒造や小澤酒造へ出かけたことはありますが、近場は「いつでも行ける」という気軽さから後回し。初訪問が、最後の訪問になってしまいました。

Rimg0010
↑酒造ならではの煙突


「渡辺酒造」の創業は明治10年。今年がちょうど130周年にあたるのだそうです。その節目に廃業とは……。いろいろな事情があるのでしょうが、本当に寂しいことです。

Rimg0008


ショールームでは最後のセールを実施中。純米大吟醸も何もかも、ほぼ半額の価格で売られています。nuruhatiさんのブログで見た写真よりも、商品はずいぶん減っていました。セールは明日まで。「それまでに全部売れればいいのですが……」とのことでしたが……。

Rimg0015
↑こんなものも売られています


「吟雪」のブランドでおなじみですが、さまざまな種類の日本酒が並んでいます。古酒、生酒、あるいは日本酒が苦手な人でも飲めるように工夫されたアルコール度が低めのお酒などなど。こんなにいろいろな種類があったのか……とビックリ。「渡辺酒造」の日本酒が買えるのももう最後(近隣のスーパーや酒屋に在庫がしばらくあるかもしれませんが)。というわけで、こちらの好みを伝えながらいろいろ選んでいただき、宅急便で自宅に送っちゃうことにしました。さすがに自転車では運びきれませんからね(笑)。

Rimg0014
↑各種ハッピも激安!


外では、「吟雪」の文字が染め抜かれたグッズも売られていました。記念に買おうかな~と思ったけれど、グッズよりはお酒のほうを選んでしまったワタクシ(笑)。あ、日本酒用のグラスをまとめて買いました。ビールを飲んでもよさそうでしたし、何よりも安かったし。

Rimg0018
↑「さびしいなあ~」


帰りは、空堀川沿いを走るつもりだったのですが、川沿いの道がなかったために断念。川沿いがすべてきれいに整備されたわけではなかったのですね。

すっかり涼しくなって、日本酒がおいしい季節になりました。あと2ヶ月ばかりすれば新酒の季節ですが、新しい「吟雪」はもう飲めないのですね……。130年という歴史に思いを馳せながら、静かにおいしい日本酒をいただきたいと思います。

Rimg0020


昨日うかがったところでは、セールはこの土日で終了の予定だとか。興味のある方は急いでくださいね。17時くらいには店じまいしていましたので、時間もお早めに!

|

« 明日のことあれこれ | トップページ | 獅子奮迅 »

コメント

おおっ、行ったんですね。本日で終了ですか、残念です。近所の酒屋さんからも吟雪の酒が姿を消していっているような気がします。

投稿: nuruhati1559 | 2007/09/02 08:42

nuruhatiさん、コメントありがとうございます。

行ったのは偶然ですが、ぎりぎり間に合ったみたいです。情報に感謝でございます。

来店していたお客さんが「ジャスコ?にまだあった」とか言っていたので、スーパーにはまだ在庫があるのかな~と思っていましたが……。確かに、いずれは返品されるのでしょうね……。

投稿: つぴぃ | 2007/09/02 10:49

 酒くれマークの吟雪が…、廃業…
 知ったのは、つい最近のことです
 自分が好きだったカフェが、居酒屋になった看板に吟雪がありました・・・
 しかも、酒くれマークの看板がずらりと並んだところが地元にありましたので、ショックです…
 机のところにある、吟雪カップ酒の空き瓶を貯金箱にしたのが、むなしく見えました…

投稿: Sakenomi | 2008/09/18 07:57

Sakenomiさん、はじめまして&過去記事に反応してくださってありがとうございます。

吟雪の廃業はもう1年前だったのですね。早いものです。

自転車でよく通る道沿いにも、いまだに「吟雪」看板をかかげている居酒屋さんがあります。もうその日本酒はないのになあ、と思うとなんとも寂しいですね……。

投稿: つぴぃ | 2008/09/18 12:51

はじめまして、こんにちは。
私は以前石川県で日本酒を作っていました。
訳あって、実家のある東京に帰ってきましたが、
いずれはこの、関東で酒造りを再開したいと思っています。

その流れで、
東京の酒蔵について調べていたところ、
廃業された吟雪さんのブログを拝見し、
ファンはいるのになくなっていく地酒への気持を感じ、
なくしたくないな、、と強く思いました。

いつか、廃業、休業した酒蔵を復活させるべく
奮闘したいと思います。

すみません、突然の変なコメントで。

投稿: めがね君 | 2010/06/08 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16296947

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺酒造が廃業:

« 明日のことあれこれ | トップページ | 獅子奮迅 »