« 記録:ヒマワリ畑~三ヶ島ペタル | トップページ | 土曜日は花火大会 »

2007/09/27

アジアの戦い

AFCアジアチャンピオンズリーグ 準々決勝が行なわれた。

浦和レッズは、アウェイの韓国で前回王者の全北現代を相手に王者の戦いぶりを見せ、ベスト4進出を決めた。

BS朝日の録画を見て(テレビがボロいので映像が額縁入りですよ(笑)、小さな画面から聞こえてくる「いつもの浦和サポの声」に、不思議な感動を覚えてしまった。東京ファンなので浦和の応援は好きではないし、間違っても自分が浦和に肩入れすることはないだろうと思っていたのだが、やっぱり韓国チーム相手になると違うのかな(笑)。あるいは、危険なファウルが多すぎる全北現代にムカついたのかもしれないが、いつのまにか「頑張れ、浦和」モードになっていたのは、我ながら敗北した気分(笑)。

詳細なデータは確認していないけれど、後半途中の段階でファウル数がケタ違い。浦和が5で現代が20だったからね。現代の退場者についてはちょっとよくわからないジャッジだったが(シミュレーションらしい)、彼が退場しなくても、遅かれ早かれひとりは退場していたはず。そのくらい荒っぽいパフォーマンスだった。浦和の選手たちが無事で帰国できるのは大変に喜ばしい。

もし東京がACLに出場できたとして、あのくらいの応援でチームをサポートできるだろうかと思うとちょっと心もとない。それが東京のスタイルだとはいえ、異国の地でのホームサポの大声援というのはやはり力になるだろうしなあ。何だか素直にうらやましかったよ、悔しいけどね。

川崎VSセパハンの試合は、まだ見ていないけれど結果は知っている。NHK-BSでの放送の終わりごろだけ見てしまったから。

敗北という結果を受けて、川崎の選手たちが予想以上にダメージを受けていることに驚いた。確かにホームで得点できなかったのは痛いし、PK戦にもちこまれた時点でかなり不利にはなっていたけれど……。週末には早くもリーグ戦があるのに、切り替えて戦えるのだろうか、ちょっと心配(東京にとってはラッキーかもしれないけれど、「多摩川クラシコ」はひと月も先の話だからね)。

直前のリーグ戦で主力を8人も休ませたことについて、Jリーグが川崎側に文句を言っているそうだ。「チャーター機まで用意したのに」って、バカみたい。いかに入念な準備をしても、勝負ごとなのだから負けることだってある。「これをしてやったのに勝てなかった」と言うこと自体が間違い。

チャーター機よりも前に、過密日程を何とかするほうが先決。浦和は今シーズンはもう40試合以上を戦っているらしいし、日本代表選手であればもっと多くの試合に出ているはず。何となく欧州強豪クラブのほうが日本よりも試合数が多いのではないかと思っていたのだけれど、ほとんど変わらないんだね。リーグ戦はどうにもならないだろうから、ナビスコや天皇杯を何とかしないと、貴重な人材を食いつぶすことになると思う。

UEFAのCLではフツーにサッカーを楽しむことができるのに、アジアになると「悔しい」だの「うらやましい」だの、いろいろな感情が渦巻いてしまうものだな~。そのうち行くぞ、東京だって。

……あ、リーグカップはチェルシーが勝ったのか。でも、聞いたことのない相手チームだけど(笑)。マンUは敗戦。相変わらずよくわからんチームだね。

|

« 記録:ヒマワリ畑~三ヶ島ペタル | トップページ | 土曜日は花火大会 »

コメント

先発を入れ替えた川崎に対して、文句を行っているJリーグ事務局は、分かっていないですね。もし、手抜きで選手を入れ替えたら、最初に川崎サポーターが黙っていない。今回の柏戦では、川崎サポは敗戦にも関わらずチームの健闘を讃えたと聞いてます。

事務局は、totoへの影響を気にしているでしょうが、チームのサポが納得している話に口出すのは変ですね。

強行日程で往復何十時間も飛行機に乗っていた選手を、体調が戻らないまま試合に出してケガをしたら、事務局はどう責任を取るのでしょうかね。

投稿: コタツねこ | 2007/09/27 18:38

強行日程のほうを何とかすべきでしょう...
Jリーグのチーム数も多すぎです...
このいちゃもん(外交用語では干渉という)を認められることになったら、

多分先発として出して、

すぐに引っ込めるという対応になるか、
ACLの数試合前からメンバーを入れ替えて、

ACLでは本物のレギュラーで対応...
ということになるかもしれません...

それでもいいと考えているのかな?某チェアマンは???

投稿: しと | 2007/09/27 18:47

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

日程の厳しさは欧州も同じですが、アジアのほうが広くて移動距離が長く、環境が違いますからねえ。「欧州でやっているから」という理由でマネをしていいことと、良くないことが有るような気がします。

投稿: つぴぃ | 2007/09/28 00:59

しとさん、コメントありがとうございます。

Jリーグは「1部」に始まって、4部、5部、それ以上……とどんどん裾野を広げてほしいので、ちゃんとしっかり組織化をお願いしたいところです。J1のチーム数はこんなもんかなあ(欧州のメインどころだと、ブンデスが18チーム)。ナビスコのグループリーグをやめるとか、その辺で調節してもらいたいものです。

投稿: つぴぃ | 2007/09/28 01:03

つぴぃさん、ACLを戦い抜くには単に強いだけじゃ厳しいよねぇ
もし我がFC東京だったらと思うと本気でリーグ戦でも捨てる試合を覚悟しないと無理がある。
半端なターンオーバーでは勝ち抜けない。

それにしても川崎フロンターレはよくがんばったと思う
延長戦に入って最後のロスタイムはスタジアム全体が祈るような神聖な雰囲気を醸し出していた。
きっと川崎サポーターはこの夜の試合のことをいつまでも忘れないだろうねぇ・・・

観ている僕はとても羨ましかった
勝っても負けてもその現場に居合わせたことは素晴らしいと感じる
人生と同じで「山あり谷あり」がサッカーだからねぇ・・・

哀しいかな日本サッカー協会やJリーグの偉い方々には苦渋の選択で戦った川崎イレブンやスタッフを称える度量が無い
浦和レッズのようなビッククラブと同一視できるはずがないのが現実なのになぁ

まぁいろいろ心ない権力者のお話があったとしても川崎サポーターの心のある応援があればいいと思う。

アジアや世界で戦うにはクラブそのものの力量が問われることになる

つぴぃさん、FC東京もいつかACLを戦いたいねぇ・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/09/28 11:58

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

そうですね、アジアで戦い抜くには「強い」だけではダメでしょうね。過去のJチームがことごとく予選リーグで敗退していったことは、偶然ではないのですから。

で、そう考えてみると、東京はまだまだその段階には達していないような(笑)。でも、目標として掲げるのは良いことです(そもそもJで優勝しないとならないわけですが)。チーム、フロント、サポーターのすべてが成長しないとならないですね。

投稿: つぴぃ | 2007/09/28 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16588881

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの戦い:

« 記録:ヒマワリ畑~三ヶ島ペタル | トップページ | 土曜日は花火大会 »