« 渡辺酒造が廃業 | トップページ | 名湧水のある不思議空間 »

2007/09/02

獅子奮迅

Jリーグ第24節 東京VS神戸は1-3で東京の勝利。
久しぶりの連勝&ホーム勝利である!

Rimg0014
↑味スタのピッチよりずっときれい!


とにかく、今野選手がすばらしかった試合。
しつこく相手をチェイシングしていたかと思えば、技ありのボール奪取、絶妙なパスも通せば、ヘディングで貴重な同点弾、広いピッチを汗ひとつかかず縦横無尽に90分間動き回り、試合後のインタビューではキャプテンらしい落ち着いた発言……と、ひとりで3人分くらい活躍していた。オシム監督が観戦していたらしいが、代表戦でもこのポジションをためしてあげてほしいなあ。

今野の奮闘に触発されたのか、総じて皆がよかったと思う。特に後半は。梶山、栗澤、赤嶺、そして珍しく(ごめん)徳永。「人もボールもよく動くサッカー」というのはこういうものなのねと、実に堪能させていただきましたよ。もっとも、こうして皆でアグレッシブに頑張っている中で、ひとりボケなプレーを連発していたのが茂庭だったりしたわけだけど、相手がそれほど強くなかったので「(笑)」で許せる範囲なのは救いだったかな。

調子が良くなってきたところで2週間の中断というのは、いいことなんだか悪いことなんだか。今野、梶山、平山といったメンバーは代表で欠けるのだろうし、彼らも海外遠征になってしまうので、15日の試合には出られないかもしれないけれど……。3人抜きでもいい試合ができるよう、しっかりチームとして練習を重ねておいてもらいたいものだ。伊野波あたりは戻ってきてくれるのかな!?

4連敗を喫して、これ以上負けたら堪忍袋の尾が……というところで大勝したり連勝したりして、サポーターにえもいわれぬ快感を与えるというのが、ここ2年ばかりの東京のパターン。この帳尻あわせぶりは、今や芸術的レベルにまで到達したと思う(誉めてない)。

「だから東京のサッカーはおもしろい」のかもしれないが、そのおもしろさの前提には「連敗」による「フラストレーション」が不可欠というのが皮肉なところだ。負け数のほうが多いからこそ、たまに勝つとものすごくうれしい。これでは上位に食い込むことはムリというものだ。

こうした小さなカタルシスで幸せをかみしめているようでは、いつまでたっても最高のカタルシス(つまり優勝ですな)は味わえないよ……と言いたいところだけど、今の東京にそれを求めるのは酷なのは充分にわかってる。

連敗の後に大勝したり、上位チームをいぢめる程度で喜んでいる志の低いチームでいいのか、それを脱却するには何が必要なのか、フロントには今からよく考えておいてほしいもの。このまままたも終盤にかけて調子をあげていって、「楽しかったから来年もこれでいこう!」となっちゃったら、かなりガッカリ(何よりその前に、まず残留を決めないと)。

もしかしたら、私は東京に過剰な期待をかけすぎなのかもしれない。でも、J1のクラブであれば、上を目指すのは当然だと思うし、そうでないのならJ1にいる資格もないし、プロである必要もないと思うのだ。


Rimg0023
↑国立競技場でつば九郎と握手!


昨日は「東京ヤクルトスワローズ」とのコラボデーとのことで、マスコットのつば九郎が来場。着ぐるみ萌え(?)なワタクシは、握手してもらってご満悦でございました(笑)。さすが歴史あるプロ野球のマスコットということで、大御所のような貫禄でしたね。

なるしまでのんびり買い物をしていたので、スタジアムに入ったのはキックオフ約1時間前。当然ながら青赤ミニ傘は完売しておりました。ゴール場面で青赤傘を掲げる人もいたけど、かなり少なかったような印象。例によって、ものすごくひかえめな量しか生産しなかったのではないでしょーかね。

次節のJはアウェイながらも国立競技場、その前には北京五輪最終予選も国立で開催ということで、私にとっては国立3連戦。できれば3連勝といきたいものでございますな。

|

« 渡辺酒造が廃業 | トップページ | 名湧水のある不思議空間 »

コメント

先制されても諦めず、強気で攻め上がったのが、良かったですね。特に、今野・梶山の二人の積極的な攻撃参加が効いてました。

栗沢も攻守に活躍してましたし、チームの連動性が感じられました。

この調子で残り試合を、戦ってもらいたいものですね。

投稿: コタツねこ | 2007/09/02 13:05

うふふふふーーーーつぴぃさん、「眠らない街」歌えたねぇーーー

正直音程も何だかハズレてしまったよぉー
まったくこんなに久しぶりなのは困ったもんだが、それにしても笑顔がスタジアム中にあるのは素敵なこと

帰りにお子さん連れの家族の方が嬉しそうに帰っていたのを見たとき応援し続けてよかったなぁーと感じた

僕も小さいころお父さんに連れられてプロ野球を見に行ったことがある
今でも思い出に残っているんだなぁ・・・・

人生にはいろいろな思い出があるもんだねぇ・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/09/02 14:15

コタツねこさん、コメントありがとうございます(重複分、削除させていただきました。ご了承ください)。

気がついたら、あと10試合しかないんですね。残り試合、できれば勝ち越してほしいものです。

投稿: つぴぃ | 2007/09/02 19:10

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

「眠らない街」、ホームでは本当に久しぶりでしたね。あと、「東京音頭」もよかったし。

帰り道、ルーカスの応援歌を歌いながら歩いている子どもとお母さんを見かけました。笑顔がはじけそうで、こちらまでうれしくなりましたよ。こういう笑顔をもっと見たいものです。観客動員を増やしたいならまず勝利!ですよね。

投稿: つぴぃ | 2007/09/02 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16316749

この記事へのトラックバック一覧です: 獅子奮迅:

« 渡辺酒造が廃業 | トップページ | 名湧水のある不思議空間 »