« 今年も秋が始まる | トップページ | 平山劇場で帳尻あわせ »

2007/09/15

なでしこの底力

女子ワールドカップ 日本VSアルゼンチンは、1-0で日本の勝利。

日本の方が枠内シュートも多くて試合を支配していたけれど、得点がなかなか決まらず、ついに後半ロスタイム。ああ、0-0なのか……と思った瞬間に得点を入れるのだから、これぞ「なでしこジャパン」の面目躍如だね。

アルゼンチンは中3日、日本は中2日。11-0で負けたチームVS後半終了間際まで死闘を続けたチーム。コンディションの差は明らかにあって、イングランド戦のときのようなキレが見られない日本。何度となくチャンスはつくるが、決めることができない。

対するアルゼンチンには、「アルゼンチン」という名前から連想する強さも狡猾さもなかった。実際、本当の危機は何度あっただろうか!?というくらい。日本のほうが明らかにいい試合をしているのに、得点が入らない。こうなると敵は自分たち自身だ。得点が決まった瞬間は、うれしさよりも安堵の気持ちが先にたったくらい。

アルゼンチンには11-0と大勝したドイツだが、イングランド相手には0-0。ということは、なでしこたちにもチャンスはあるということだ。決勝トーナメントに進出できるかどうかは、第3戦までわからない。スケジュールは相変わらず厳しいが、この粘りと頑張りでぜひぜひ駒を進めてほしい!

そういえば、川渕氏&岡野氏などがスタジアム観戦している様子がTV画面に映し出されたけど……。ある意味、男子代表以上に感動と勇気を与えてくれる女子サッカーに、もっと正当なる評価&援助をしてほしいもの。川渕氏を見ていると、わずか10数年の間にこうも変わってしまえるのかとか、人間、引き際が大事だよな~とか、いろいろなことを考えてしまうなあ。

で、梶山。頚骨高原骨折は、骨折の中でもあまりたちのよくないものらしいので本当に心配。試合後のインタビューにはしっかり答えていたけれど、その時にはことの重大さを自覚していなかったんだろうな。不憫である。

世の中には、重傷といわれるケガから立ち直って、ケガ以前よりも活躍している選手がたくさんいる。梶山はまだ若いのだし、きっとそうなれるはずだ! 梶山のためにもしっかり残留して(笑)、来季、彼のいる場所を確保しておくから、安心して治療とリハビリに励んでほしい!

さて、今日は横浜FC戦。「いい人東京」を脱皮できるのかな? そろそろ、頼むよ~!

|

« 今年も秋が始まる | トップページ | 平山劇場で帳尻あわせ »

コメント

なでしこジャパンは確かランク10位

イングランドは確か12位

日本という国のチームは同格には強いので、

かなり格下のアルゼンチンに微妙な差しか出なかったのは

もしかしたら順当かもしれません。

そして格上には自然に負けるので、どうなることやら...

ドイツの順位は知りませんが...

投稿: しと | 2007/09/16 00:11

3連勝おめでとうございます。
平山の得点はすごかったですね。
あんなシュートが出来るのはJではワシントンと平山くらいかな(笑)
昨日はめずらしくレッズは中継があったのに娘の買い物に
付き合わされ見れませんでした・・・・

投稿: やっさん | 2007/09/16 05:39

しとさん、コメントありがとうございます。

明日のグループリーグ最終戦は、もうひとつの試合結果によっても左右されそうなので、ますます気が気でなくなりそうです。イングランドVSアルゼンチンというのは因縁深いカードなので、アルゼンチンの奮起を期待したいところです。

投稿: つぴぃ | 2007/09/17 00:37

やっさん、コメントありがとうございます。

いや~、田中達也のゴールは素晴らしかったですよ……。オーストリー遠征から戻ってこのパフォーマンスができるというのは、本当にすばらしい。東京の選手だったら、もっと良かったんですけどね(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/09/17 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16449806

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこの底力:

« 今年も秋が始まる | トップページ | 平山劇場で帳尻あわせ »