« しまなみ旅行記2:ナティーク城山 | トップページ | 多摩湖にも秋 »

2007/10/25

アジアの開拓者として

AFCチャンピオンズリーグ準決勝 2ndレグ 浦和VS城南一和は2-2のドロー。
延長&PK戦の末、浦和が決勝進出を決めた。

昨日は帰宅したのがちょうど9時半ごろ。
「さすがにホームじゃ負けないだろうし、浦和が喜んでいる映像でも見てやるか~」と、チャンネルをBS朝日に合わせたところ、何やら雰囲気が違う。え、延長戦!? つーことは、ホームで2失点もしたのか!?

それまでの試合経過は知らないものの、生で見ることが重要なので、とりあえずそのまま(夕食つくりながら(笑))観戦。延長戦はかなりヒヤヒヤもので、疲労の色の濃い浦和がもちこたえられるのか心配だったが、試合はPK戦で決まることになった。こうなると、埼スタで戦う浦和のほうが有利だ。

どこかしら素直に喜べないような気もするけど(負け惜しみか(笑))、ともかく浦和が勝ってよかった。JリーグのクラブがAFCチャンピオンズリーグの決勝に進むのは初めてのことだ。お祭り的な色彩の強いクラブW杯だけど、自力でJクラブが出場を決めるのと、開催国枠とかその手の特権で出場するのとでは、その意義はまったく違う。

日本がアジアに属する以上は、JリーグのクラブはAFCチャンピオンズリーグを目指すしかないし、その先のクラブW杯が到達点となる。UEFAの大会のようにまだ整備はされていないし、勝ったとしても巨額な収入があるわけではないし、改善していかなくちゃならないところは山ほどあるだろうが、これからは日本が主導する形でアジアのサッカーを盛り上げていってほしい。そうすることで、アジアのサッカーのレベルアップにもつながっていくだろうし。

浦和の決勝進出は、そのための第一歩なのだ。だから、浦和には決勝に何としてでも勝って、クラブW杯へ行ってもらいたいと思う。彼らには、リーグ優勝と天皇杯が残されているけれど、ACLを最優先にしてほしいくらいだ。アジアで活躍する最初のJクラブになるなんて、カッコいいじゃないか(悔しいけど)。

決勝戦はUEFAの大会とは違って、ホーム&アウェイの戦い。2戦目が浦和ホームなので、ぜひホームでカップを掲げてほしい。彼らの勝利がJクラブ全体の進歩につながると思うからこそ、東京ファンの自分も浦和を応援するのだ。真っ赤なユニフォームの波の向こうに、いつか青赤が見えてくることを信じて。

TVで試合を見ていて、ふだんは「ウザくて鬱陶しい」としか思わないレッズサポのことを、実に頼もしく好ましく感じてしまった。彼らは確かにチームをサポートし、力になっていたから。サッカーはチームだけでするものではないということを改めて感じたよ。この応援スタイルがすべてにおいて正解だとは思わないけれど、わが東京ももっと頑張らないとね。

で、一方ではUEFAチャンピオンズリーグを見ているわけなのだが、昔に比べて「欧州のクラブだしどうでもいいや」みたいな気持ちで見るようになっているのが我ながら不思議だ(笑)。いや、見ていてフツーに面白いのだが、あくまでもそれは「娯楽番組」として面白いというだけのこと。欧州のクラブの勝敗で、私の日々の生活がどんよりしたり明るくなったりするわけではない。それが、東京とはいちばん違うところかな。

それはともかく、今シーズンはアーセナルがいちばん面白い。無敗でプレミアを制したころとメンバーはほとんど入れ替わってしまったのに、やっているサッカーは当時の「強いアーセナル」のままなのがすばらしいし、これが監督の個性なのだと感じ入る次第。すばらしい監督のもと、彼が集めた選手たちが、監督の意に沿ったプレーをして勝利する。こういうことが東京でもフツーにできるようになる日が来るといいね。

|

« しまなみ旅行記2:ナティーク城山 | トップページ | 多摩湖にも秋 »

コメント

つぴぃさん、「小異を捨てて大同につく」ということが大事なのかもなぁ・・・・

普段、「サッカーは海外しか見ないんだよーーー」とかね、「代表戦以外はサッカーじゃないよねーー」とかね、「Jリーグなんてたいしたことなんだろぉーーーー」とかね、
まったく酷い中傷を受けている現状を考えれば、ここはなんとしても「浦和レッズ」にはアジアを勝ち抜いてクラブワールドカップにて海外の有名クラブをコテンパンにやっつけてもらわなければならない。
それこそレッズ戦のみは「埼玉スタジアム」で試合をするぐらいの画策をしても構わないと思っている。

本当は我がFC東京がその任を担わなければならないところなんだが(なにせ首都東京にあるクラブなわけだからね)残念なことに今はその実力がないんだねぇ。

なんとも非常に癪に障る話かもしれないが、Jリーグ代表という観点からレッズを応援することが大事なような気がする

そうはいっても実のところNHKのBSで午前一時から観ていて、気が付いたら眠っちゃったんだが・・・・


つぴぃさん、世界と戦うにはクラブだけじゃなくサポーターや地域も世界と戦う気持ちじゃないとだめなんだろうねぇ・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/10/25 19:12

昨日の浦和の準決勝は、なかなか壮絶な試合だったようですね。是非とも、日本のクラブの代表として決勝も頑張っていただきたいものです。(他人事のように…(苦笑))

これが川崎フロンターレなら、もっと素直に頑張れと言えるのに、浦和だと素直に言えないなぁ。

田中達也も阿部勇樹も野人・岡野もワシントンも好きな選手なんですけどねぇ〜。

何故なんでしょうね?自分でも、不思議です。

投稿: コタツねこ | 2007/10/25 21:13

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

いつもなら浦和を応援することはありえないのに、不思議なものです。でも、応援しつつもどこか素直になれなかったりもするんですけどね(笑)。

試合は結局、延長戦以降しか見ていません。ビデオには録っていたのですが、何せ欧州CLを見なきゃいけないので……。娯楽として見るには、欧州サッカーは最高ですから。浦和の試合は、応援はするけれどもビデオで見直そうとは思わなかったのです(これも負け惜しみかもしれないですね)。

投稿: つぴぃ | 2007/10/26 00:11

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

浦和の決勝の相手は、川崎が負けたチームなんですよね。場合によっては、Jリーグ決勝もあったのかなーなんて。それはそれでまた複雑な気分になりそうですが。

今回のACL準決勝では、浦和以外のJチームサポの人たちが、きっと同じような「複雑な感情」を味わっているのかもしれませんね。

投稿: つぴぃ | 2007/10/26 00:14

セパハン戦を等々力で観戦してましたが、なかなか
いいチームでした。(って、サッカー初心者のわたしが
書いても、意味なしですが(^^;))
今朝のニュースで、フロンターレ側はレッズにセパハンのことで
全面協力と出てました。
お、フロンターレ、やるじゃん、と思ったわたしでした(^^;)。

投稿: MIKA | 2007/10/26 09:15

MIKAさん、コメントありがとうございます。

フツーならライバルチームに情報なんか教えないと思うんですが、今回はJリーグ全体のためにみんなで浦和をバックアップしようという雰囲気になってますね。いいことです。川崎も漢らしい(笑)!

ということで、日曜日はいい試合になるといいですね。あと、雨が降らないように祈りたいものです。味スタは雨でもほぼ快適に観戦できますが、やっぱりちょっと気分が湿りがちになりますので。

投稿: つぴぃ | 2007/10/26 09:36

全く同意見です!
わたしも、複雑な気持ながら浦和を応援していました。
そして、いつもなら(ここでは書きませんが、いろいろとヒドい表現で)浦和サポを嫌っているのに、ほんとうに頼もしく見え、プレミアのサポにも負けないなと、誇りにすら思ってしまっている自分に気がつき、愕然としました。
日本代表が好きになり、W杯、ヒデからセリエA、その他の海外リーグ、そしてチャンピオンズリーグという道を辿り、最後のJに辿り着くと、不思議とFC東京以外のことは、熱が冷めました。だけど、AFCは、やっぱりJリーグが絡むので違いますね。浦和に対しては、がんばれ!という気持よりは、「勝たねばならぬぞー!」という感じかな。
とにかく決勝は楽しみですね。

投稿: ひよこ | 2007/10/26 12:43

はじめまして。さいたま市(旧浦和市エリア)在住のレッズサポで、今年 7月に FLET F85 07モデルを買った、ロード初心者(走行距離はまだ 1200km ちょっと)の kgotoh と申します。
こちらには、自転車関連でたどりつき、ちょくちょく拝見させていただいております。

確かに他チームのサポの方たちにとっては、少し微妙な感じがするかも知れませんね。
私も例えば、東京 FC や川崎F がレッズの出ていない ACL で活躍することがあれば、少し悔しさを感じながらも(笑)、応援するのでしょう。

ただ、なんと言うか、もしもヴェルディが活躍してたりすると、悔しいだけなので応援はしないかも知れません。(^^; 我ながら、心が狭いですね(苦笑)。

フロンターレは、セパハンのことで全面協力ですか。いい話だと思います。
水曜の試合で、怪我をして心配された闘莉王も軽症だそうで、山田、田中(達)、阿部も試合には出れそうだとのことで、ほっとしています。
ただ、選手たちが疲労の極にあることは確かです。大変なのはわかっているんだけど、頑張ってほしいです。

投稿: kgotoh | 2007/10/26 13:27

ひよこさん、コメントありがとうございます。

あー、私と同じような遍歴をたどって東京にたどりついたのですね。私の場合は、フランスW杯→中田セリエWOWOW→スカパー&Jスポリーガときて、ヒロミ解説を経由して今に至るのです。ACL決勝、CL中継よりも必死で見ちゃうような気がします。素直になれないけど、たぶんそうなる……。

投稿: つぴぃ | 2007/10/26 20:51

kgotohさん、はじめまして&コメントありがとうございます。

自転車&サッカーの両方が好きだという人は多いのですね。埼玉方面はまだあまり開拓していないので、まだまだこれからが楽しみです。

ACL、いずれわれわれも行くつもりなので(笑)、しっかり偵察をしておいてください。決勝の日は、TVでしっかり応援させていただきます。あと、「FC東京」ですので、そこだけはよろしくお願いします~。

投稿: つぴぃ | 2007/10/26 21:08

> 「FC東京」ですので

おっと、失礼しました。_o_

J リーグの初期に最下位が続いて、川口チェアマン(当時)から「お荷物」呼ばわれされたり、悪夢の J2 陥落などの苦しい日々を過ごしたことを思えば、今の隆盛はまさに「夢のよう」です。

FC 東京との試合では、駒場での、試合には負けたが後期リーグ優勝した。というアレが忘れられません。それでも優勝には違いないので、あの夜の浦和の街は大変なことになってました。

自転車は、主に荒川 CR を走っています。最近は荒川上流方面が多いですね。荒川 CR と多摩サイとの間を一般道でつなぐルートがあるとは聞いていますが、正確なルートを知らないので、試したことがありません。浦和からだと、かなりのロングライドになるような…

しまなみ海道も、いずれは行ってみたいと思っています。

投稿: kgotoh | 2007/10/26 21:42

kgotohさん、コメントありがとうございます。

荒川上流は、榎本牧場で止まっております。どうも食い意地が優先していますので、なかなか走るだけというのが難しくて(笑)。埼玉ですと、利根川まで行って海へ……というのも考えられますよね。いつか行ってみたいなあ。

荒川と多摩サイをつなぐとかなりのロングライドになりそうですね。このあたりを参考にして、ぜひ制覇してください(もうご存知だったらすみません!)。
http://www1.ocn.ne.jp/~maro3/bistali_056.htm

投稿: つぴぃ | 2007/10/27 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16868134

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの開拓者として:

« しまなみ旅行記2:ナティーク城山 | トップページ | 多摩湖にも秋 »