« アジアの開拓者として | トップページ | 明日の予定とか »

2007/10/26

多摩湖にも秋

ほぼ2週間ぶりに多摩湖へ行ってきました。

Cimg7447
↑ちょっとだけ紅葉。手前の桜はすっかり落葉した


しまなみ海道へ行った後に風邪を引いて寝込んでしまったので、本当に久々の多摩湖。でも最初の坂を登ってみれば、自分の体調がわかるというものです。なるほど、咳は出るけど息切れはしないし、足も疲れないのでかなり回復しているんだな……とかね(笑)。それにしてもここの坂は、しまなみの橋への坂と似た感じだなー、また行きたいなーなどと思いながら、のんびりママチャリを漕いだのであります。

前回はまだキンモクセイが咲いていましたが、さすがに季節は移ってしまったみたい。桜の葉はもうほとんど落ちてしまい、ハナミズキの赤い実も鮮やか。もみじ類がすべて紅葉するのは12月に入ってからなのですが、今の時期でも充分に「秋」を感じることはできます。

Cimg7459
↑なぜかヤマツツジが満開


とはいえ、夏がむちゃくちゃ暑かったせいか、ところどころ狂い咲きも。狭山湖付近ではヤマツツジがあちこちで花を咲かせていました。この日は曇っていたので富士山は見えませんでしたが、狭山湖からきれいな富士山が見えるようになるのもまもなく。湖面には早くも水鳥たちが集っていました。

多摩湖の外周道路のあちこちでは、除草作業がたけなわです。この地道なお仕事があってこそ、快適に走れるというもの。きれいに雑草が刈られて、あの「タヌキの墓」も見えるようになりました。

気象庁からは「3ヶ月予報」が発表されました。それによれば、今年の冬の寒さは「平年並み」だとか。この夏についても当初の発表からははずれてしまいましたし、今の時期の予想についてはあまりあてにしないほうがいいのかもしれませんけどね(笑)。ちなみに私の経験則では「酷暑の年は冬も寒い」ということになっておりますので、「この冬は寒い」と予想しちゃうんですが、さて、どうなりますでしょうか。

|

« アジアの開拓者として | トップページ | 明日の予定とか »

コメント

今年は寒いと覚悟しておいたほうが良いかもしれませんね。

来年の夏はどうなるのか...
冷夏はいやですが、蚊が多いのもちょっと困るし...

というわけで、立派に現代病に冒されているようです。

投稿: しと | 2007/10/26 12:23

しとさん、コメントありがとうございます。

まー、三ヶ月予報なんてすぐに変わりますからねー。「平年並み」がいちばんいいですよね。それでも寒いんですが。ウチは灯油暖房なので、灯油の高騰がイタいなあ……。

投稿: つぴぃ | 2007/10/26 20:47

2度目のコメントです.
多摩湖が懐かしかったので思わず…
大学でこっち=九州に来る前は時々ポタリングに行っていました.
また玉湖神社とか行きたいですw

ちなみに,こちらは夏は暑くて冬は寒いです(苦笑

投稿: shiro | 2007/10/26 23:35

shiroさん、コメントありがとうございます。

機会がありましたら、また玉湖神社にも来てくださいね。神様はもういらっしゃいませんけど……。

まったく関係ありませんが、私も以前はSF者でした。だから「きょうの早川さん」にはすごーく感情移入しましたよ(笑)。サンリオ文庫がフツーに本屋で買えた時代の読者ですけど(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/10/27 00:43

Googleさんに尋ねてみたところw,みたま遷しは昭和42年ですか...
自分は「あの」玉湖神社しか知らない世代のようです
(その区分けはどうなんだ…苦笑)

自分は(マイナーだった時代の)恩田陸さんで読書に深く入るようになったので,
どちらかというとミステリでもSFでもなく流行を追ってる気がします.
ミーハーというかなんというか.ジャンル分けするのが嫌い,とも言いますw

関東はきょうは天気が凄かったようですね.
北九州は風が強めでしたが,綺麗な秋晴れでした.800Kmの差を感じます…

投稿: shiro | 2007/10/28 00:44

shiroさん、コメントありがとうございます。

玉湖神社、今も立派な社殿があるんですが、すっかり寂れてしまって……。もったいないことです。

東京付近も、すでに雨は上がりました。明日は台風一過の秋晴れになりそうです。

投稿: つぴぃ | 2007/10/28 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16874888

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩湖にも秋:

« アジアの開拓者として | トップページ | 明日の予定とか »