« しまなみ旅行記9:寝台車で帰京 | トップページ | パスポート更新 »

2007/11/15

浦和、ACL優勝

AFCチャンピオンズリーグ決勝2ndレグ 浦和VSセパハンは2-0で浦和の勝利。
アグリゲイトスコアが3-1となり、浦和が日本勢初のACL優勝を飾った。

どちらのチームに肩入れして見ることになるのかと自分自身の反応に興味があったのだが(笑)、意外なことに中立の目で見てしまった。それだけ他人ごとってことですかね。ただ、ものすごく低レベルの実況のせいで、だんだんセパハンびいきになってしまったけどさ(ああいう絶叫型の実況を聞いていると、どんどん冷めてくるのよ)。

日本サッカーとJリーグの今後のために、浦和が優勝できたのはよかったと思う(クラブW杯の動員にもいい影響が出そうだから、きっと日テレも喜んでいるに違いない(笑))。浦和はもちろんJでは屈指のビッグクラブで選手層も厚いけれど、もちろんそれだけでは優勝できるわけがない。

ACLを戦うために移動する距離はUEFAの大会とは比べ物にならないほど長いし、遠征先のスタジアムの環境の格差も激しい。おまけにリーグ戦は容赦なくやってくるし、加えて各種のカップ戦も待ってはくれない。以前と比べて、Jのバックアップ体制もマシにはなったものの、ACLのために日程を変更するような便宜ははかってはくれなかった。浦和のフロントがACLのためにどのような取り組みをしたのかについては、新聞報道以上のことは知らないが、チーム、フロント、サポーター(あとちょっとだけJFA)が一丸となって取り組んだ結果の優勝だろう。


これによって、日本で開催されているクラブW杯の価値も上がる。今までは半分罰ゲームのように思われていたACL出場だが、今後は各クラブが本気で取り組むようになるだろう。欧州に憧れるのもいいが、日本はあくまでアジアのカテゴリーに属する。ならば、今後はアジアの価値を上げるために日本が率先して努力していかなくてはならない。浦和のACL優勝によって、日本のサッカーは一歩先へ進んだのだ。それを成し遂げたのが浦和だということに、どこか素直になれない思いはあるにせよ……。


2点目を決めたのは、阿部だった。ジェフにいたらまったく経験できなかったことを、彼は1年で経験することができたのだ。もちろん肉体には多大な負担がかかっただろうが、たぶん充実感のほうが大きかったことだろう。サッカー選手の場合は、選手生命は決して長くはない。その短い時間をいかに濃いものにするかは、それぞれの人生の選択(と、若干の偶然性)次第だ。彼のような環境に身を置きたいという選手は、少なくないに違いない……特に、より能力がある選手であれば。


ともかく、今やJリーグでいちばん知名度のあるクラブは浦和レッズだろう。昨夜の決勝は地上波で生中継されたが、もしも浦和じゃなくて川崎だったら、はたして地上波でも中継されただろうか?と思ってしまう。何といってもあの真っ赤に染まったスタジアムは絵になるしなー。

結果的に、レッズは埼玉の知名度まで上げてしまった。西武ライオンズが「埼玉西武ライオンズ」と名称変更した背景にも、どこかレッズにあやかろうという気持ちがあったんじゃないかな(それまでは要請があっても、頑として地域名をつけるのを拒んでいたのに、いい加減なものだ)。昨日は「埼玉県民の日」でもあったわけだし、埼玉県人にとっては最高の1日だったでしょうな(除・大宮サポ)。


リーグ最下位や降格も経験したチームが、10年もたたないうちに頂点を極めたという実例がある以上、東京も負けてはいられないということだ。ただ、本当にそういうビッグクラブになりたいとフロントが思っているかどうかというと、そうでもないんじゃないかと感じてしまうところが多々あるのが残念なんだけど。

なんかだんだんグチになってきたから、もうやめよう(笑)。

|

« しまなみ旅行記9:寝台車で帰京 | トップページ | パスポート更新 »

コメント

埼玉県民です...があまり関係ない日でした。
娘たちは幼稚園がお休みなので、
ダイヤモンドシティ(改名されもこちらの方がしっくり来ます)に
プリキュアの映画を見に行きました
その話で持ちきりでした。

スケジュールの件では
逆にACLの方に変更を要請していましたね...
どっちがえらいと思っているのやら...

フロントの覚醒のためには、1度J2に行って地獄を見ることが必要なのかもしれませんね。
どのチームにもいえますが。

投稿: しと | 2007/11/15 12:34

しとさん、コメントありがとうございます。

国内外をとわず、いかにフロントのレベルが低かろうとも、あるクラブを愛している人間が、見せしめや腹いせのためにクラブの降格を望むことはありえないと思います。

投稿: つぴぃ | 2007/11/15 18:21

すみません、配慮が足りませんでした。
ごめんなさい。

投稿: しと | 2007/11/15 21:45

つぴぃさん、何だか変な夜だったねぇ・・・・

まさかあんな絶叫実況中継を観させられるとは思わなかった。
しかも最後に涙声になったのにはビックリだぁ
普段からそんなに応援していたのかと突っ込みたくなる
それこそコツコツ地道にJリーグを実況中継してきた地方局や専門局の人たちに申し訳ない気持ちになってしまう。
まぁそれでも世間的に認知される機会があったのはいいことだと大局的な見地では思うんだけどね

浦和レッズは嫌いなので応援する気もなかったが、レッズサポーターの皆様には、やはり敬意を表するべきだろうと思う。
あの熱狂的なサポーターがあっての浦和レッズだと思うからねぇ

サッカークラブには様々な特色を持ったチームカラーがある
どこが優れているとか素晴らしいということではなく、それぞれ愛し方が違うということのように感じる。
静かに見守るサポーターが多いクラブだってステキだし、おじさんサポーターばかりのクラブもあればファミリーが多いクラブもある
いつもゴール裏で裸になっているサポーターも素晴らしいかもしれない

FC東京でいえば、ゴールキーパーの試合前練習で必ず「はまのーーー」と声がかかる。
もちろんゴールキーパーコーチの浜野さんのことなんだが、同じ声で毎回声がかかるのが名物のようになっている。(きっと浜野さんの選手時代からのサポーターの方なんだろうねぇ)
年季の入った大きな旗をいつも用意している人や必ず「3倍返し」とか過去負けた相手用のゲーフラ専門に掲げる人や様々な応援している人を見るのも楽しいものだと感じている
「ベロ旗」は賛否両論あるような気がするがあれも東京独自のシンボルのようなものかなぁ・・・・
ユルネバを歌う時はとても厳粛な気持ちになる
普段、辛いときには自然とユルネバを口ずさむこともある
アジア代表でクラブ選手権に出場するのならベロ旗やゲーフラや旗やそして多くの人たちのチャントや掛け声が世界に発信される
もしバルサ戦でのロスタイムで「眠れない街」が歌えるなら僕はFC東京サポーター冥利に尽きると思う
きっと昨日は浦和レッズサポーター以外の日本中のサポーターが「いつの日にか自分達が愛しているクラブを応援したい」と夢見たことだろうなぁ。
今は夢のまた夢なのかもしれないが・・・・・

つぴぃさん、僕らには夢を見る権利があると思う
なぜなら僕らはサポーターだから

全国ネットで多くの人々が昨日の試合を観ただろうが、その試合の先には我がクラブがあると信じて夢を見れる人はどれくらいいただろうねぇ
普段リーグ戦やカップ戦で愛するクラブを応援している人々にしかその夢は見れないと思う
いつの日にかFC東京サポーターが敬意を表される日がくると僕は信じるなぁ

投稿: 東京坊主 | 2007/11/15 22:26

しとさん、かえって気を遣わせてしまって申し訳ありません。

サッカー記事に関しては、東京ファンがクダをまいているだけですので、あまり気になさらないでください。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: つぴぃ | 2007/11/16 01:03

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

東京サポにとっては複雑な夜だったかもしれませんね……。今はいろいろうまくいっていないこともありますが、クラブも人生と同じで「いいときもあれば、悪いときもある」のです。これから良くなると信じるからこそ、応援を続けているのかもしれませんね。

テレ朝の実況には本当に唖然としました。お前、いつから浦和ファンになっていたんだ!?と突っ込みそうになったり。地上波の実況はあんなレベルしか望めないものなのか、本当にガッカリしましたよ。日本のサッカーも、各クラブも上をめざして努力をしているというのに、実況はこれでいいのかとね。

投稿: つぴぃ | 2007/11/16 01:06

浦和に出来て、東京に出来ない事はない、と思ってます。

今は浦和が前を歩いているけれど、必ず東京は追いつき、追い越せる。そう信じて、たった一試合7点取られた位で下を向いている選手を応援します。

自分の力を信じろ!!仲間の力を信じろ!!って。

投稿: コタツねこ | 2007/11/16 09:07

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

今回の試合を見ることで、改めて「やっぱ自分は東京が好きなのね」と自覚したことでもありました。本当に冷めていましたのでね(笑)。それを確認できただけでもよかったかな~。

投稿: つぴぃ | 2007/11/16 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/17078969

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和、ACL優勝:

« しまなみ旅行記9:寝台車で帰京 | トップページ | パスポート更新 »