« 紅葉@11月第3週 | トップページ | 久々、あきる野方面へ »

2007/11/25

虚しきホーム最終戦

J1第33節 東京VS大宮は1-2で大宮の逆転勝利。
大宮は残留に向けて一歩前進、一方の東京には何も得るものはなかった。

R0010398
↑いろいろあっただけに寂しいね


あ~これで5年連続ホーム最終戦は引分けか~などと思っていた瞬間の失点。
本当に、ガッカリ。しかも、いずれの失点も、自分たちのミスが起点になっている。
3年連続で、ホーム大宮戦は試合終了間際に失点しているというのも痛い。呪われてるのか!?

試合の立ち上がりからまったりムード。大宮は慎重なのか臆病なのかボールを下げてばかりでなかなか攻撃を仕掛けてこない。東京もたまに目の覚めるような美しいパス回しは見せるけれど、それが決定機につながることはほとんどない。逆に、自分たちのミスでピンチも招くが、相手が大宮なので失点に結びつくこともない。これが川崎や浦和相手だったら、3点くらいはフツーに失点していたかも。このあたりにも、クラブごとの実力差がそろそろ明確になってきたかなという感じがしたりして。

それでも、石川のゴールはよかったよ。梶山の「梶山らしさ」もだいぶ戻ってきた。少しはいいところも書いておかないと、ずっとネガティブになっちゃうからね。


初スタメンの八田は、失点の原因になるプレーもあったし、他にも複数の危険なミスもあった。ただ、今シーズン限りと発表されている選手をスタメンに起用するのはどうなのだろう。開幕戦で吉本を起用して失敗した後は一度も使わなかったり、人材難の瀬戸際になるまで池上や森村を使わなかったりと、若手が好きといわれているわりにはちゃんと育成してこなかったのは、今後の東京にとって負の遺産となってしまうような気がする。

試合後の挨拶は、淡々としたものだった。さすがにおもしろい発言をするような場ではなかったから仕方ないか。まさかヒロミとこんな終わり方、別れ方をするとは思っていなかったよ。出戻りの今シーズンこそ、ヒロミが望んだ選手たちで戦えるんだろうと期待していたのだけど、結局そういう関係にはなっていなかったみたいだし……。確かに納得できない采配は多かったけれど、同情すべき点もたくさんあったのだ。

今までのホーム最終戦は、寂しさとともに笑いもあったりして、「また来年会おうね」というほのぼのした雰囲気に包まれていたのだが、今年は本当にうら寂しかった。土肥や福西の胴上げも悲しかった。急速に暮れゆく空と冷たくなっていく空気は、まるで東京の今シーズンを象徴しているかのようだったし……。

今シーズンは、味スタで結局5勝しかできなかった(はず)。引分けは1度しかないので、とにかく負けっぷりがすごい。これだけホームで負けていて、よく降格しなかったものだ(観客もこれだけよく入ったものだ)。来年はホームが本当にホームとなれるよう、せめて芝のことくらいはちゃんとしてもらいたい。結局、開幕から最後まで芝が足を引っ張った(じゃなくてすべらせてた)のだから……。


04年にナビスコを獲ってしまって以来、ずっと勘違いをし続けて「次の目標はリーグ優勝だ!」などとぶち上げてきたけれど、来年の目標は現実的に考えると「リーグ残留とチームの建て直し」ということになりそう。「まだまだ大きくならなければならないクラブ」とヒロミは言ったけれど、基礎工事がちゃんとできていないところに高層マンションを建てようとしてもそれはムリな話。来年は本当に基礎からやらなきゃダメだ。そういう意味では、城福さんという人選は悪くないのかもしれない。

ホーム最終戦だというのに私のモチベーションが低く、スタジアムに入ったのは新ユニ発表イベントが終わったころ。てっきり青赤縦縞だと思っていたのに、キカイダー(笑)ですか。まぁ連勝でもしてくれれば、新ユニを買う気になるかもしれないけどね。結局、SOCIO用DVDも買わなかったし、コンコースにいる選手たちを見に行くこともしなかった。


ところで先日、仕事先で6年ぶり(!)に再会した知人が、今は大宮サポになっていると知った……で、昨日はスタジアムで落ち合って、ちょっと雑談(仕事以外の場で会うのは初めて)。社交辞令で「来年はNACK5スタジアムに行きたいから頑張ってよね」とか言ったんだけど、その通りになってしまって痛し痒し(笑)。試合後、コンコースを歩いていると「これで来年はNACKスタへ行ける」という東京ファンの声がちらほら聞こえてきたり。昨日の結果は、結局私らが望んでしまったことなのかも、とちょっと反省……。

で、来週は最終戦。お互いモチベーションがないチームだけに、どんなゲームになるのか、これはこれで興味があるところ。さて、1週間かけて「甲府風林火山ポタ」のコースを考えないと(さすがに自走じゃないです(笑))。

|

« 紅葉@11月第3週 | トップページ | 久々、あきる野方面へ »

コメント

攻守の主力を二人欠き、負傷明け二人、経験不足二人出場の状況で内容は悪くはなかったですが、今野の不在が響き、あと一押しが足りなかった。

今年は結果優先体制でしたから、池上・森村・吉本らの育成は後回しにして、そのツケを最終戦で払わされた形ですね。

新監督が育成もするなら、来年は残留すればOK位で見守る必要があるかもしれません。好成績の方が良いに決まってますが、そんなに上手くはいかないでしょう。

結果が出るまで、最低2年の準備期間が必要だと思います。その間、サポーターが我慢出来る成績を残せるかが再建の鍵ですね。

投稿: コタツねこ | 2007/11/25 17:05

それでもフットボールは続くんだろうねぇ・・・・

つぴぃさん、ホーム最終戦は淋しいものがあるねぇ
今までは淋しい中にもちょっと楽しさがあったような感じもあったんだが・・・
今日の試合は何か勝ちたいというより勝たせてあげたいという気持ちが強かった。
何でだろうね・・・

僕は原監督の話を聞いてダンディズムを感じたなぁ・・・・
男は言い訳しちゃだめなんだねぇ(まったく僕は反省ばかりだ)

それにしても原監督は胴上げを拒否したらしい
当然天皇杯が終わっていないわけで、心の中には闘争心があるんだろう

今年は後一試合最後の甲府戦で終わりだ
仕事も忙しいし、お金もない。
それでも元旦には聖地国立に駆けつけたい

これはダメサポからのお願いでもあるんだがチームに勇気を与える応援ができる人が一人でもいてくれたらありがたいと願う

天皇杯は苦難の地方回り、まったくひどい話ではあるんだが、それでも一縷の望みを捨てられないダメサポにとっては現地観戦の皆様におすがりするしかない
どうか決して強いチームではないFC東京ではあるんだが聖地でもありホームでもある国立競技場に帰ってきてもらえるように応援してもらいたい

つぴぃさん、きっとこのブログを見ている人はFC東京が大好きな人が多いと思うんだなぁ・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/11/25 17:48

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

2年くらい待つのはまったく構いませんよ~。何せ、今まで3年をドブに捨てていたのですから……。本当に、イチからやり直さないとなりませんね。

投稿: つぴぃ | 2007/11/25 22:28

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

原監督、胴上げ拒否だったのですか。コメントに責任転嫁がまったくなかったのには頭が下がりました。来年はスカパーなのかスペイン修行なのかはわかりませんが、これからはわだかまりなくまたヒロミスタを再開できるからうれしいかな(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/11/25 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/17175275

この記事へのトラックバック一覧です: 虚しきホーム最終戦:

« 紅葉@11月第3週 | トップページ | 久々、あきる野方面へ »