« 残留はしたけれど | トップページ | しまなみ旅行記9:寝台車で帰京 »

2007/11/13

しまなみ旅行記8:旅の終わり

四国とお別れする時間が近づいてきました。

Cimg7390
↑高松城跡がある公園


土地勘も少しつかめたので、屋島から高松までは幹線道路ではなく海沿いの適当な道をのんびりと帰ってきました。高松駅から半径5キロ以内にはいろいろな観光ポイントはあるのですが、拝観時間というものがあるため、そうそう見に行くわけにもいかず……。結局、駅に程近い「玉藻公園」でお茶を濁すことになりました。

Cimg7395
↑鯛が餌付けされているお堀


こちらは、旧高松城跡。お城はほとんど海沿いに建っていたため、お堀の水は海水です。鯛の稚魚が迷い込んできて成長し、お堀に鯛が泳いでいたこともあったそうで、その故事にちなんで「鯛願成就」グッズが売られていたり、鯛が飼育されていて餌付けができるようになっていたりするところがユニーク(笑)。

しかしこちらの施設も夕方5時には追い出されてしまいました。帰りの夜行は9時26分発。夕食は食べるとしても讃岐うどんの余波でまだお腹はすいてないしなー。自転車をどこかに駐輪して長時間フラつくことは避けたいので、こういう時はちょっと困ってしまいます。

結局、瀬戸内海も見納めということで、フェリー乗り場を中心としたベイエリア施設「サンポート高松」を散策することにしました。昼間は晴れて暑いくらいだったのですが、夕方に入って急に曇って風も強まり、なんだか肌寒いほど。できれば屋内でヌクヌクしたいものですが、そうもいきません。

Cimg7401
↑桟橋の突端にある「赤灯台」


「サンポート高松」は、いってみれば「横浜赤レンガ倉庫」みたいな感じかな。人もお店ももっと少ないし、地域密着、ジョギングしに来る地元の人が多い印象ですが。桟橋のはずれには、総ガラス張りでつくられたという「赤灯台」が。全体が紅く光る様子は、ちょっと妖しげ(笑)でステキ。やっぱりデートスポットなんだろうなあ、ここ。ひっきりなしに行き来するフェリーを眺めてながら、しばし感慨にふける……太平洋しか知らない人間にとっては、異世界のように見えた瀬戸内海の風景も、これで見納めかー。

Cimg7399
↑桟橋の端から高松駅方面を臨む


自転車でさらにのんびり走っているうちに、「ミケイラ」というイタメシ屋を発見したのでここで時間つぶしをすることにします。海沿いでロケーションもいいし、雰囲気もなかなかで、結婚式の二次会などにも使われるよう。瀬戸内の魚を中心に軽めのメニューをオーダーしますが、やっぱりお腹がすいていないのであまり食べられず。恐るべし、さぬきうどん(笑)。料金が10%引きになると聞いて、レストランの携帯メルマガ会員になってしまったのですが、今も週イチくらいでメールが送られてきます。さて、次に行けるのは何年後でしょうか(笑)。

グラスワインをいただいてしまったので、駅までは自転車を押しながら散歩して帰ります。まだ時間も余ってるしなー(笑)。駅前でのんびり自転車を畳み、交代でコンビニで買出しに行ってみたり。相変わらず私は補助的なことしかできませんが、ダンナはさすがに自転車の出し入れにも慣れてきて頼もしい限りです(笑)。

それにしても、自転車の組み立て(逆もあり)というものはもの珍しいのか、今回はたくさんの地元の人とお話することができました(笑)。だいたい「どこから来たの」に始まって、「それ、軽いの」とか、同じような会話が続くのですが。高松は自転車保有率は全国一だそうですが、スポーツ自転車はほとんど見かけなかったなあ。ケータイを操作しながら自転車に乗るお爺さんは初めて見ましたが。

旅はほとんど終わりなのですが、最後に寝台車「サンライズ瀬戸」が待っています。
もしかしたら丸亀に行く人の参考になるかもしれないので、次回にちょっと詳しく書いておきますね(笑)。

|

« 残留はしたけれど | トップページ | しまなみ旅行記9:寝台車で帰京 »

コメント

いよいよおしまいですね...
お疲れ様です...
今度行くときは、渡った後、四国1周でしょうか?
そして最後は淡路島経由で新大阪まで...
期待しています...

ps.昨日の日記で結婚の話が出たら、
今日はビッグなのが2件も出ましたね...

投稿: しと | 2007/11/13 17:21

しとさん、コメントありがとうございます。

年に1日の平日休みをとるにも苦労していますので、長期旅行はできません。ロングツーリングは若い人にまかせたいと思います。

投稿: つぴぃ | 2007/11/14 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/17061297

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ旅行記8:旅の終わり:

« 残留はしたけれど | トップページ | しまなみ旅行記9:寝台車で帰京 »