« 寒くなってきた | トップページ | ACL決勝を見た »

2007/11/07

しまなみ旅行記7:初讃岐うどん

近代的で広々とした高松駅の前で自転車を組み立て、いざ出発!

Cimg7385
↑「わら家」の軒先に自転車をとめて


まずは、街の雰囲気をさぐろうと高松の中心部へ。官公庁あり、大企業のオフィスビルありで、高松らしさは特に感じられません。ところが道を一本入ってみれば、そこはにぎやかなアーケード商店街。なんとなく雰囲気は仙台に似ているような気がします。商店街はあちこちにあり、平日のお昼どきとあってどこもかなりの混雑。しかも、本当に自転車が多い! 通りいっぱいに自転車が広がって、思い思いに突進してくる感じです。

あまりの混雑ぶりに圧倒されて、早々に退散。もうちょっと静かなところがいいなー……と、屋島方面へ向かいました。あの源平合戦で有名な屋島でございます。高松駅からはほんの6キロほど。「高松って大都会! 車多い! 怖い!」などと思いながらも、何とか到着。屋島には、昔の古民家などを移築した施設「四国村」があり(要するに「江戸東京たてもの園」みたいなところですね)、この一画に、讃岐うどんの店「わら家」があるのです。

Cimg7354
↑「わら家」の入口


「わら家」は観光客向けの立地でありながらも、あの「恐るべきさぬきうどん」にも紹介されている名店。古民家をそのまま使った店内は風情もありますし、讃岐うどん初心者のわれわれには最適といえましょう。

メニューの中から、釜あげうどんとざるうどん大盛を注文。うどん10玉が木桶に入って出てくる「家族うどん」にも興味はありましたが、さすがに2人ではムリ。4人くらいで行かれる人、あるいは大食いに自信のある人はトライしてみてください。「注文を受けてから茹でるので30分ほどかかります」という貼り紙がありましたが、そんなには待たなかったかな。たぶん平日の昼過ぎで、すいていたからでしょう。

Cimg7351
↑釜あげうどん

Cimg7352
↑ざるうどん

Cimg7350

うどん用のダシは、釜あげ用とざる用では違います。この巨大なとっくりに入っているのはどっちだったかな(もう忘れてる)。中には熱々のダシが入っていますので、とても手でもつことはできません。とっくりの首についている縄をもって、タイミングよくダシを椀に注がなくてはならないのですが、重いし熱いし難しい! 店のお姉さんに笑われながら頑張りました(笑)。

で、肝心のうどんですが、もちろんすばらしくおいしかったです! 武蔵野うどんがちょっとくすんだ色をしているのに比べて、讃岐うどんは乳白色で陶器のような肌。でも食べてみると、ものすごく歯ごたえがあるというか、もちもちしているというか、食べ応えがあるというか。それに、1本のうどんがすごく長い! ボリュームがありすぎて、1本ずつしか食べられないくらいです。

初めての本場での讃岐うどんを満喫して、大満足。ごちそうさまでした。
腹ごなしに、自転車をそのままにして少し周囲を散歩することにします。少し歩けば、神戸の異人館を移築したティールームもあるのですが、さすがの私でもデザートが入らないほどお腹いっぱいです。

Cimg7365
↑屋島神社の唐門


近くの「屋島神社」に参拝。別名、讃岐東照宮。徳川家康などが祀られています。急な階段を延々と登って見下ろすと、眼下には高松の街が一望できます。

Cimg7374
↑晴れてよかったなあ


実は、ここはまだ屋島の麓。有料道路を登って山頂へ行くことはできますが、自転車が走行できるかどうかは不明。今回は時間もないので、うどんと神社だけで満足して高松駅方面へ戻ることにしました。

……まだ続く! 次回こそ最終回(の予定)。

|

« 寒くなってきた | トップページ | ACL決勝を見た »

コメント

恐るべき讃岐うどん...

1年間セゾンの通販で買っていました...

本場に行って見たいなぁ....

自転車から目を話すなんて出来ませんが...

投稿: しと | 2007/11/07 12:54

しとさん、コメントありがとうございます。

「恐るべきさぬきうどん」はエッセイとして読んでもおもしろいですね。あの本に載っている店を自転車でめぐるのは楽しいかもしれません。かなり変わった場所にある店もあるみたいなので、MTBがいいかもね(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/11/07 13:34

つぴぃさん、こんにちは!
しまなみ旅行記、楽しく読ませて頂いてます♪
だしが入っている徳利、大きい!これでは注ぐのは・・かなり難しそうですね(笑)
でも地元の人は慣れたもんなんでしょうか?
その隣のかぼちゃとか?のてんぷらもやけに美味しそうです、そして肝心のうどんが美味・・でもデザートは別腹にならないくらいの量というのも嬉しいような、ちょっぴり残念のような・・ですね。
天気も良くて遠くの山並みが綺麗です・・

投稿: moimoi | 2007/11/10 13:26

moimoiさん、コメントありがとうございます。

思い返すに、しまなみ~四国ポタは楽しい旅でした。こうして旅行記みたいなものを書くと、次回への課題なども浮かびますし、思い出も明確になりますので、いいものですね。

次回に讃岐へ行くときには、ぜひセルフ(自分でうどんを茹でるタイプの店)にもトライしてみたいものです。本当においしいので、ぜひ本場で食べてみてください!

投稿: つぴぃ | 2007/11/12 00:11

うど~~~ん!!
うどん好きの私にはたまらない讃岐うどん!!
市販のものでは飽き足らず、見よう見まねで打って見ますが…
やはり本場にはかなわない様です。

ああ…
ご飯食べた後なのに、うどんが食べたくなっちゃいました。

投稿: コッコ | 2007/11/12 21:44

コッコさん、コメントありがとうございます。

うどんをご自分で打たれるのですか。すごいなあ。力が要りそうですよね。

私も、デパ地下で買ってきた「讃岐うどんセット」をつくってみたのですが、なーんだか違うんですよねー。やっぱ本場にはかなわないです。毎年行きたいけど、無理だろうなあ。

投稿: つぴぃ | 2007/11/12 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16995251

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ旅行記7:初讃岐うどん:

« 寒くなってきた | トップページ | ACL決勝を見た »