« しまなみ旅行記6:備忘録 | トップページ | 寒くなってきた »

2007/11/05

傷は深かった

天皇杯4回戦 東京 VS TDK SCは、2-1で東京の勝利。
東京はかろうじて勝利を収め、5回戦へ進むことになった。

R0010107
↑アウェイ側自由席からの眺め


先週の傷は、まだ癒えていなかった。

特に前半は、TDKと試合をしているというよりも、先週の悪夢を振り払おうとあがいているようにしか見えなかった。今週、リーグ戦じゃなくて天皇杯でよかったと、このスケジュールに心底感謝してしまったほど。

もちろん、そんなことではまともなプレーなどできるはずもなく、キックオフからわずか2分半で相手に2度のシュートを許してしまう。選手たちはそれぞれが神経質になっていて、チームとしても機能せず、ミスパスも多いうえに、何度も簡単にシュートの形をつくらせてしまう。DFラインは総じてダメだったが、徳永と茂庭が特にひどかった。茂庭は臆病風に吹かれて風前の灯といった感じ。W杯のピッチに立ったこともある選手なのに……。軽率な守備と、何とかのひとつ覚えのようなFKしか蹴れない規郎にも、かなりガッカリさせられた。

神経質なのはゴール裏も同じ。試合前こそ「カップを奪い取れ~」と歌っていたものの、前半が始まって立て続けにシュートを許してしまうと、応援はピタリとやんでブーイングが始まる。聞こえてくるのは野次ばかり、はるか遠くのアウェイゴール裏では必死に自チームの応援をしているのに。

こういうときにゴール裏がどうすべきかなんてことは私にはわからないけれど、殺伐としたスタジアムの雰囲気はあまり好きではない。少なくとも、試合が始まったばかりで得点も決まっていない段階で、野次しか聞こえないというのはあまりにも寂しすぎる。J1との対戦だと気合いを入れてきたTDKサポも拍子抜けしているのではないだろうか。

雰囲気は悪いし、直射日光はツラいし、何だかいたたまれなくなってきたので、後半は日陰で居心地のいいアウェイ側自由席で見ることにする。めったに行けない場所だし、見物も兼ねて(笑)。TDKというチームについては何も知らないが、後半になっても運動量は落ちないし、東京の選手よりもフィジカルが強いし、「勝ちたい」という気持ちが感じられるし、GKはナイスセーブを連発するし、攻守のバランスが取れたいいチームだった。J1にいるのが恥ずかしくなるようなプレーと応援を見せてしまって、実に申し訳ない。

東京は平山の得点で先制するも、その1分後には同点にされてしまう。ゴール裏がようやく「ヒラヤマ~ヒラヤマ~」と歌い始めたのに、歌い終わる前に失点してしまったので、またもゴール裏は沈黙。それでも東京は少しずつ攻勢に出られるようになり、オフサイドだったもののゴールネットを2度揺らすこともできた。ゴール裏がついに歌い始めたのは後半の34分過ぎ。アウェイ側から見ていると、ホームゴール裏が爆発したかのような圧倒的な音量だった。

今野の決勝点は37分。やっぱり応援は大事だよ。せめて後半開始直後から応援していれば、もっとラクに試合を進めることができただろうに。スタジアムにはいろいろな人が集まってきていて、それぞれが思い思いのスタイルで応援して構わないだろうが、少なくともゴール裏という場所に望んで身を置くのであれば、いかに逆境であろうとも選手たちを信じて応援をするべきだと思う(0-7で負けていればブーイングでもいいけど)。

TDKは惜しくも敗れてしまったが、ゴール裏に挨拶する選手たちも、サポーターもすがすがしい表情をしていた。なんで私らは、自分が愛するチームを素直に応援することさえできなくなってしまったのだろう。もやもやした思いを抱えながら荷物をまとめていると、TDKサポから「トーキョー!」コールが起こる。対する東京のゴール裏からは、パラパラと拍手が聞こえてきただけ。「TDK」コールくらいしてやれよ。TDK側のコールもそれほど大きな声ではなかったので聞こえなかったのかもしれないけどさ。ちょっと前までのゴール裏には「粋」が感じられて好きだったのに、今はまったくなくなってしまったね。

この試合、よかったのは石川と今野。平山はいつものマイペースぶりが、この試合では吉と出た感じ。どうも一部の選手たちは、勝手に心の中で「シーズン終了宣言」をしてしまっているかのようにも見える。そりゃ来年は監督も変わるし、いろいろ不安だろうけど……。

トーナメントなのだから、勝利という結果だけで満足しなくてはならない。内容はともかく、とにかく勝ったのだ。これで何とか平常心を取り戻して、次のリーグ戦に備えてほしい。シーズンはまだ終わっていないのだから。


R0010117
↑何とか勝ちました


5回戦の相手はてっきり新潟だと思い込んでいたが、以外にも鳥栖になった。場所は丸亀だ。

今までは「丸亀ってどこ?」という感じだったけど、つい先月に四国を走ってきたのでちょっとイメージも違う。丸亀は特急で通過してきたところだから。いずれにせよ遠いことには変わりはないけれど、その「遠い」という言葉が、より具体的に感じられるようになったというところかな。

相変わらずグチっぽくて、我ながらイヤだなー……。

|

« しまなみ旅行記6:備忘録 | トップページ | 寒くなってきた »

コメント

相手の力も分からないし、主審も普段と違うので慎重に行こうとしたら消極的になってしまった感じですね。

まあ、前半40分のノリオのシュートまでは受身で、応援しがいのない内容でしたから、ゴール裏の反応が変なのは、やむを得ないかも…。

やはり川崎戦の後遺症は大きかったようで、試合後の監督・選手コメントでも、チーム内が混乱していた様子が伺えます。

内容はともかく、結果は出した訳ですから、選手同士話し合ってチームの一体感を取り戻してもらいたいものです。

投稿: コタツねこ | 2007/11/05 12:52

コタツねこさん、いつもコメントをありがとうございます。

4回戦敗退にならずによかったですね。新潟戦までにどれだけ立て直せるか……アウェイの新潟は苦手みたいなので不安ですが、頑張ってほしいものです。

投稿: つぴぃ | 2007/11/05 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/16974142

この記事へのトラックバック一覧です: 傷は深かった:

« しまなみ旅行記6:備忘録 | トップページ | 寒くなってきた »