« 甲府ポタ3:武田神社 | トップページ | クラブミーティング行ってきました »

2007/12/09

丸亀で勝った

天皇杯5回戦 鳥栖VS東京は1-2で東京の逆転勝利。
東京は3年ぶり(だったかな)に準々決勝に進むことになった。

試合前半、NHKアナはひたすら鳥栖びいきの実況。いや確かに鳥栖のほうがずっといい攻撃をしてるんだけど、ウチだって本調子になればこんなじゃないんだからね~と思っているうちに失点。ガックリ。鳥栖は本当にチームとしてよく訓練されていて、守備にも攻撃にも人数を割いて、組織としてきちんとやっていた。

対する東京はといえば、今シーズンは結局最後までチームにすらなっていなかったわけで、それでも梶山の見事なミドルシュートで同点にしてしまうあたりも今までと同じ。ホント、個人としての能力はそろっているのだから、ここに組織力が加わればあんな順位で終わるはずがないのだが……。

後半に入ると、前半とは打って変わって東京ペース。後半開始早々には、めったに見られない栗澤のヘディングシュート(惜しかった!)なんてものも見られてラッキー。鳥栖は前半の運動量が多すぎて疲れてしまったのか、いきなり動きが鈍くなった。それでも決めきれないのが今の東京。ところが、平山を投入した直後、その平山があっさり得点を決めてしまうのだからわからない。

平山のボールさばきや得点への嗅覚には特別な才能があるし、本当にうまい選手だと見るたびに思う。ただ、そのうまさが、逆に彼をスポイルしているのではないかと感じることも多々あるのだ。「やろうと思えばすぐに得点できるから」みたいな甘えというか驕りが彼の中に厳然としてあって、その気持ちが「ヤル気のなさ」や「安定しないパフォーマンス」につながっているのではないだろうか。梶山にもそういうところがちょっとあるような気がするんだけど、彼らが本当の意味での「大人の選手」として成長していくことを期待するのみ……。

後半で失速した鳥栖のおかげもあって、ともかく5回戦に勝利することができた。次は、「磐田VS広島」の勝者との対戦。トーナメントなので、リーグで調子が悪かろうと良かろうと勝利する可能性は常にある。問題はモチベーションだけなのだが、各選手がそれぞれどんな気持ちで天皇杯の臨んでいるかなんてことはファンにはわかるはずもなく……。ただ、力いっぱいやってほしいと望むしかないのだ。

準々決勝を戦うのは久しぶりなので、やっぱり勝ってもらいたい。こういうカップ戦は、勝ち上がるに従って、選手やサポーターもモチベーションも上がっていくものなのだ。今回はぜひ元日まで……なんて考え始めると、「天皇杯決勝に出ると降格するの法則」が復活しそうな予感もして、それだけは困る~!と身もだえしてしまいそう。

今回は、情報を封印してBSの録画放送で観戦。前もって結果を知ってしまうと、勝敗によって録画放送を見なくなってしまうと思ったので。今までは、丸亀だろうと岡山だろうと「どこか遠く」という認識しかなかったのだが、秋に高松まで行ったのでわりと身近に感じることができた(丸亀の骨付鶏屋「一鶴」は高松にもあったし、横浜にも自転車で食べに行ったしね~)。

気になる今野の去就だが、天皇杯で勝ち残っている間は新たな発表はないのかも!?と思うと、ありがたいような、かえってイライラするような微妙な気分。きまじめな今ちゃんのことだから、年俸の額とかで決めるのではなく、純粋に上を目指したいという気持ちで移籍を決めそう(となると、東京は不利か~)。もし、彼を引きとめる要素があるとしたら、それは「人とのつながり」じゃないかな。そういう人材が東京にまだいるのならいいのだが……。

さて、とりあえず5回戦には勝ったので、明日のクラブミーティングでネガティブな嵐が吹き荒れることはなさそうでひと安心。強化(選手補強など)について意見する場ではないのだから、時間を無駄にせずにいい話し合いができればいいと思う。「不満のガス抜き」じゃなくて、これからもこの手のミーティングが続けられるように、お互い有意義にしていきたいものだ。

J1・J2入替戦2ndレグは0-0。結果、京都が昇格することになった。過去の入替戦では、J1チームが勝ったことは一度しかない。やはり「上に行きたい」というポジティブな気持ちと、「落ちたくない」というマイナスな気持ちとでは、前者のほうが力を発揮するということなのだろうか。

それにしても、降格が決まった広島の選手たちの表情が妙にさばさばしていたのが気になった。「移籍するからいいや~」とか思ってたりしたら、それはそれでイヤだな。

|

« 甲府ポタ3:武田神社 | トップページ | クラブミーティング行ってきました »

コメント

つぴぃさん、まったくデンジャラスな展開だったねぇ・・・
開始9分でゴールされるなんて困ったもんだぁ

昨日は仕事を早く切り上げてスポーツバーで観戦した。
昼間に試合結果は知っていたんだが、ここは多くの現地参戦できなかったサポーターのみなさんと一緒に観るほうが楽しいだろうということでね(正直惨敗していたらいかなかったんだが)
録画放送なのでネタバレ禁止の店内は最初のゴールで嫌な雰囲気になってしまった。
心の中では(みんな安心せよーーー梶山・平山がゴールを決めてくれるぞー)と思いつつ
ネタをバラしたら店内から生きてでれないので、口にチャックして大人しく観ていた。

鳥栖さんは前半は素晴らしい戦いで驚いてしまったんだが、後半はオドオドしているような感じで運動量も落ちてきた。
ジャイアントキリングというのは難しいものなんだろうなぁ。
それにしても平山は「運が強い」のかもしれない。
何だか伊野波のコンディション不良とかでベンチに空きが出たので入れたらしい
遠征には連れて行ってもらえない話もあったらしいしいよ

人生何が起こるかわからないのね・・・・

これで元旦決勝進出まで後2試合、優勝するには3試合勝たなくてはならない
現地で応援してくれている多くのサポーターの皆様の力が選手に勇気を与えてくれていると感じる。
テレビを通して素晴らしい声援を聞いてとても感動した。
まったくもって頭の下がることである。
ホームでもある聖地国立の青赤に染まったスタンドで最後の「原東京2007」を応援したい

なんといっても元旦は全国ネット中継での唯一の試合、勝ったその日は一躍「FC東京」が全国区になる。
普段はスポーツ紙の一面に載ることなんてまずないしね。
ぶっちゃけ東京ローカルとでもいうか、東京に住んでいる人でも「FC東京」を知らない人は大勢いる。(どういうわけだか一番間違えられるのは「レッズ」と「ヴェルディ」その理由が僕にはまったく理解できないんだが)
クラブの今後のことも考えれば大事なタイトルのチャンスなのでもうひと踏ん張りがんばってもらいたい

つぴぃさん、入れ替え戦は毎回のことだが天国と地獄のドラマだねぇ
広島のようにいい選手がいたとしてもチームが機能しなかれば勝てない
なんとも一歩間違えればFC東京も同じ轍を踏んだかもしれないなぁ

果たして来年はどうなるんだろう
クラブミーティングに参加できないんだが、みなさんのお声を反映して「強く、愛されるクラブ」になって欲しいなぁ・・・・

投稿: 東京坊主 | 2007/12/09 11:42

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

天皇杯、TVからも東京サポの応援はよく聞こえていましたね。はるばる丸亀まで行った皆さんには頭が下がります。

確かに、元日での国立は一度は体験してみたいなあ。とりあえず元日の予定は入れていませんが(笑)。

投稿: つぴぃ | 2007/12/10 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/17314987

この記事へのトラックバック一覧です: 丸亀で勝った:

« 甲府ポタ3:武田神社 | トップページ | クラブミーティング行ってきました »