« これが「底」なのか!? | トップページ | たまには多摩サイ »

2008/01/18

鬼太郎復活

昨年末のことですが、久々に「天神通り商店街」へ行ってみたのでした。

R0010868
↑今度は親子仲良く


昨年4月に行ったときには、「子泣き爺」の像は半壊状態。おまけに直後には、メインの鬼太郎像まで盗難。アニメや漫画のキャラクター像で町おこしをはかった場所は日本全国あちこちにありますが、そのほとんどがこうした被害にあっているというのはどういうことなのでしょうか。ここ天神町の場合は、募金活動のかいあって、鬼太郎像が再建されることになったのでした。

この商店街は賑やかで人通りも多いので、自転車は押して歩きます。鬼太郎像を見るのが目的だし、自転車に乗って走ったらあっという間に終わってしまいますしね。


R0010862

子泣き爺はどうなったんだろう?と思っていたのですが、代わりに「塗り壁」像がつくられたのですね。


R0010867

新しい鬼太郎像。ポーズは以前のものと同じですが、今度は目玉の親父と一緒です。完成したばかりというだけあって、ピカピカつやつやしていてうらやましい(笑)。

昨年はTVアニメの新シリーズが始まり、今年は「墓場鬼太郎」までアニメ化、深夜でありながらなかなかの数字を記録しているようです。おまけに、実写映画も続編が決定だとか。最初はアンダーグラウンドな作品だったのに、いつのまにやら国民的なキャラクターになってしまった鬼太郎。彼が応援している(?)FC東京も、いつの日か国民的なクラブになるかも(……と書いていてつい嗤ってしまいました)。

わが東京の小澤選手は出場機会を求めて、ガイナーレ鳥取へレンタル移籍。鳥取は水木先生の故郷なので、このチームのイメージキャラクターも鬼太郎です。鬼太郎つながりの移籍というわけではないでしょうが(笑)、いい経験を積んで、東京に戻ってきてくれるとうれしいなあ。

|

« これが「底」なのか!? | トップページ | たまには多摩サイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/17737838

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼太郎復活:

« これが「底」なのか!? | トップページ | たまには多摩サイ »