« 年チケ祭り | トップページ | バタバタ。 »

2008/02/17

東アジアの闘い

東アジア選手権 日本VS北朝鮮は、1-1のドロー。

例によって、用事を片付けつつ横目で見るのが代表戦。東京の試合は、TVの前に正座して(ちょっと大げさ)見るんだけどね。

タイトル云々というよりは、ファーストチョイスのいない場合のFW陣の見極めとか、いろいろなメンバー、ポジションを試すこととか、完全アウェイの環境でどう平常心で戦うかとか、そういういろいろなことを試す大会なんじゃないかと思う。場所はあの重慶だし、観客はどの試合でも日本以外を応援するだろうし、対戦相手はどこもガツガツやってくるしで、ケガをしないで無事に帰ってくるというのも彼らの重要な使命のひとつ。

「前半は善戦するけど後半になるとスタミナ切れで失速する」というイメージだった北朝鮮なんだけど、今回はあのチョンテセがいたせいで、最後までパワーが途切れないイヤなチームになっていた。先制点をとられたときは、昨年の川崎戦を思い出したよ。アナウンサーは「骨が折れても云々」という彼のコメントを紹介してたけど、そういえば「Jリーグプレビューショー」でも同じことを言ってたよね。ともかく、彼だけは本当に怖い選手。今年の川崎でもきっと活躍しやがるに違いないので要注意だ。

今ちゃんの出番はなかったけど、我らが羽生さんは輝いていた。彼がウチの選手だということが少しずつ実感されてくる今日このごろ。次に青赤の羽生さんが見られるのはいつなんだろう。早く見たいなあ。

ともかく、負けなくてよかったよかった。早いとこ3試合すませて、みんな元気でさっさと帰ってきてください(何だかすごくいい加減な内容ですみません)。

|

« 年チケ祭り | トップページ | バタバタ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91775/40162084

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアの闘い:

« 年チケ祭り | トップページ | バタバタ。 »