« 怠惰な休日 | トップページ | いつのまにか新緑に »

2008/04/21

「シュトゥーベン・オータマ」

東京に春一番が吹いた日、福生の「シュトゥーベン・オータマ」へランチを食べに行ったのでした(2ヶ月も前だったりする……)。

R0011964


こちらは、「大多摩ハム」の工場に併設されたレストラン。実は、石川酒造やサイボクハムと並んで、長年行ってみたかった場所のひとつでありました(そんなに遠くないのに、なぜ今まで来なかったのかは謎)。

R0011967
↑お店の外観は立派な洋館です


お店は、1階が売店で2階がレストランになっています。例によってランチタイム営業終了ぎりぎりに着いたもので席にも余裕があり、すぐに座れました。ピカピカに磨かれた床と、高い天井、広いホールが印象的。広さのわりには温かさが感じられるつくりになっています。

ランチメニューの中から選んだのは、日替わりの「肉料理ランチ」と「ハッシュドポークランチ」。いずれも、スープ(ワカメ入りのシンプルなものです)、サラダ、パン、コーヒーがつきます。


R0011952

こちらが「ハッシュドポークランチ」。デミグラスソースが昔ながらの洋食の味。卵も載っているのでボリュームもたっぷりです。ただ、熱すぎてなかなか食べられない(笑)。


R0011954

「肉料理ランチ」は、大多摩ハムのソーセージやカツ類の盛り合わせ。えーっと、ワタクシ的にはちょっと重かったです。こういうメニューは若者向けでございますなあ。

メニューを見ると、アイスバインなどのドイツ料理あり、パスタにピッツァもあり、鶏の空揚げもありと、店名はドイツ風ながらも、ともかくビールに合いそうなメニューが無国籍に並んでいます。東京都特産の豚「TOKYO X」のメニューもいくつか。ちなみにビールは、ご近所にある石川酒造の「多摩の恵」シリーズを生でいただくことができます(ほかにもあるけど)。く~、ここも自転車で来るところではないのでありました。こういうところを借り切って大宴会をしたら楽しいだろうなあ。


R0011960
↑広くて明るい店内。テラス席もあり


1階のお店には、ここでしか買えないファクトリーアウトレットなウインナーなどもあり、ものすごく心が惹かれたのですが、ロードで来ていることもあって断念しました。そのうち、保冷バッグ持参でママチャリで来よう……。

私にとって、自転車ランチに絶対欠かせないのはいうまでもなくスイーツ(笑)。でもここでいただくのは見送って、別の場所に移動することにしました。実は「ここに行こう」と考えていたお店があったのですが、外に出るとあまりの強風(砂嵐が巻き起こった春一番を覚えていらっしゃる方も多いでしょう)のため、断念。結局、16号沿いのお店でお茶をして帰ってきたのでした。そのときの記録はもしかしたらそのうちに。

|

« 怠惰な休日 | トップページ | いつのまにか新緑に »

コメント

こんばんは
福生にこんな場所があるんですか?
素敵なお店ですね~

「肉料理ランチ」と「ハッシュドポークランチ」 どちらも美味しそうです
確かに「肉料理ランチ」は重そうですが(笑)

>こういうところを借り切って大宴会をしたら楽しいだろうなあ。
いいですね~宴会(爆)
多摩の恵の生、飲みたいです (^^)

親父が一人では、敷居が高そうではありますが・・・

投稿: keith | 2008/04/22 23:50

このお店は全く知りませんでした。地元の食べ物と地元の酒、すばらしいですね。行ってみたいです。

投稿: nuruhati1559 | 2008/04/23 07:28

keithさん、コメントありがとうございます。ブログも再開されたようでうれしいです!

「多摩の恵」の生が飲めるといえばもちろん「福生のビール小屋」なのですが、コストパフォーマンス的には(食べ物の量とお値段)、ここのほうがいいかな!?と思ってしまいました。福生駅からもそんなに遠くないので、輪行もできそうですしね。

投稿: つぴぃ | 2008/04/24 19:44

nuruhatiさん、コメントありがとうございます。

お店のサイトを見ると、「貸切」の日もあったりなんかして、なんだかちょっとうらやましくなってしまうのです。地元にこういうお店があったら通っちゃうんだけどなー。気軽なランチにでも、ぜひどうぞ!

投稿: つぴぃ | 2008/04/24 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怠惰な休日 | トップページ | いつのまにか新緑に »