« 怠惰な5月 | トップページ | 練習試合(VS駒澤大学) »

2008/05/27

お寒い埼玉スタジアム

キリンチャレンジカップ2008 日本VSパラグアイは0-0。
とはいえ、キリンカップは日本が制した……らしい。

TVでサッカー観戦をする際は、「見るぞー!」と気合いが入っている場合は別として、最初は何となく眺めているというスタンスで入ることが多い。おもしろい試合であればどんどんのめりこんで一瞬も目を離さないようにするけれど、そうでない場合はどうでもよくなってしまい、実況アナが「ゴール!」とでも言わない限りはろくに見もしないということになりかねない。

土曜日の代表戦はどちらかといえば前者で、かなりおもしろく見ることができた。で、今日の試合はどうかといえば完全に後者。しかもゴールすらなかったし、いつのまにか終わっていたという感じ。ビデオ観戦で早送りはしていないのに、何も印象に残らなかったなあ。

いや、印象に残ったことはひとつだけあった。埼玉スタジアムのガラ~ンとした客席だ。浦和の試合であれば(緩衝地帯とアウェイゴール裏を除いて)隙間なく真っ赤に埋まる巨大スタジアムなのに、いくら平日の夜とはいえあの寒さは何なんだろう。せっかく「中村俊輔」という代表戦最大の客寄せパンダが不調を押して出場してくださったのに。一時期の代表戦であれば、平日の親善試合であっても埋まっていたのにね。

そういえば、私自身も以前は代表戦には足を運んでいたが、今はさっぱり行かなくなってしまった。平日夜の埼スタや日産であればなおのこと行かない(味スタでやってくれればいいのに)。ついこの間までは「冬のナイトゲームは寒いから」と言い訳していたが、もう充分に暖かいではないか(笑)。

W杯の3次予選ですら行こうと思わないのに、松本開催のナビスコ杯にはいそいそと出かけてしまうのだから、優先順位は明らかだ。首都圏のサッカーファンには、クラブ第一という私みたいなタイプも少なくないのかもしれない。年中どこかで興味深い試合が行なわれているので、わざわざ高い金を払ってまでつまらない代表戦を見に行こうとは思わないのだ。

それでも、代表戦の価値が地に落ちたとは思わない。土曜の豊田スタジアムは大雨にもかかわらずほぼ満席だったのだから、これからは代表戦の開催地も選べばいい。国内にはあちこちにいいスタジアムがあるのだし、特に親善試合は天皇杯のごとく全国津々浦々で開催してみてはどうだろうか。地元にJのチームがなくて、あまり代表戦を生で見る機会のない地域で試合があれば、それこそサッカー好きの底辺が広がるだろうし。少なくとも、今回の埼スタよりは客席が埋まると思うよ。

試合のことについて何も書いていないのは、そんなわけでまったくマジメに見ていなかったからなのだが、同じ代表戦でメンバーが替わっただけで、やるサッカーがこんなに違ってしまう日本代表って何なんでしょうね。少なくとも、わが東京はメンバーが大幅に替わってもやっているサッカーにブレはありませんよ(と自信をもって言えるのだから、本当に今年の東京はスゴいのだ)。

後半に入り、次々と土曜日のメンバーを投入していったのは、コートジボワール戦のときのようなサッカーをしたいということの現われだったのだろうか。これからひと月近くも、日本代表にはチームとしての結束を高めていく時間が与えられる。チーム作りにこれだけ長い時間が与えられるのはめったにないのだから(それだけJ各クラブは犠牲を払っているのだから)、どうかムダにしないでほしいものだ。

というわけで、感想はこれだけ~。もう眠くて、トゥーロンもチリ戦の途中で轟沈。ビデオで梶山たちを見ることにします~。

|

« 怠惰な5月 | トップページ | 練習試合(VS駒澤大学) »

コメント

そうとう眠かったとお見受けします。イタリア戦ですよね(笑)
ぼくも代表パラグアイ戦は、毎週ルーティンのストレッチの教室に行ってからのビデオ観戦。観客の少なさが一番の印象でした。
長友くんは頑張っていましたが、やはり少しお疲れ気味ですかね。
パラグアイはいいチームでしたね。
FW選手の顔がかつての守護神チラベルトに似ていて笑ってしまいました。
ジロの山岳タイムトライアルは、ものすごい激坂のゴールでしたね。
つぴぃさんが挑戦した様な坂をシッティングで上ってゆく選手たちって何?
コンタドールはジロとツールの2冠をもくろんでいるようですね。

投稿: くらわば | 2008/05/28 13:00

あっ! ごめん。
チリ・コートジボアール戦が先にあったんですね。

投稿: くらわば | 2008/05/28 13:11

くらわばさん、コメントありがとうございます。

ジロの山岳TTの最後のほうは、24%とかそのくらいの坂ですよね。そんな激坂、私は今まで見たことがありませんよ~。しかも未舗装。スキー場としても上級者コースなのではないでしょうか。あの人間離れした能力の選手たちが、12キロくらいのコースを平均時速20キロ未満で走るなんて、いかにキチガイじみた(笑)坂だったのかがわかるというものです。私だったら這って登らないとならないかも。

コンタドール、昨年のツールはライバルが理不尽な形で退場していってしまいましたから、本当の意味での王者になりたいでしょうね。今年のツールは出られないのですし、頑張ってほしいものです。

投稿: つぴぃ | 2008/05/28 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怠惰な5月 | トップページ | 練習試合(VS駒澤大学) »