« 日の出山荘へ行ってきた | トップページ | やっと10年 »

2008/06/18

「バイキングス」

自転車ロードレース漫画の「バイキングス」(by 風童じゅん)の第6巻が出たのをきっかけに、まとめて買って一気に読んだ。

最近はあまり漫画を読まなくなってしまったのだが、自転車漫画はできるだけ読もうと思っている。「バイキングス」は「月刊少年マガジン」連載。もともと守備範囲の雑誌ではないので、めぐりあえただけでもラッキーだったかも。ちなみにタイトルを英語で書くと「BIKINGS」。当初はてっきり「VIKINGS」なのかと思ってたけど、自転車野郎たちの話だったのね。

主人公は高校生の「一本木一途(いっぽんぎいっと)」。その名の通り、思い込んだら一途に突っ走る性格が災いして、周囲からは不器用でどんくさいヤツと思われている。ラーメン屋のひとり息子で、自転車での出前にかけては最速を誇っていたが、ふとしたことからロードバイクに出会い、高校でも「自転車部」を設立、自転車ロードレースの世界にのめりこんでいく……という、とてもわかりやすい物語。でもこれ、相当熱いし、おもしろいですよ~。

主人公や自転車部の仲間たちがロードバイクを手に入れるまでのエピソードには、現実的に考えればムリがあるとは思うけれど(10キロ先まで25分以内に、ロードバイクでラーメン5人前を出前(笑)とかね)、熱血少年漫画ならではのエピソードだと思えば納得もできるし、ともかく勢いがあって読みはじめたら止まらない。

このあたり、漫画家さんが自転車好きだということがわかるので(レースにも参加されているし、仕事場へはモールトンで通勤!)自然と物語に入っていけるのかもしれない。チームブリヂストン・アンカーが監修ということで、描写その他も本格的だしね。

物語は、第6巻が終わった段階では夏休み合宿が終了したところ。4月にロードバイクと出会い、仲間がそろって「自転車部」をつくり、ようやくライバルや目標とする選手が決まって……と、物語はまだまだ序盤なのである。「ツール・ド・フランス」を目指すという一途の目標はどうなるのか、彼の才能がどう開花していくのか、早くつづきが読みたくなってくる。

コミックスでは、エピソード間のページに各キャラが乗る自転車のスペック表があったり、ほのぼの(?)な穴埋め漫画があったり、巻末のおまけ漫画も充実していたりで(カバーをはがしたところのイラストもかわいい)、なかなか凝ったつくり。月刊マガジンの立ち読みもいいかもしれないけれど、コミックスを買っても絶対ソンはしないと思う。

そうそう、主人公も「名は体を現わす」なネーミングだけれど、サブキャラたちの名前もなかなかいい。同級生の超高校級スプリンターは「宮田すばる」君だし、顧問の先生は「黒田杜夫」、通称「クロモリ」だし。キャラの名前から性格もわかりそう(!?)というところも楽しい(全然関係ない名前もあるけれど)。

自転車漫画といえば、同じ「マガジン」では「週刊」のほうに連載されているほうが有名かもしれないけれど、自転車好きのワタクシとしては、こちらのほうを強くおススメ!したいですね。



↑とりあえず3冊分のリンクを貼ってみた


ほかにおススメの自転車漫画がありましたら、ぜひ教えてくださいませ(「アオバ」や「シャカリキ!」は必読作品ということで特にこの場では紹介していません。それにしても「シャカリキ!」の映画版、公開されたらたぶん見るとは思うのですが、どうなんだろ……)。

|

« 日の出山荘へ行ってきた | トップページ | やっと10年 »

コメント

6巻出たのですね...
早速帰りに買うことにましょう...

ちなみに週刊誌の方は終了したみたいですよ...
終わり方が打ち切りパターンのような気もしますが。

あと、少年チャンピオンの方で面白そうなのが出ています。
ヤングサンデーの方はもうすぐヤングサンデー自体が廃刊なので
どうなるか心配です。

投稿: しと | 2008/06/18 22:13

しとさん、コメントありがとうございます。

あー、連載、終わっちゃったんですか。そう簡単に収拾がつく話ではないので、打ち切りくさいのかも。結局、ツールには出たんでしょうかね。

チャンピオンのほう、自転車漫画が始まったという話は聞いたのですがまだ読んだことはありません。早いとこコミックスになってくれないかなあ。情報、ありがとうございます。

「Odds」がどうなるのか心配です……。

投稿: つぴぃ | 2008/06/18 23:59

弱虫ペダル、まもなくでますね。
http://www.amazon.co.jp/%E5%BC%B1%E8%99%AB%E3%83%9A%E3%83%80%E3%83%AB-1-%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E8%88%AA/dp/4253214517/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1213834388&sr=8-1

秋ヶ瀬で話題にしようと思って忘れてしまいましたが、今月号のバイキングスは、かなり展開に無理があります。ロードレースで、エースではないチームメイトが遅れたとき(原因はハンガーノック!)、それを見捨てるのを否定するのは、ちょっとなあと思ってしまいました。(^^; レース中に「あたしたちチームでしょ。待って。置いてかないで」と泣かれてもねえ。

投稿: おぢ | 2008/06/19 09:22

おぢさま、コメントありがとうございます。

「弱虫ペダル」ですね……第1巻、買って読もうと思います。情報、ありがとうございます。最近は自転車漫画も少しずつ増えているようで、喜ばしい限りです。

「バイキングス」、その展開は……。昨日みたいなサイクリングぢゃないんですから(笑)。

投稿: つぴぃ | 2008/06/19 12:39

ご無沙汰です。私も自転車関係の漫画や小説を全部読んでいるわけではありませんが、今ひとつ萌えるものがありません。アオバの宮尾氏もまあまあよいのかもしれませんが、「茄子」の映画ではなくて黒田氏の原作の方に唯一萌えでしょうか。

事実は小説(漫画)より奇なり で、彼の地の古の実在自転車選手たちが十二分に漫画的で面白いかなあとも思います。

投稿: 山猫の店主 | 2008/06/22 23:10

山猫の店主さま、コメントありがとうございます。

「茄子」の原作版の絵柄はアニメとは全然違いますよね。私も、原作のほうがずっと好きです(というよりアニメ版はあまり評価していないので……)。そういえば「山猫亭」には「アオバ」が揃っていますね。

雨ばかりでなかなかお邪魔できませんが、そろそろ復活したいものです~。

投稿: つぴぃ | 2008/06/23 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日の出山荘へ行ってきた | トップページ | やっと10年 »