« 今週の神頼み | トップページ | 夏の海。 »

2008/07/12

「じてんしゃ日記2008」

高千穂遙さん+一本木蛮さんの「じてんしゃ日記2008」が発売された。

517nnf1citl__sl500_aa240_


一昨年に発売された「じてんしゃ日記」はいわば「導入編」で、蛮さんのロード購入で終わっていた。続編の「2008」は、いよいよ「実践編」。自転車でどんな楽しみ方ができるのか、蛮さんの体当たり取材は今回も絶好調だ。

ロードバイクを飛行機輪行して秋田を走り回り、さらに身軽に輪行しようと小径車を購入し(ついでにTV出演も)、野辺山でMTB体験もして、合間には競輪関係の取材もこなし……と、大忙し。加えて「ちほパパ」こと高千穂さんの愛の鞭(ツッコミ!?)まで入るのだから、さぞかし大変だったことだろう。

ただし、経験値が上がったとはいえ「自転車初心者」としての視点はブレることがなく、自転車生活の楽しさがストレートに描かれているところがとてもいい。あまり自転車に縁がない人でも「楽しそうだからやってみようかな」と思えるんじゃないだろうか。

前作に引きつづき女性ならではの視点も健在で、さまざまなトラブルや工夫についての記述もくわしい。読みながら「あーそうそう、そういうことってあるんだよねー」とうなずいてしまうことうけあいだし、かわいい絵でさらっと描かれているので深刻な顔をしなくても読める。前作と同様、奥さんやカノジョと自転車生活を楽しみたいと思っている男性には必ず読んでおいてほしいと思った次第。

共感したり笑ったりしながら読んでいた中で、「なるほど」と思ったのが「その12 おれのじてんしゃ道」。ここ数年話題になっている「自転車はどこを走ればいいのか」問題をわかりやすく解説したエピソードなのだが、これがもう、本当によくわかる。

今までも文章でさんざん読んできたテーマなのだが、面倒くさい内容というせいもあって、ちっとも頭に入ってこなかった。ところがこの漫画をよめば、ほんの数ページなのにするすると要点が理解できてしまうのだ。こんなしちめんどくさい内容をわかりやすく描ける蛮さんは本当にさすがである。法律のワケわからんところもちゃんと指摘されているし、何というか「痒いところに手が届く」内容になっているのがすばらしい。

一方の高千穂さんはといえば、ますますその「修行僧」ぶりに拍車がかかってしまわれたようで、「自転車を極めるのは大変なのだな」と読みながらしみじみしてしまう。書き下ろしのコラムは、自転車生活を続けていく上での便利な情報が満載。初心者向けの競輪の楽しみ方まで載っているので、これを頭に叩き込んで今年こそ競輪場を再訪してみてもいいかも……。

自転車生活をテーマにした「日記漫画」でもあり、「学習漫画」でもあり、しかもエッセイやフォトレポートもありで、相変わらずの密度の濃さには脱帽。初心者はもちろん、すでにどっぷりな人でも楽しめる自転車本だ。


ところで、前作の表紙は「マイヨ・ジョーヌ」な黄色だったが、今回はビアンキでおなじみのチェレステ(ちょっと濃い目!?)。こういう自転車好きならわかるような小ネタもうれしい。この分だと、次回作は「マリア・ローザ」のピンク色か、はたまた山岳賞な紅白水玉か……。ぜひ続編にも期待したい。



↑カバー下も必見の内容。
著者近(遠)影は、高千穂さんは第2弾ジャージ、蛮さんはヨーコさん(似合いすぎ!)


◆オマケ◆
微妙な東京ネタもあるので、自転車好きの東京ファンはぜひ読んでみてください。特に、東京ユニ仕様の自転車ジャージをつくりたいと考えている人には役に立つかも(笑)。ワタクシ自身も例によってあちこちに登場していますが、あくまで漫画の中の1キャラですので、本人との差異や、ハンドル名が違うことなどは気にしないように(というか、美化されすぎ)。

なお、2006年秋に発売された「じてんしゃ日記」の本ブログでの紹介はこちらに)。

|

« 今週の神頼み | トップページ | 夏の海。 »

コメント

ここ半年、雨でない時は、最寄り駅(バス20分、歩くと40分、自転車なら15分)まで出来るだけ自転車を使うようにしています。
すると、社会人になって以来膨らむ一方だったお腹周りがちょっと細くなったんですよね。

モノには無頓着なので、ホイール(というのか?)が歪んでいるため、リムとブレーキ、タイヤとフレーム(というのか?)が干渉しているのですが、今日やっと整備してもらいました。(完治はしていませんが。)

次はやはり小径車かなぁ。やっとペーニャ銀輪メンバーらしくなってきた!?

あ、本も是非読んでみたいと思います。

投稿: fct fan | 2008/07/13 01:35

見事なガイダンスですね。
つぴぃさんの紹介記事を読んでいたら今すぐに欲しくてたまらなくなりましたよ!

第一巻は「自転車で痩せた人」ともども購入して繰り返し楽しんでいますのでこの第2巻もとても楽しみにしていました。

自転車をより楽しむためには必須漫画だと思います。つぴぃさんの活躍にも期待して本屋でGETしてみますね。
まだ売り切れていないことを祈ります。

投稿: nekki5149 | 2008/07/13 14:18

fct-fanさん、コメントありがとうございます。

小平に味スタ、はたまた等々力までフツーに自転車で行かれているほどなのですから(しかも雨でも!)、私よりも気合いが入っていらっしゃるかも……。

自転車によるお腹引き締め効果は十分にあると思います。たぶんこれからどんどん効果が出てくるのではないでしょうか(私はもういくら漕いでも減らなくなってしまいました。最近ちょっとリバウンドしたのにもとにもどらず悲しいです(笑))。

投稿: つぴぃ | 2008/07/14 03:13

nekki5149さん、コメントありがとうございます。

本が実際に出るまでは内容はわからないので、私も2巻目を楽しみにしていました。2年に1冊でかまわないので、ずっと続けてほしいと思っています。

投稿: つぴぃ | 2008/07/14 03:18

すごくわかりやすくて楽しい本ですね。
変な法律を作るより、小中学校の図書室にこの本を置く方が何倍も良いのではないか、なんて思いました。
謎の美人ポタ達人の関係もなるほどと思いましたし、ネットの力も実感です。
高千穂さんは昔Mr.Bike誌で知りましたが、自転車にシフトされていたのですね。
一本木さんもオートバイ関係で拝見した記憶があります。
そしてラムちゃんのコスプレが記憶にしっかり焼き付いておりますw
私や友人も含めて、オートバイの先に自転車があるのが面白いです。
もしかすると、原点に帰るような感じでしょうか。
健康も大きいかな。
次の内容はどうなるんでしょうね、楽しみです。

投稿: まめ | 2008/07/16 23:12

まめさん、コメントありがとうございます。

確かに、いちばん自転車マナーに気をつけてほしい人たちはじてつう(通学)の中高生なので、彼らにもっと高い意識をもってもらいたいですね。ウチの近くにも高校がありますが、彼らの自転車マナーはそれはそれはひどいものですもの。

一読者としてもぜひ続編を出してもらいたいと思っていますが、どうなるのでしょう。あの密度の本を毎年出すのは大変だから、2年に一度でもいいんですけどね~。

投稿: つぴぃ | 2008/07/17 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神頼み | トップページ | 夏の海。 »