« 梅雨明け | トップページ | 京都は暑そうです »

2008/07/20

霧の狭山湖

梅雨明け前日の夕方、雨がやんだので多摩湖方面へ。

R0014872
↑おなじみの狭山湖が別世界


この日は午前中から夕方まで雨が降ったりやんだりで、ものすごく蒸し暑い日だったのですが、雨雲が一段落したのをアメッシュで確認してから出かけてみました。時刻はまもなく18時という時間帯。多摩湖一周くらいならば日没前に帰ってこられるだろうと思ったのです。

天気は急速に回復中で、そのせいで降った雨がいっせいに水蒸気になって空気中に放出されたかのようでものすごい蒸し暑さ。まるで泳いでいるような……というか、この暑さはミストサウナですな。でも、ミストサウナの中ではフツー自転車なんか漕がないって。

おまけにものすごい霧。一寸先は真っ白です。おまけにサングラスまで曇ってくるので、もう何が何だか。しかしこんなに真っ白な多摩湖外周道路も初めてです。狭山湖がどうなっているのか気になって行ってみることにしました(この時点で時間の感覚がすでにナシ)。

おー、狭山湖も真っ白だー。神秘的というか何というか、いつも見慣れた湖が見知らぬ湖のようです。カメラを取り出してあーでもないこーでもないと撮っているうちに、時間はどんどん過ぎて……。さすがに戻らないと真っ暗になってしまいます。

帰り道、薄暗い多摩湖自転車道は深い霧に包まれ、数少ない街灯の光は、目くらましのように視界をさえぎり、進行方向は暗いんだか白いんだかさえわからないような状態で、ものすごく怖かったですよ~。あ~、さっさと帰ってくればよかった……。真っ白な霧の向こうからヘッドライトを輝かせて車がやってくると、自転車道と車道は分かれていると知っていてもドキっとしたりして。

慣れている道なのでそれなりに対処はできましたが、なんだか空を飛んでいるような不思議な感覚を味わったりもいたしました。しばらく前に「ミスト」という映画を見て以来、霧がトラウマになってしまったので(笑)、この霧の向こうに何かいるかも~!?と思ったりなんかしたりして。鹿島に行かなくてよかったな……!?

それにしても驚く(あきれる)のは、こんな状況であってもなお、無灯火でフラフラ走ってくる自転車があることですよ。そうでなくても多摩湖外周自転車道は真っ暗なのに、何を考えて無灯火で平気でいられるのか、神経を疑うところです。本当に怖いのは、こういう非常識な自転車のほう。

……とまぁ、怖い思いもしましたが、何とか無事帰ってくることができました。こういうときは大事をとって、早め早めで行動しないといけませんね……ちょっと反省。

R0014881
↑天気は回復しつつありました

|

« 梅雨明け | トップページ | 京都は暑そうです »

コメント

すごく幻想的ですね。
こんな表情をみせるのですか。
しかし、写真で見るととても荘厳かつ静寂で涼しげなイメージなのに、実際はむしむししているわけですね。

不思議です。

あの日は雷も鳴り、帰宅できるか不安でしたが、帰宅時にはあっさり止んでしまいました。

投稿: nekki5149 | 2008/07/21 01:14

nekki5149さん、いつも丁寧なコメントをありがとうございます。励みになります。

あー、いわれてみれば確かに、写真だけなら涼しげですね。でもものすごーく蒸し暑かったです。なんだか呼吸するだけで溺れそうなくらい湿度がありましたよ。

まだ一昨日のことなのですが、梅雨明けしてしまった今となっては遠い昔のことのようですね。ウチの近くも雷が落ちました。まだ天気はしばらく不安定なようで、注意が必要そうですね。

投稿: つぴぃ | 2008/07/21 01:53

貴重な体験をされましたね。
何度も行っていると色々な狭山湖に会えるのですね。
私もそれを楽しみにこれからも狭山湖へ出かけます。

投稿: サイクロン | 2008/07/21 11:49

ずいぶん昔に僕はいったことがあるんだが、こうしてお写真を拝見すると幻想的な感じがするもんだねぇ・・・・
あの近辺はマラソンというかジョギングが盛んでいっぱいみなさん走っている
周辺の町そのものが走るという運動を奨励している感じもする
確かマラソン大会のようなものもしていたような気がしたなぁ・・・・

多摩湖自転車道路というのは素敵な道路でもある
毎日ジョギングの人が絶え間なく走っている
実のところ自転車道路というには幅があまりないのであまり自転車は走りやすいようには見えないんだけどね
若いころ子供をつれてどこかに遊びに行くお金がなくてね(今も同じなんだが・・・)普通はディズニーランドとか遊園地とかいろいろファミリーで遊べるところにいくもんだが、どうにもいけない。
休日にでかけるとしたら近くの公園なんだが、そう毎回同じところにいくのも芸がない。
ママチャリサイクリングであっちこっち娘を後ろに乗せていろいろ小金井公園やら武蔵野近辺やらいったもんだ。
娘が自転車に乗れるようになるとまぁ多少は楽になるので狭山湖まで遠出したんだけどね、景色を眺めるというよりはグッタリと休憩してしまい、屋台のおでんや焼きそばを食べた記憶しかないかなぁ・・・・
ぎゃははっはあーお恥ずかしいお話だねぇ・・・・

時々懐かしいものに出会うとうれしくなる
つぴぃさんのポタリングのお話で昔いったところに出会えると小さな幸せの記憶が蘇る
まぁ大きくなった娘は、そんな思いでは忘れてしまったことだろうねぇ・・・・

つぴぃさん、人生で大切なものは、もしかしたら思い出というか小さな記憶なのかもしれないなぁ・・・・・

投稿: 東京坊主 | 2008/07/21 17:17

サイクロンさん、コメントありがとうございます。

いや~、私なんて5年も多摩湖付近を走っているのに、狭山湖の早朝富士山は見たことがありません(笑)。ホント、一度はちゃんと見ておかなくちゃなあ。

それはともかくとして、毎日行っても日々風景の変わる多摩湖ですので、これからもせっせと通うつもりです。いずれどこかでお目にかかりましたらよろしくお願いします。

投稿: つぴぃ | 2008/07/21 20:01

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

多摩湖自転車道、おっしゃるとおり、自転車には走りづらい道ですよね。昔はいざ知らず、私も今はほとんど通りません(というか、避けていたりして)。でも、多摩湖の外周まで行くとかなり走りやすくなりますので、こうして通っているしだいです。

お嬢さんが幼かったころの記憶、口には出さないだけでもちろん残っていると思いますよ。私が小学生のころも、父親の背中を見ながら必死で自転車を漕いで多摩湖まで行ったものです(一周はムリだったので堤防まで)。で、疲れすぎて足は痛いわ眠れないわで「おとーさんのせいだ」と文句ばかり言っていましたが……。

それからずいぶんと年月がたちましたが、今でも、そういえば父と来たこともあるなあと思い出すこともありますし、多摩湖のマラソン大会で倒れたことも一生忘れられないキズ(笑)として残っています。ふしぎなことにいい思い出よりもツラかったことのほうが記憶に残るものですが、こうして人間は歳を重ねていくのですねえ。

と、東京坊主さんのコメントを拝見しているとそんなことも思い出すのでありました。

投稿: つぴぃ | 2008/07/21 20:07

つぴぃさん
こんばんわ。

先日はお名前を間違えてしまい失礼をいたしました。
実は7月20日に多摩湖にランニングに行ってきました。

といっても、西武遊園地側の湖一周のショートコースですが・・。

つぴぃさんがブログに書かれていた見晴台というのも発見できました。
多摩湖工事完成までもう間近なんですね!
初めて知りました。
嬉しい限りです♪

そして、20日は残念ながら猫ちゃん軍団を発見できませんでした。
もう10時くらいだから暑くて木陰に非難でもしてたのでしょうか。

私は武蔵村山のほうから多摩湖をランニングしてまーす。
木陰のある多摩湖はランニングにも最適ですね!サイクリングの分の道幅までちゃんとあるからチャリとすれ違っても怖くないし。
多摩川の下流の土手はすれ違うとちとこわいです。

霧の狭山湖もちょっと素敵です♪

投稿: ★suika★ | 2008/07/22 18:50

★suika★さん、過去記事まで読んでくださってありがとうございます。

多摩湖一周をランニングで、というのはスゴいですね! 私だったらたぶん5キロも走れないような気がします。いや、1キロでダウンかも。多摩湖ではランニング中の年配の方も多くお見かけしますが、本当にスゴいと思いますよ~。でも、今の季節は暑すぎますので、熱中症などには気をつけてくださいね。

猫たちは夕方になるとのそのそと出てくるような気がします。昼間はどこで昼寝をしているのでしょうか。

投稿: つぴぃ | 2008/07/23 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け | トップページ | 京都は暑そうです »