« 多摩湖のウサギ再び | トップページ | 今度はチャボに遭遇 »

2008/07/02

現実的な選択

Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝1stレグ 東京VS大分は1-2で大分。
アウェイゴールを2点獲られたのは、ものすごく痛い。

R0014770
↑夕闇迫る味スタで飲むビールはうまかったのだが……


日曜の試合からスタメンを大幅に入れ替えての試合。小平で結果を出しているメンバーを出すという「城福の法則」にのっとって選ばれた選手たちのはずだが、いざ試合が始まってみれば、いつものスタメン組と比べてその差は悲しいことに歴然としていた。スタメンを奪取するために、あるいはナビ杯を再び掌中にするために奮起してほしかったのだが、意欲は空回りするばかり……というよりも、勝ちたいという大分の気持ちのほうがまさっていたといったほうが正しいかもしれない。

大分のなりふり構わぬサッカーで、前半からロスタイムは3分以上。そのロスタイムに1点を返した東京は、後半頭から茂庭を藤山に交代させる。この理由がまだよくわからないのだが、モニが負傷したということであればまだ救われるのだけれど、実際はどうだったのだろう。また、得点をあげた石川も前半終盤に傷めてしまったらしく、早々とエメルソンに交代(傷めた後に得点を決めた石川はエラい!)。

後半の前半は文字通りイケイケで何度もチャンスがあったのだが、こういう時間帯に決められないとしっぺ返しを食らうのは、サッカーのお約束でもある。残る交代枠は平山→カボレだったが、どうもカボレも調子がよくないようだ。以前ほど動けていないし、そのせいかナーバスになっていて、つまらないカードをもらってしまった。

それからは、パスはつながらないし、いい形も作れないし、いいとこナシの内容。1点を返せばいいだけの話なのに必要以上にあせってしまい、バタバタと自滅していったという印象。東京の選手やサポーター、スタッフをイライラさせるという大分の術中にはまったともいえるけど。もっと自信をもって、落ち着いてプレーできていれば、こんな結果にはならなかったと思うのだが。

試合終了後の挨拶に加わらずそのまま帰っていった栗澤……彼にもアクシデントがあったのだろうか? 出来の悪さはそのせいだったということであれば納得なのだが。

ここ数年低迷してきた東京にとっては、ナビスコ杯であろうと喉から手が出るほどほしいタイトルであることはいうまでもない。だからこそ、今日の試合も日曜のメンバーを中心に選ぶべきだったという意見もあるだろう。でも、たぶん監督は現実的に考えて、今日のスタメンを選んだはずだ。

リーグでは5位に落ちたものの、まだまだ上位を狙える位置にいる。土曜には浦和戦、さらに鹿島、ガンバ戦が控えている。一方で、日曜は10人で90分近くを戦い抜いて、疲労が抜けきっていない選手も多い。また、怪我などで使えない選手も少なくない。

こういう現状で、はたして「二兎を追う」戦いをしてもいいのか!?という問題は当然あると思う。私らはファンだから、「あれもこれも」と思ってしまうけれど、城福監督は冷静に判断して、リーグ戦のほうに重きを置いたのだろう。

大分は現状でほぼベストメンバーで戦い、初の決勝トーナメント進出に並々ならぬ闘志を燃やしていた(試合数や移動に関しては大分のほうがキツかったはず)。一方の東京はご覧のとおりだ。もちろん相手をナメていたわけでもなく、捨てゲームをするつもりではなかったのだろうが、結果は出なかった。そういうことだ。

平山のフリーキック(ちゃんと枠内だった!)や、浅利のミドルシュートなど、見どころは多く、時間がたつのは早かった。結果が出なかったが、試合は前半が終わっただけだ。後半は最低でも2得点はしなくてはならないが、それは来月の話。しばらく時間があけば、使える選手のメドもたってくるだろう。今は土曜日のことだけを考えればいい。

この日の入場者数は約1万1千人。アウェイ側にほとんど人がいなくても、平日の味スタにはこれだけ入るのだ。ゴール裏は頑張っていた。選手たちにはもっと頑張ってほしいのだ。

|

« 多摩湖のウサギ再び | トップページ | 今度はチャボに遭遇 »

コメント

前にも感じたことなんですが、今年は負けてもそれほどイヤな感じがしない。なにか納得した部分が有ります。もちろん、勝って欲しいと願ってはいますが。
城福監督のスタメン、ぼくは納得。モニの交代も納得。
椋原くんはいいチャレンジと経験をし、きっと次に繋がってゆくと感じました。吉本くんにはもっともっと頑張ってねとエールを送りたい。
それにしてもシャムスカ大分が着実に進化していますね。東京といいライバルという感じ。
金崎のセンスと運動量には正直、驚かされました。森重、前田など3連戦であれだけ動ける若い選手たちは、半端な練習量じゃないと思います。東京のほうが、その部分で劣っていたのでは?
東京のU-23、U-19世代は、これからずっと大分の彼らと戦って行くんだなあ。負けるなよ!
そんな感想でした。

投稿: くらわば | 2008/07/03 06:03

コンビネーションが合わない東京と、コンディションが厳しく動けない大分の対戦だったと思います。


東京が前半からパスを回してボールを動かせば、先に電池切れになるのは大分と思ったのですが、相手のスローペースに付き合ってしまいました。

平山は頑張ってましたが、茂庭・栗澤は試合感がないせいか判断が遅く、なかなか前にボールを運べませんでした。

心配なのは、週末の浦和戦を控えて、藤山を45分出場させたことです。試合を落として、疲労ばかり蓄積ではねぇ。

投稿: コタツねこ | 2008/07/03 10:29

くらわばさん、コメントありがとうございます。

考えてみたら、今年はあまり負けていないんですよね(昨年に比べて)。そのせいで、たまに負けるとヘコんでしまうのかもしれません。

大分の選手たちは頑張っていました。東京の若者たちにも、もっと頑張ってもらいたかったのですが、気持ちばかりが先走ってうまくいっていなかったのが残念です。でも、彼らにはいい試練になるでしょう。次です、次!

投稿: つぴぃ | 2008/07/03 11:06

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

「コンビネーションとコンディション」とはうまいことをおっしゃいますね! 確かに東京の選手たちにはコンビネーションが欠けていたと思います。

土曜日のコンディションについてもいろいろ不安はありますが、信じて応援しなくては。私も久々に埼スタへ行くつもりです。

投稿: つぴぃ | 2008/07/03 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩湖のウサギ再び | トップページ | 今度はチャボに遭遇 »