« 戦争遺跡を訪ねて | トップページ | 今年のヒマワリ »

2008/08/17

遠い勝利

J1リーグ第21節 東京VS浦和は0-1で浦和。

R0015438
↑結局、雨は降らなかった


1点が遠かったというよりは、東京が決定力がなくて弱いから負けたという試合だった。いい形は何度もつくったけれど枠内シュートは少なかったし、せっかくクロスバーに何度も助けられたのにチャンスを生かすことができなかった。悔しいが順当な敗戦だったと思う。

試合後の監督コメントで、また「サッカーをさせてもらえなかった」などと言ったらどうしてくれよう!?と思っていたのだが、幸いにしてそれはなかったのでホッとした。確かに浦和はなりふり構わぬ時間稼ぎを平気でやるチームだけれど、東京が負けたのはそのせいではないのだし。

田中達也は相変わらず怖い選手だった。浦和の選手のなかで何度も痛い目にあわされているのに、それでもなぜか憎めないのがこの選手。本当なら代表の場でもっと活躍していてもいい存在なんだろうけど……。いちばん警戒しなければいけない選手だとはわかっていたのだろうが、それでも何度も決定的なピンチをつくられてしまっていた。

そうはいっても、浦和の攻撃そのものには前半はあまり脅威を感じることはなく、もし失点するとしたらミスかセットプレーしかないとは思っていた。だが0-0でしのいだ後半は一挙に浦和のペース。後半でズルズルと調子を落としていったのは本当に残念。

印象に残った選手は、羽生さん。頑張った茂庭。五輪組は長友がスタメンで梶山は途中出場だったが、2人ともできる範囲で頑張っていたと思う。そういえば、本当に久しぶりにスタメンに徳永の姿がなかった。エメルソンは相変わらずうまく運動量も多いのだが、やっぱり相変わらず狭いところへボールを出しては取られてしまう場面も多く、見ていてハラハラしてしまった。

選手交代は機能していなかった。浦和がポンテを出してきて試合を有利に運んでいったのとは真逆で、選手を代えれば代えるほど、得点が遠くなっていったような気がしたのは私だけではないだろう。特にカボレを引っ込めたときには本当にガッカリした。平山が頑張っているのは認めるが、それほどまでに必要な選手なのかどうか、私にはさっぱりわからない。

「浦和に勝てない歴史」もそろそろ終わるころではないかと期待していたのだが、それがかなわず本当に残念。羽生さんの無駄走りが本当に無駄に終わってしまったのも残念。1シーズンで同じ相手に連敗したのも残念だし、「観客3万人を越える試合では負けるの法則」が発動したのも残念。

でも、これがわれわれの現状ということだ。ここ数年2ケタ順位のチームがいきなり浮上しようと思っても、そこには限界がある。常にトップ5(あるいは3)の地位にいられるようなチームになってこそ、優勝が狙えるようになるというものだし、今年はその第一歩を踏み出したばかりなのだ。

だから、ここでネガティブにならず、冷静さを失うことなく、長期的な視野にたってチームを見守ることが、われわれファンには必要なはず。まずは次の1勝をめざそう。

この日の観客は3万7千人強。多いのか少ないのかはよくわからない。もう慣れてしまったのか、浦和サポの声はまったく気にならなかった。東京側の観客は思ったより少なかったかな……というか、こんなものか。みんな帰省してしまったのかと思ったくらいにおとなしいように感じた。

台風や低気圧にはさまれたせいで、あちこちで豪雨があったようだが、幸いにして味スタの天気は崩れなかった。逆にものすごく蒸し暑かったので選手たちはツラかっただろうけど……。私も自転車観戦はあきらめたのだが、もしかしたら自転車で来てもよかったかもしれないね。

初めて目にする審判はポーランド人のセットで、8月末までの「審判員交流プログラム」の一環として来日したらしい。ちなみに、代わりに日本から行ったのは西村雄一主審ら。8月末までだと3試合しかないが、東京が彼らの試合に当たったのはある意味貴重な経験だったかも。

主審のマルチン ボルスキ氏は時間稼ぎには厳しく、ちゃんとフェアにやっているという印象があったが、バックスタンド側の副審はオフサイドをとらず、ほかの場面でも「これは違うのでは?」という判定を何度かしていた。「さすが欧州の審判は違うね!」というようなレベルを見せてほしかったので、ちょっと残念。


R0015436
↑一応、東京マフラーを巻いている


コンコースには、これから公開される映画のキャラクターの着ぐるみがやってきていた。子供たちがけっこう喜んで写真を撮っていたが、こういう「なんでコイツらがスタジアムにくるのかよくわからん」着ぐるみが来るのはもううんざり。早いとこ、自前のマスコットを!

(映画は、9月13日より公開の「パコと魔法の絵本」。カエルのキャラは「ガマ王子」らしいです)


この日の散財:バスタオルセットと五輪長友Tシャツ。
バスタオルセットは、高額(4500円)なのと箱がデカいせいか、ちょっと余っていたような? かさばるので自転車で来ていたら購入しなかったかもしれない。でも結局、箱は分解して捨てちゃったけど。今さらいらねー!と思った五輪Tシャツは、ダンナが「今だからこそ!」とご執心だったので購入したもの。

「FC東京ワイン」のチラシも配られていた。三鷹の酒屋でしか購入できないというのが何とも……。送料節約のために、直接購入にしてママチャリで買いに行きますかね~。結局、ボルドーの赤ワインなのだけど、なんとなくスペインワインになるんじゃないかと思っていたので意外でもあった。最近はいい国産ワインも増えてきたので、国産ワインでもよかったかもしれないし。あと、東京にはいい酒造があるのだから、「FC東京純米大吟醸」みたいなのもいいかな(と、つい趣味に走りそう)。


R0015442
↑夕闇迫る味スタ

|

« 戦争遺跡を訪ねて | トップページ | 今年のヒマワリ »

コメント

堅守の浦和相手に先行されたら厳しいと思っていたら、そのとおりの展開でした。
前半に押し込んだ時に先制出来なかったのが、敗因でしょう。

それにしても、相手ゴール前での東京の攻撃には、工夫が足りませんね。ただ高いボールを放り込んでも、クリアされるばかりか、カウンターを受けるシーンの繰り返し。壁パスから飛び込んでいったり、ミドルシュートを打ったりして、相手守備を揺さぶるようなプレイをしないと・・・。

せっかく東京守備陣が頑張っても、点を取らないと勝てません。

ああ、悔しい!!今晩は、寝られません!!

投稿: コタツねこ | 2008/08/17 02:04

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、前半に得点できなかったのがいけなかったのでしょうね。ミドルシュートももっと打ってほしかったし、相変わらずセットプレーはチャンスに感じなかったし。ずっと「右肩上がり」の成長を望むことは無理なのでしょうが、ここ数ヶ月の停滞(ちょっと後退?)は、ファンにとっては心が痛いです。

投稿: つぴぃ | 2008/08/17 10:30

つぴぃさん、トホホな結果だねぇ・・・・・

どうにもならない敗戦ではないが、そうかといって光明を見出すには厳しい戦いという気がする
結局走り勝つということが必要ではないかなぁ・・・・・
戦術とか選手選考とかいろいろ原因はあるのかもしれない
しかし走り負けているのは事実ではないかなぁ
名古屋では走り勝っていたわけで土壇場勝負できなければ中位で終わってしまうだろう

中国での「なでしこジャパン」のように大きい相手でもパスをつなぎ、走り回り、最後は思い切りよくシュートで終わるというシンプルな攻めが必要な気がする
少なくとも感動する試合をしてもらいたい、胸を熱くする戦いをしてもらいたい
負けたとしてもサポーターが拍手で迎えられるようにしてもらいたい

蒸し暑く不快指数が高い夜だったが、僕は最後まで飛び跳ね、声を限りに応援した
中には試合後倒れた人もいた(たぶん熱中症かもしれないなぁ)
ゴール裏では満員電車のようになり水分も補給できない体勢になる
結果は別にして選手が倒れるまでゴールを目指していたのかが重要になる
集中力を最後まで切らさず走りきればきっと明日は見えてくるだろうと信じたい

つぴぃさん、上位に食い込むには何かが足りないのかもしれない
それはチームだけではなくファンやサポーターも同じこと
敵地に乗り込み意気込んできたレッズサポーターを黙らせられなかったのは悔しい

8/15は終戦記念日だった。
8/16は「トホホ記念日」という感じだなぁ・・・

投稿: 東京坊主 | 2008/08/17 17:03

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

試合が終わった後に倒れこんでいたのは浦和の選手のほうでしたね。東京の選手は体力があり余っていたのか、あるいは浦和の選手のほうがトレーニング不足なのかわかりませんが、試合に負けたのはウチのほうですからねえ。余力が残っているのならば、完全燃焼してほしかったような気がします。

いろいろな意味で、浦和からだいぶ遅れをとってしまったわがチーム。社長はだいぶあせっているようですが、差はじっくり確実に詰めていかないとならないのでしょうね。

投稿: つぴぃ | 2008/08/18 02:10

一瞬、ガマ王子が新しいマスコットなのかと思ってしまいましたcoldsweats01……ごめんなさい。
きのうはこちらも等々力でサッカー観戦。相変わらずの攻撃サッカーで、ふつうに観ているぶんには楽しいのですが、それにしても失点が多すぎbearing。ヒデちゃんがいたら、と思っている川崎サポは多そうです。

投稿: MIKA | 2008/08/18 09:19

MIKAさん、コメントありがとうございます~!

カエルは個人的に好きではありますが、ガマ王子は緑色なのでありえません(笑)。で、佐原君は東京に欠かせない選手ですので、返したくないと感じているファンが99%くらいいるような気がします~。

それにしても、お互い敗戦はキツいですね~。月曜からどんよりです。

投稿: つぴぃ | 2008/08/18 11:14

早くマスコットできるといいですね。
当初はクラブ創立記念日(?)の10月か来期の始めのどちらかのタイミングで発表、とニュースで読んだ記憶があるのですが、10月なんてもうすぐ目の前。何もニュースが無いところを見ると来期からなんでしょうか。
どうでもいい無駄な試合などどのクラブにも一つもあるわけが無く、毎試合の勝負の重みとそれを見ている人の気持ちがわかるのはクラブのマスコットだけですもんね。それをわかってるヤツだから、その場にいることによって見てる方も盛り上がるわけで。
ゲストで着ぐるみが来てもねえ…。あくまでもイベントですもんね。
しかし、こんなに関係ない(失礼!)着ぐるみを次々ゲストで呼ぶクラブは他にないですよねえ…。それはそれですごいような気もする。

投稿: dillo | 2008/08/26 12:09

dilloさん、コメントありがとうございます。

わがクラブはマスコットの重要性をまったくわかっていないようでしてね……。「着ぐるみが来れば子供が喜ぶから、何でもいいや」って感じで、いろいろ呼んでいるようなところがアリアリでして、1ファンとしてはそのあたりの意識の低さを嘆いていたりもするのです。

確かに着ぐるみが来ればたちまち人だかりができて、子供も大人も大喜び(笑)になることは確かなのですが、それは自分たちにマスコットがいないからなんですよねー。まったくもう。あ、先週末のべるでー戦では、ゲータレードの青い玉(?)が来てました。キャンペーンをやっておりますので、一応、来場する理由はありますけどね。

で、マスコットも気になりますが、チームとしての結果が出ておりませんので、ワタクシもそれどころではないのです。とほほほ。

投稿: つぴぃ | 2008/08/26 14:20

くどいようですが、勝っていない時により必要なんですよ、着ぐるみマスコットは!

今シーズンは本当にダンゴ状態ですね。どこのクラブも2連勝するとACL圏内、2連敗すると降格圏の手前にという、ほんのちょっとの勝敗で乱高下!心臓に悪いです、これ。

投稿: dillo | 2008/08/26 21:40

dilloさん、たびたびありがとうございます。

どこもどんぐりの背比べで大差がなくてつまらんという意見もあるようですが、個人的にはこれがJリーグのいいところだと思っています。どのクラブにも夢を見る権利があり、地獄を見る可能性もあるというのが……。50年後は「ビッグクラブとその他」に分かれることになるかもしれませんから、この「戦国時代」を楽しめるのはわれわれ世代の特権だと思おうかなあと。ま、今のところ、そう客観的になれる状態ではないのですが。

それにしても、次回の「多摩シコ」のポスター、うらやましいです~。「ジャイアント・キリング」好きなので。

投稿: つぴぃ | 2008/08/27 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦争遺跡を訪ねて | トップページ | 今年のヒマワリ »