« 多摩湖の日々 | トップページ | いつもの代表 »

2008/08/07

さよならナビスコ

Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝2ndレグ 大分VS東京は1-1のドロー。
アグリゲイトスコアは3-2となり、大分が準決勝に進出した。

試合に負けたわけではないのだが、結果的には負けてしまった。残念だが、そもそも1stレグのホームで負けてしまったことが敗因だったのだろう。1stレグで勝っていれば、第2戦がドローでも次のステージに行くことができたのだから。

欧州のカップ戦で、ホームで負けたチームが勝ち上がるのを見たことは何度あっただろうか……というか、ほとんど記憶にない。1stレグで負けたチームが結果的に勝利を収めたケースは何度も見たが、それはあくまでアウェイゲームでのことだった。こうした試合では、ホームでの敗北はそのままトーナメントでの敗退を意味する。

東京の敗退も、同じことだ。ホームで負けてしまったのがすべて。サッカーの神様はある意味公平で、ホームでまけたり、チャンスを何度も逃したりしているチームに微笑んでくれることはめったにない。これは、ある意味順当な結末なのだ。

だから、この試合を「ナビスコ杯に敗退した試合」ととらえるのではなく、「真夏の大分でドローにもちこめた試合」と考えることにしよう。そう思うと、だいぶ違ったとらえ方ができるようになる。

何よりの収穫は、茂庭が復活しそうだったこと。この試合での彼は本当に頑張っていた。スタメンを見た際には「えー、茂庭なのーー!?」と思ってしまったクチなのだが、素直に反省したい。この調子であれば、今後は戦力になってくれるはずだ。

カボレのゴールもすばらしかった。きっかけは相手のミスだが、叩き付けたシュートがバウンドしてそのままゴールに。カッコよかったですよ。実況アナはときどき「カボレの得意な形」ということばを使ったけれど、実は東京ファンですら、カボレの得意な形が何なのかまだわからないという段階。少なくともPKが苦手らしいということだけはわかったけれど……。このゴールがきっかけになってくれるといいんだけどなあ(と、何度書いたことか)。

前半最後の羽生さんのシュートが決まっていればとか、赤嶺のシュートがポストでなかったらとか、たらればはいろいろあるけれど、終わってしまったものは仕方がない。あと一歩だったのだが……。平日の大分にもかかわらず、大勢の東京サポが現地にはつめかけており、TVからも声はよく聞こえていた。試合終了後の雰囲気はどんな感じだったのだろう。

パスをきれいにつないで崩そうとしたり、裏を狙ったりと、今年の東京らしいゲームができていたこともよかった。前半早々に失点……ではなく、得点できたことも。願わくば、惜しいチャンスできちんと決められるようになればいいのだけど。それから、セットプレーをもっとチャンスにつなげてほしい。CKもFKもほとんどチャンスにはならず、逆に相手ボールにしてしまうようなケースが多く、こればかりは何とかしてもらいたいと感じてしまった。

暑い中、大分の選手にも負けじとよく走っていたし、同じドローゲームではあっても、7月のものとはずいぶんと違う可能性を感じさせてくれた内容だった。選手たちの頑張りも伝わってきたし、トンネルを抜け出すのはもうすぐのはず。

これで4試合連続のドローゲームで不満がたまる人もいるかと思うが、昨年はドローにできたゲームすらすべて負けていたことを思い出してほしい。勝ち点1であっても、積み重ねれば大きな勝ち点になる。負けないことをポジティブにとらえ、次なるステージへと飛翔してほしいものだ。

……とはいえ、やっぱり選手層の薄さは気になるところ。選手交代のメンバーを聞いて「彼ならやってくれそう」と思える選手がいないんだもんなあ……。補強は本当にナシなんでしょうか……。

というわけで、なでしこの試合は録画でチェック。対ニュージーランドは2-2のドローだった。

最後の最後でよく追いついたとは思うけれど、なでしこらしくない試合だと思って見ていた。たとえるならば、男子代表。あるいは最近の東京。パスはまわすがフィニッシュがイマイチ。思い切りがよくなく、シンプルなプレーができない。常に見てきたわけではないけれど、日本女子サッカーらしからぬ試合運びだった。慢心していたとまでは思わないが……。

NHKの実況も、「ニュージーランドには楽勝のはず」という前提で実況しており、それも気に入らなかった。男子サッカーもそうだが、そもそもFIFAランキングなんてものに、どれほどの意味があるというのだろうか。

で、同グループの結果を見てみれば、「世界ランク1位」のアメリカがノルウェーに負けているではないか。中国という環境に恐れをなしたせいなのかどうか、本来の実力を発揮できなかったのかもしれない。

これでグループリーグの行方もわからなくなった。あと2試合、しっかり戦って、決勝トーナメントに進んでほしい。彼女たちであればできるはず!(ところで、ユニフォームは男子と微妙にデザインが違うようなのだが……。青赤なカラーリングはかなり好みなんですけど(笑))。


さて明日は、梶山&長友の晴れ舞台。こちらも見届けなくては。

|

« 多摩湖の日々 | トップページ | いつもの代表 »

コメント

でも、やっぱり不満はたまっちゃいますね。正直なところ・・・
今日は2点を取るのがノルマだったのに。
カボレの1点目で「きょうはハットトリックだ」と、気合を込めてテレビに向かってたんですけどね。まあ、いままで再三、これから、これからと言ってきたので、愚痴は程々にしますが、後から入った選手を生かす戦術はもっと、徹底して欲しいなあ。

これで、リーグ戦に集中。土曜日に期待しましょう。残念ながら、今回は名古屋に行けません。おとなしく自宅テレビ観戦いたします。(蓬莱亭のひつまぶしは来年にお預け)

そのまえに五輪組でフィーバーしましょう。(かなり古い)

投稿: くらわば | 2008/08/07 03:30

くらわばさん、コメントありがとうございます。

アウェイ遠征されないとは意外!?な気もしますが、名古屋は暑すぎる(らしい)ので、おとなしく東京にいるほうがいいかもしれませんね。

大分戦、早い時間帯での得点があったので本当に期待してしまったのですが……。延長&PKの末の敗戦(肉体的&精神的にダメージが大きそう)でなかったことを良しとしなければ。リーグ戦に集中しましょう!

投稿: つぴぃ | 2008/08/07 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩湖の日々 | トップページ | いつもの代表 »