« ひと晩あけて | トップページ | さらば見晴台 »

2008/08/31

つかの間の青空

天気が不安定な週末は、例によって多摩湖&狭山湖付近をふらふら。

R0015650
↑主役は「空」の一枚


日曜日の今日は、本当に久しぶりの青空を見ることができました。それでも予報によれば夕方からは雨の可能性とのことでしたので、安全第一で近場コースを選択。

多摩湖付近に近づくにしたがって、ふだんの休日以上にたくさんのサイクリストやお散歩の人を見かけるようになりました。久々の晴れだから、やっぱり外に出たくなるのでしょうね~。夏休み最後の日曜日でもありますし。多摩湖でこの人出ですから、多摩サイはさぞかし混雑していたことでしょう。


R0015654
↑空が広いよ


狭山湖堤防から見る青空は本当に広くて、心まで晴れやかになってくるようでした(柏に勝ったしねー←まだ言ってる(笑))。もくもくとした白い入道雲があるかと思えば、秋の空ならではのうろこ雲もあったりして、季節が確実に移り変わっていることを感じさせてくれました。


R0015661
↑肉眼で見ると、もっと妖しく神秘的な色合いなのですが


とても雨が降るようには思えない空だったのですが、湖の反対側を見てみれば、なんともあやしくも美しい空模様。いつまでものんびりしていてはまた降られてしまいそうです……というわけで、急ぎ、多摩湖外周道路に戻り、かたくりの湯方面から野山北公園自転車道をへて、残堀川沿いを走り……8月最後の「ヴェルデ」へ。やはり青空だけではモノ足りないといったところでしょーか(笑)。

今回いただいた中では、梨のシャーベットがおいしかった! いやもう、まさに「梨」以外の何ものでもない味。これも今の季節ならではのフレーバーだと思いますので、機会がありましたらぜひ試してみてください。

ここまではよかったのですが、空はしだいに暗くなり、家路を急ぐ自転車の上にはポツポツと雨が……。しかも、わが家方面は思い切り真っ暗な雲の真下……ということで、雨雲に向かって帰らなくてはならない羽目になってしまいました。幸い、土砂降りになる前に戻ってくることができたのですが、その後はずっとバケツをひっくり返したような雨と雷。いやはや、間一髪でした。

振り返ってみれば、8月は多摩湖をぐるぐるまわっているだけで終わってしまったような。物足りないといえば物足りないような気もしますが、それでも一応は走れた幸運を感謝するべきでしょう。でも、9月はもうちょっといろいろなところへ出かけてみたいな~。

|

« ひと晩あけて | トップページ | さらば見晴台 »

コメント

あ~っ!やはりそうだったのですね。
今日、狭山湖でお見かけしました。
あの二人はそうじゃないのか?と妻と話していたのですが、人違いだと恥ずかしいので声をかけられませんでした。

投稿: MINT | 2008/08/31 20:04

つぴぃさんはかなり日ごろの行いがよいのですね。

私はここのところ,毎回土砂降りに遭遇しています(泣)

ちょっと油断してお店に入っている間にドシャー!雨宿りしていると,さらに雨脚が強まり泣ける思いです。

走れるときに走り,雲ゆきをみてさっと帰るが基本ですね。

投稿: nekki5149 | 2008/09/01 00:55

MINTさん、コメントありがとうございます。

あら~、見られていたのですね。これはお恥ずかしい限り。これからも行動に気をつけないと(笑)。

今日の狭山湖は気持ちがよかったですね。雨は大丈夫でしたでしょうか。

投稿: つぴぃ | 2008/09/01 01:41

nekki5149さん、コメントありがとうございます。

昨今の雨はまさに「ゲリラ豪雨」ですから、行ないのよしあしとは関係なくやられてしまうような気がしますよ~。私はたまたま運が良かっただけではないかと思います。そろそろこんな気候ともおさらばしたいものですが……。

投稿: つぴぃ | 2008/09/01 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひと晩あけて | トップページ | さらば見晴台 »