« 2点目の壁 | トップページ | 立秋 »

2008/08/11

北京終了。

北京五輪サッカー グループリーグ 日本VSナイジェリアは1-2でナイジェリア。
日本は2戦目にして、グループ敗退が決定してしまった。

なーんだ、梶山も長友も出ていないのかーと、ますます見るモチベーションが下がる五輪サッカー。それでもアメリカ戦よりはシュートが枠にいっていたような気もするけど、決められないのは相変わらず。後半に得点ができたのはよかったと思うけれど、時すでに遅しで、2戦目にしてグループ敗退となってしまった。

ナイジェリアの若い世代といえば、毎回、想像もつかない身体能力で驚かせてくれるものだけど、昨日の試合ではそうでもなかった。とんでもない加速で走っていったり、ありえないところから長い足が出てきたりといった場面はあまりなく、スローインがよく飛ぶとか、ゴールパフォーマンスはやっぱバク転だよねとかその程度。だからこそ、日本にもチャンスがあったような気もしたんだけどなあ。残念だ。

敗退が決まってみて改めて思うのは、この北京五輪のサッカーに対して、スタッフ(JFA?)はどのくらい本気だったのかということだ。

サッカー界ではW杯こそが最高峰の戦いの場であって、五輪の地位はそれほどではない(という認識が一般的)。だが今回、ブラジルはロナウジーニョをオーバーエイジ枠で使ってきたし、メッシはクラブ側の意向を無視して中国にやってきた。南米の強豪国がこれだけ「勝ちたい」という意志を明確にする中で、日本はどうだったのだろう。

オーバーエイジの選手を使うかどうかにあたってのゴタゴタは記憶に新しい。クラブ側が断ったり、選手の体調がすぐれなかったりで実現はしなかったが、もしも日本サッカー界全体が「五輪で勝とう」という統一した意識をもちつづけていれば、クラブ側が拒否しても選手は中国へ行ったかもしれないし(メッシのように)、根回しを十分にしていればクラブ側がかたくなになることもなかっただろう。

五輪世代の選手は、次のW杯では主力になっているべき存在だ。でも、どうも日本の場合、五輪は五輪、W杯はW杯、という区分けができてしまっているような気がする。アテネのときだって「アテネ経由ドイツ行」とか言っていたわりには、どうもアテネが終着駅になってしまっていたようだし。各年代代表がつながっていく形での強化はできていたのだろうか。

そういう私も、東京は必死で応援しておきながら、五輪サッカーは早く終わってくれればいいのに……なぁんて考えているクチだから、ヒトのことは言えないんだけどね。まずはここから意識改革しなきゃダメか。

グループ敗退は決まってしまったが、まだオランダ戦がある。幸いにして、オランダは勝ち抜けを決めていないので、全力で日本にぶつかってくるだろう。強豪国に対してどこまで出来るのか、自暴自棄にならず、しっかり戦って、それぞれのクラブに戦果をもちかえってほしいものだ。

|

« 2点目の壁 | トップページ | 立秋 »

コメント

残念でしたが、妥当な結果でしょう。

反町監督は色々な選手を取っ替え引っ替えしましたが、最後までチームの形が出来なかったように思います。

特に攻撃面でチームの中心となるエースFWを決められなかったのが、致命的だったと思います。

とは言え、選手個人には貴重な経験の場です。残り一試合を、全力で戦ってもらいたいものです。

投稿: コタツねこ | 2008/08/11 20:44

オシムさんが何度か北京五輪へのメッセージを発信していて
「これが最終点ではない、選手たちはこれからも続くのです」
「得たものを次につなげて行くことが重要」(というような内容だったような気が)
五輪後に起こるであろうメディアと世論へ、オシムさん流に釘を刺しておいたようなコメント。
反町監督の孤立と悲壮感を、マイナスではなくプラスに転換させてゆくマジックを施そうと思ってるのかな? 「All for 2010」でゆきましょう。

オランダ戦が一番いい試合になるかも。

投稿: くらわば | 2008/08/12 00:28

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

4年前のアテネのチームもメンバーが定まらずにひどいチームだと思っていましたが、今回は同じくらいひどかったような気がします。結局、「反町ジャパン」の得点王って誰だったんでしょ……もしかして平山だったりして……。

投稿: つぴぃ | 2008/08/12 01:21

くらわばさん、コメントありがとうございます。

オランダ戦、思いっきり戦ってきてほしいですね。たしかU-20か何かの大会でけちょんけちょんにやられた経験があったような記憶がありますので、ちょっとでもリベンジができるといいなあと思っています。せっかくだから、ウチの2人にも出てもらいたいですし。

くらわばさんも、Tシャツ着て応援してくださいね~!

投稿: つぴぃ | 2008/08/12 01:23

こんばんは。つぴぃさんの見解に頷きながら拝見しておりました。特にこの部分に。
>>まずはここから意識改革しなきゃダメか。

同感ですね。僕自身、この結果になったから、今週末の浦和戦に梶山、長友が間に合うかもしれないなということをまず考えましたから。
つまり、グループリーグ敗退を本音では喜んでいるわけですよ。
そんな気持ちでいるのに、なぜ勝てなかったんだと監督、選手を問いつめることは出来ないはずだ。なんてことを感じています。

投稿: コール | 2008/08/12 02:24

コールさん、お久しぶりのコメントをありがとうございます。

五輪チームに選手を出していたクラブサポの多くが、たぶん私らと同じように感じていたのではないかと思うのですが、いったいどうしてなのでしょう。代表に選手をとられていても応援したくなるような代表チームにならなければ、もっと強くはなれないのではないか……なんてことも思うのですが、これじゃ「卵と鶏」ですしねえ。うーむ……。

投稿: つぴぃ | 2008/08/12 13:39

つぴぃさん、あっけなく男子チームは終わったねぇ・・・・

まぁまだ最終戦があるわけで、ここまできたら出ていない選手を起用してもらいたい
何だか反町監督は今頃になって「Jリーグでは国際経験ができない」との苦しい言い訳をいっているらしい。
それをいうなら指揮官が一番経験がなかったという話をして坊主頭にすればいいのにねぇ。
まったく恥ずかしくなるような指揮官だなぁ・・・・
柔道の銅メダルのある選手は「金メダル以外は同じです。とても悔しいです」と発言していた。
世界で勝つにはそういうメンタリティがないと難しいんだろう
何だかアマチュアの選手の方がむしろ厳しい考えを持っているのはどういうことなんだろう

「誇りと情熱」このスローガンを勘違いしているんだろうなぁ・・・この監督は
「埃と冗熱」としかいいようがない

「敗軍の将語らず」ならまだよかったんだが「戦いには悔いがない」といいながら「Jリーグには国際経験がない」なんて言い訳には驚いてしまう
日本国民として恥ずかしい、まったく自分の国には誇りもなく情熱もない指揮官だったと認めているような発言
ここまで無能な監督だとはまいったなぁ・・・・

あと一試合あるわけで胸を張れる試合をしてもらいたい
たとえ指揮官が無能だとしても代表チームである限りベストを尽くすのが義務ではある

つぴぃさん、なんとも残念だねぇ・・・・・

投稿: 東京坊主 | 2008/08/12 14:31

東京坊主さん、コメントありがとうございます。

五輪サッカー・男子のいいところを探そうと頑張っているのに、監督のコメントを見るごとに怒りというか、情けなさが募ってしまって困っています。ホント、おっしゃるとおり……でも、3試合目を見てから、いろいろ書かせてもらおうかと(笑)。

それにしても、なでしこの試合の生中継がないなんて~。

投稿: つぴぃ | 2008/08/12 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2点目の壁 | トップページ | 立秋 »