« パルちゃん上京!? | トップページ | 東京に五輪を!? »

2008/09/26

二宮神社の生姜祭り

9月9日、あきる野市の二宮神社例大祭「生姜祭り」を見てきたのでした
(もう20日も前のことだったりして……)。

R0015748
↑ずらりと並ぶ生姜屋台


このお祭りの存在を知ったのは、以前、二宮神社の湧き水を見に行ったとき。境内に「生姜祭り」のポスターが貼られており、このお祭りが週末とは関係なく毎年「9月8・9日」に開催されているのを知ったので、チェックしておいたのです。本来、お祭りは夜が本番ですが、地元民ではないし、雰囲気を見たいだけなので、昼間にのんびり出ていったのでした。

どうして「生姜なのかといえば、「生姜を食べると風邪を引かない」といわれているからだそうですが……。確かに、生姜は身体を温めてくれますし、喉が痛いときに生姜湯を飲んだりもしますよね。生姜を食べて、これからの1年を無病息災で乗り切ろう!という気分はなんとなくわかります。それならば、私もあやからなくては(笑)。


R0015751
↑お祭りならではの風景


睦橋で多摩川を渡り、神社のほうへ近づくと、交通整理の人が目立つようになります。おー、平日でもにぎわっているんだなあ。お祭りの日は車の通行が制限されるので、私のように車嫌いの自転車乗りにとっては走りやすくて大感謝です(笑)。周囲にはズラっと屋台が並び、湧き水ポイントも子供たちであふれかえっています。境内はといえば、平均年齢60歳以上のハワイアンバンドが演奏中……う~ん、お祭りっぽい~。


R0015731
↑「あらはばき」神社と読むようです


境内を見物していると、こんな小さな社殿があるのに気づきました。「荒波々伎神社 足神様」と書いてあります。あまりに小ぢんまりしているせいか、以前来たときは素通りしていたようです。「足神様」であれば、自転車好きとしてはお祈りしていくしかありません(アラハバキという神様については、じっくり調べてみるとおもしろそう。なかなかに伝奇的な要素もあるようですね)。


R0015734


運のいいことに(?)、足神様に奉納する絵馬がありましたので、これを購入することにしました(前回来たときはそもそも売店(?)も開いていなかったのです)。「足」神ならばサッカーにもご利益がありそうですが、今回は的を絞って、自分(とダンナ)のためだけに祈ってきたのであります。

足腰にご利益のある神様として自転車乗りに有名なのは、埼玉の「子の権現」でしょう。私は看板を見ただけで実際に行ったことはないのですが、たどりつくまでに足が売り切れてしまいそうな坂があるとか。でもこちらの足神様なら、私のようにかなりヘタレな自転車乗りでも大丈夫です(笑)。


R0015755
↑これで1年、無病息災!?


帰りがけに屋台で縁起物の生姜を購入し、多摩サイをのんびり走って帰宅しました。もともと生姜は大好きで、いろいろな料理に使っています。今回のありがたい生姜も、ほとんどその日のうちにいただいてしまいました。ごちそうさまでした。どうかご利益がありますよう。

|

« パルちゃん上京!? | トップページ | 東京に五輪を!? »

コメント

生姜祭りということは,生姜が特産品の地域なのですね。

生姜とハワイアンバンドの関係はいまひとつ疑問ですが,生姜自体は日本の食卓には無くてはならない品だけに,今後も続いていくことでしょう。
来年の9月8,9日を狙って行ってみます。忘れてたりして・・・。

投稿: nekki5149 | 2008/09/26 19:46

nekki5149さん、コメントありがとうございます。

検索してみますと、例大祭として「生姜祭り」を行なっているところは他にもありますので、必ずしも生姜の特産地で行なわれているということではないようです。大國魂神社でも「すもも祭り」「くり祭り」がありますが、スモモと栗の産地というわけではないようですし。

ハワイアンバンドは、たまたま私が行ったときに演奏をしていただけで、いろいろな演目があったのではないかと思います。地元の人たちによる、地元の人たちのためのイベントという印象でした。

投稿: つぴぃ | 2008/09/27 01:16

二宮神社には縁が無くてまともに立ち寄った事が無いのですが、色々面白いモノがあったんですね。自宅にある某漫画に某所のアラ(ハ)バキ神社が登場するのですが、謎のベールに包まれている所が色々とロマンをかきたてる神様のようですね。
アラハバキで足神というのも後付け、こじ付けらしいですが、いっそのこと「お足」の方のご利益もあるとよいかもしれませんね。

投稿: 山猫の店主 | 2008/09/27 23:00

山猫の店主さま、コメントありがとうございます。

アラハバキな漫画は覚えていませんが、何かの小説でその名が出てきた覚えがあります。こういう身近なところにその名を冠した神社があるとは思わなかったので、ちょっと新鮮な感動(?)を味わいました。

そちらは阿伎留神社の例大祭の真っ最中ですね。一度、その賑わいを見に行ってみたいなあ。天気が回復するといいのですが……。

投稿: つぴぃ | 2008/09/29 03:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パルちゃん上京!? | トップページ | 東京に五輪を!? »