« たまリバー(笑)を走る | トップページ | さいかち窪 »

2008/09/10

ランス復帰に思う

ランス・アームストロングがプロ・サイクリングの世界に戻ってくるそうだ。

ニュース元のサイトを読みながらも半信半疑で「眉唾ものかも!?」と思っていたのだが、今朝、メールをチェックするとランスの財団(Lance Armstrong Foundation)からのメルマガが……。最初の行に書いてあった言葉は「it's true.」……うわー、本当に復帰するんだ!

財団のブログには、詳しいことは何も書かれていない。ただ、プロに復帰することと、アメリカ国内だけでなく世界的なレベルで「ガンとの闘い」をしていきたいということだけ。9月24日に活動の詳細が発表されるそうだ。

ニュースサイトにはもう少し詳しく載っているが、信憑性については保証はできない。チームはアスタナであること、来年のツール・ド・フランスに参加することなどが昨日付けで報道され、今日付けの記事ではコンタドールのコメントも掲載されている。

ランスは9月18日に37歳になる。ビデオメッセージも見たが別に太ってもいないし、本人が復帰するというからにはそれなりの勝算があってのことなのだろう。

それにしても、ツール7連覇の偉業を達成しながらも、主催者側からはリスペクトどころか「なかったこと」のように扱われているというのに、再び敵だらけの戦場へ戻ろうというのだからたいしたものだ。「プライベートのない抜き打ちドーピング検査の嵐」も容赦なくやってくるだろうに。やはりランスは戦いつづけていなくてはおさまらない性格なのかもしれない。

アスタナに復帰というとコンタドールとチームメイトになるのだろうが、ツールで2人が走るとしたらどうなるのだろうか。ランスはコンタドールのアシストをするのか? いったいどんなレースになるのだろう。こうしていろいろ想像してみるのは楽しいものだ。

ま、レース直前になって「アスタナは出場停止ね」とか、レース中盤になって「やっぱりランスはドーピングしてたから退場ね」なんてことにならなければいいんだけど。とにかく、24日の正式表明を待つことにしよう。

|

« たまリバー(笑)を走る | トップページ | さいかち窪 »

コメント

10日付朝日夕刊にも載っていましたね。「8度目のツール優勝を目指す」とインタビューに答えている。チームがアスタナだとすると、やはりコンタドールとのエース争いが起こるのか、それともコンタドールが出るか? 読めませんね。
コンタドールも、いまヴェルタで調子が上がってきているので、ヴェルタを取ってエースの座を固めるか?

余談ですが、クレディ・アグリコルが解散だそうで、ぼくの愛車LOOK・クレディモデルはレアな車となりそうです。
昨日、ハンドルバーを青赤カラーのテープでディスプレイ。ちょっと気に入っています。

投稿: | 2008/09/11 03:08

くわらばさん、コメントありがとうございます。

コンタドール、来そうでまだ来ませんね~。

クレディ・アグリコールは私が自転車レースを見始めたころからいたチームなので、解散は寂しいですね。愛車はクレディモデルなのですね。ダンナはパンターニが優勝したときのビアンキモデルを大事にしています(笑)。

投稿: つぴぃ | 2008/09/12 01:25

前に狭山湖でしたっけ、石碑に立て掛けてたビアンキの写真、覚えています。
フォークとエンドがクロムめっきのクロモリ車ですよね。
フォークのカーブがいいですよね。あれって、もっと昔のフレームのように見えました。
モレーノ・アルゼンチンなどが乗ってた1980年代のモデルかなと思っていました。
当時、カッコいいな〜と思いつつも、お金がなく、数段下の普及モデルのをビアンキを買いました。
98年当時パンターニは、山岳はアルミモデル、平地はクロモリで走っていたんですね。

投稿: くらわば | 2008/09/12 03:19

くらわばさん、コメントありがとうございます。

わー、あんなにいい加減な写真でそこまでわかってしまうなんでスゴいです! おっしゃる通り、あれは80年代のクロモリフレームで、いろいろ苦労して(今とは規格が違うらしくて)今のコンポを乗せて完成させたのだとか(もちろん自分で組んだわけではありませんです)。

で、パンターニモデルは大事にするあまりホイールもはずしてどこかにしまわれてます(笑)。チェレステに黄色が入っていて、何やらシリアルナンバー入りなんだとかで。もうこのあたりはぜんぜん私にはわからない世界です(笑)。

投稿: つぴぃ | 2008/09/12 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまリバー(笑)を走る | トップページ | さいかち窪 »