« 「ビバ・イル・チクリッシモ!」 | トップページ | 50万hit御礼 »

2008/10/05

パルに負けた!

J1リーグ第28節 東京VS清水は、1-5で清水。
東京の連勝は、大敗でストップした。

R0016105
↑あきれたスコア


最初にボタンを掛け違えたまま、それが最後まで修正できずに自滅したような印象の試合。負け惜しみではないけれど、このスコアはチームの実態とはかけ離れていると思う。各国のリーグ戦を見ていれば、こんな試合はたまにはある。それがわがチームに降りかかってくるとショックだけれど。

この日のキャプテンは梶山。最近のキャプテンは佐原だったが、ここ数試合、随所に光るプレーを見せながらも軽率なパスミスを繰り返していた梶山に、キャプテンマークを与えることで奮起を促したのだろうと解釈した。だが、残念ながらこの配慮は裏目に出てしまっていた。相変わらず、ボールこそ取られないが、その後に簡単に敵に渡してしまいピンチを招くことがしばしば。失点の原因もいくつかつくっていたと思う。

このキャプテンに引きずられるように、東京の選手たちも細かいパスまわしに終始して、なかなか攻撃の形がつくれなかった。清水が2~3タッチでゴール前にボールを運んでシュートまでもっていくのに対して、東京は10回以上ボールを回していたのではないだろうか。前半の終盤では、まるでリードしたチームのようにボールをまわすだけで、見ていてガッカリさせられてしまった。

後半は、いきなりエメルソンと大竹を入れて、攻撃全開モード。もともと得失点差が少ないわがチームとしては、少しでも得点をして挽回しておきたいところ。後半はほぼ一方的に攻撃をし続けるが、やっぱり何かが噛み合わなかったのがこの日の東京。エメルソンのゴールの後、すぐに畳み掛けられればよかったのだけど……。

それでも、途中投入のエメルソンと大竹には、しばしワクワクさせられた。特に大竹はずいぶん身体が強くなったねー。あの「大竹ルーレット」(!?)にはホレボレしましたよ。スキあらばシュートを撃とうという気構えもよかったしね。他の選手たちについては……あまりいろいろ書きたくない。あんなに消極的な今ちゃんはあまり見たくないですよ。でも、佐原君は戦っていたね。

何より残念なのは、今季4回も対戦した清水を相手に一度も勝てなかったということ。同じ相手に連敗しては、苦手意識が生まれてしまう。だからこそ、残りの試合、清水と鹿島にだけは負けてほしくないと思っていた。特に対戦数が多い清水には。もっとも、どんな相手であっても負ければ悔しいんだけどね。

とにかく、この日の清水は何をやっても調子が良くて、「こりゃ失点しそう」と思った場面で本当に失点してしまうのだから驚いた(笑)。前後半のロスタイムに1点ずつ献上しているのも、前がかりだから仕方がないとはいえ、何ともはや(最後の5点目は戸田なのだから恐れ入る)。とにかく、「こんなこともある」と天を仰ぐしかないのである。

試合開始前のユルネバは、ゴール裏が別の歌を歌っていたので歌い出しのタイミングがわからず、全体的に念仏のようになってしまっていた。思えば、このときにすでに「イヤ~な予感」はしていたのだった。

とはいえ、試合後のゴール裏は選手たちを励ます歌を歌い続けていて、それはとてもよかったと思う。ここでへこんでいてはいけない。連勝はいつかはストップするものだし、残念ながら最悪の形で負けてしまったけれど、これをきっかけにして、次の連勝につなげていけばいいだけなのだ。チームをサポートする気持ちを表してくれたゴール裏の態度にはホッとさせられましたよ。


R0016090
↑パルちゃん東京出張の巻


アウェイ側には清水のマスコット、パルちゃんが来るということで、マスコット好きの私はもちろん見に行ったのだった(笑)。パルちゃんはコンコースにはおらず、観客席でお客さんたちとふれあったり写真を撮ったりで、清水サポたちも大盛り上がり。その一角はまるで日本平みたいになっていたし、近くにいた清水ユニを来た老婦人は、まるで孫を見るように目を細めて「パルはいい子だねえ」と連れの人と話していた。

マスコット好きとしてはパルちゃん来場はうれしいけれど、東京好きとしてはこういう状況はヒジョーに好ましくない。清水サポはパルちゃん来場で勇気百倍だし、その勢いで勝ち点3まで豪快にもっていってしまった……という印象。

以前にも書いたけど、アウェイサポ集客のために敵マスコットを呼ぶのは本当にやめてほしい。これって、敵チームの選手がひとり増えたようなものなんですよ!? 敵チームマスコットを呼ぶなら、自チームマスコットとのコラボイベントがあるときのみ。敵に熨斗つけて塩を贈ってどーするのだ!?


R0016098
↑クマ当選の運があるのなら、その運はすべて東京勝利のために!
(どっかで聞いたような……)


テディ・ベアデーで、SOCIO招待デーということもあり、久しぶりに3万人を越えるお客さんが詰めかけてくれた味スタ。で、なぜ3万を越えると負けるのだ~!? これではリピーターが増えないではないですか。味スタを満員にするためにも、ここはどうしても踏ん張ってほしかったんだけどなあ。

いろいろな意味で、本当に悔しい敗戦。でも、まだ次がある。このブザマな敗戦を心に刻みつけて、将来「あのとき負けたから、今がある」と言えるような、残り6試合を期待していますよ! 中断期間で立て直そう。頑張れ!

|

« 「ビバ・イル・チクリッシモ!」 | トップページ | 50万hit御礼 »

コメント

こんばんは、お疲れさまでした。慣用句的な意味だけではなく、本当に疲れた試合でしたね(笑)。

全くもってつぴぃさんの仰る通りだと思いますね。残り試合全勝なんて、出来るわけはない。(してほしいとは思いますが(笑))。いつかは負ける日が来る。そのいつか来る日が、あまりにもヒドイ形で来てしまったわけですが、ここまでの完敗だと、もう逆に諦めもつくのではないですか。

この大敗で自暴自棄になり、これまでの27節の蓄積を無に帰してしまうこと。僕はそれこそを恐れますね。その意味ではこの大敗は、僕ら東京サポーターの意識を問うものでもあるのではないだろうか、そんな気がしています。

これからの残り6試合をきちんと戦えばいいのですよ。そのために、僕ら東京サポーターも東京を応援する姿勢を、今までどおり示していきたいと思いますね。

投稿: コール | 2008/10/05 02:23

1失点目は相手のスーパーシュート、2失点目は相手が上手かったと思いますが、3失点目は防げたのではと思いました。結局この3失点目が、最後まで効きました。

それでもエメルソンの得点後、今野のヘッドが決まっていれば追いつけたかも、と思える後半の内容でした。

敗戦は痛いけれど、東京がこの時期に上位にいるのは、1シーズン制になって初めてのはず。残留を心配して戦うより、断然良い経験をしていると思います。

今は怪我人が出て苦しい状況ですが、こういう状況を乗り越える力を付けるための試練だと思います。
がんばれ、東京!!

投稿: コタツねこ | 2008/10/05 08:48

はじめまして。
本当に悔しい試合でした。
一人味スタ観戦だった夫は青赤ベアを抱えて凹んで帰ってきました。
「ベア当選の運はいらないから勝たせてくれよ」と今朝も言い続けております。


投稿: ぶんぶん | 2008/10/05 09:47

コールさん、コメントありがとうございます。

味スタではグチグチ言っててすみませんでした(笑)。どうももとが悲観的な性格なもので……。ブログは、気持ちのリセットのためにも必要なことみたいです。

大分では頑張って応援してきてください~。私はたぶん行かれそうもないので……。

投稿: つぴぃ | 2008/10/05 10:12

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

大量失点はしましたが、この敗戦は昨年のホーム川崎戦のアレとは性格が違うんですよね。本来の東京を取り戻せば、まだまだ大丈夫だと思っています。チームには経験を糧にしてさらに成長してもらいたいですし、われわれも信じてしっかりとサポートしていかないとなりませんね。

投稿: つぴぃ | 2008/10/05 10:14

ぶんぶんさん、はじめまして&コメントありがとうございます。

あ、いいなあ、青赤ベア当たったのですか。敗戦ショックはクマたちが少しは癒してくれるのではないでしょうか。これからの6試合、きっと強い味方になってくれると思いますよ~。とにかく、切り替えて次です、次!

投稿: つぴぃ | 2008/10/05 10:16

つぴぃさん、お恥ずかしいのですが、パルちゃんが来場されるというのでアウェイ席の近くまでいって見てきたんですねぇ(僕はキャラクター好きなおやじなのでね)
なんとも清水サポーターが大喜びしているのを眺めながらこりゃ勇気百倍の応援になる不吉な予感がした
結果はご覧のとおりの惨敗だった・・・・トホホ・・・・・・

前半終了後、いつもゴール裏は飲食やトイレや喫煙にいくためにガラガラになるんだが、昨日はそういうことはなかった。
チャントを歌い続け、サブの練習をしている選手たちにもコールした。
大切なのは「僕らは決して諦めない」というメッセージを送り続けることなんだと思う

昨日の僕のお隣は女子高生二人組のお嬢さんだった(超ミニスカートだったのには驚いてしまったんだが、彼女らの後ろの席も女性だったのでちょっと安心したんだが)
果たして彼女らはちゃんと応援できるのか心配したんだが、声を張り上げ一生懸命歌っていた。椅子の上にのりだし身体を揺らし拳を突き出していた。
行儀がいいのかよくわからないが靴を脱いでハイソック状態で椅子の上にいるのでツルンと滑りそうな感じで怖かった
結局最後まで無事でなによりだった
コールリーダーは最初から最後まで汗だくになりながらゴール裏のみんなを鼓舞し周りのみんなも試合後も歌い続けた
選手たちの背中を押し続けることが夢をかなえることだと信じて応援した
最後にコールリーダーから味スタを満員にしようという声掛けがあった。
まだまだ諦めないというメッセージをみんなで送ろうと・・・ホームで後押しをしようと・・・
一人一人が夢を繋いで輪になることができれば素晴らしいことだなぁ・・・・

つぴぃさん、毎年帳尻合わせのラストランになるんだが、今年は夢を諦めないでいけそうな気がする
人生と同じで七転び八起きでいくことが大事
トホホな敗戦でも帰りの自転車のペダルはまだ重くはなかったなぁ・・・・

投稿: 東京坊主 | 2008/10/05 10:25

東京坊主さん、コメント&ゴール裏の様子を知らせてくださってありがとうございます。

ハーフタイム&試合後のゴール裏の歌声には、選手たちもきっと勇気づけられたことと思います。お疲れさまでした。首位まで勝ち点差はわずかに5、まだまだやってくれると信じています!

投稿: つぴぃ | 2008/10/05 19:17

パルちゃん、やっぱりすごいパワーを持っていたんですね。
これは、はやくFC東京にもパワーを持ったマスコットを
はやく登場させなくてはならないという、メッセージだったのでは?
うちのふろん太はパルちゃんほどのパワーはなさそうなので、
等々力にはパルちゃん、来てくれないほうがいいのかも……っていうか、
次節はパルちゃんところと試合なんですが(^^;)。

投稿: MIKA | 2008/10/06 10:06

MIKAさん、コメントありがとうございます。

ほんと、パルちゃんのパワーはたいしたものでしたよ~。スタジアムで共演できるマスコットは、今のところグランパスくんくらいですね(マジで)。そうでないと、常に清水側に有利に働いてしまうかも。

この日の清水のゴール裏の盛り上がりを、東京のフロントにはしっかり見ておいてほしかったと思います。マスコットがこれだけ愛されて、パワーになるといういい見本でしたから。

投稿: つぴぃ | 2008/10/06 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ビバ・イル・チクリッシモ!」 | トップページ | 50万hit御礼 »